練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

初体験でした。

2020年02月14日 15時27分20秒 | メンテナンス

今日も練馬・板橋は春のような陽気です。

空も曇っていて、いかにも春って感じかな?

ベランダの漏水修理の現場、予想外に手間取っています。

漏水の原因箇所は特定できました。

腐朽した部分の交換も完了。

でも、アルミ笠木がなかなか外れないんです。

弊社では、LIXILもしくはYKKapのハンドレール&アルミ笠木を採用しています。

私自身も、ほぼ両者を使い続けてきました。

でも、こちらのお宅で使っているのは新日軽です。

飾り格子を外した状態を撮ってみました。

残念ながら、使った事がありません。

困りました、外し方もわかりません?

いつもであれば、見れば大体わかるんです。

でも、今回はわかりません。

飾り格子部分のキャップを外して、中を覗いてみました。

支持金具の爪が笠木のレールに掛かっています。

これを外せば、笠木は外れると思います。

でも、その前にハンドレールを取らないと・・・。

いつものトップレールであれば、ネジがあります。

ここを回せば、レール受け柱のカバーが取れるんです。

でも、ネジらしき物は見当たりません。

まさか、笠木ごと上に引き抜くんじゃないよね?

トップレールが怪しいんですよね。

上下2つのパーツに分かれそうです。

ここに、マイナスドライバーを挿し込んでみました。

おっ、パカパカする。

隙間を拡げ、バールを挿し込み、力を入れてみました。

やった!外れた。

レール受け柱の柱頭にナットがあります。

これを外すと、無事レール受け柱を取る事に成功です。

笠木を取るのは簡単です。

バールを使い、力任せに取り外せばいいんです。

再利用は考えませんでした。

既に傷だらけだし、納まりに不安があったんです。

笠木を外すと、支持金物が出てきました。

金物近くの防水紙に錆びが目立ちます。

どうやら、ココが雨水侵入口のようですね。

笠木とレール受け柱の接合部には、ゴムパッキンが入っていました。

でも、このパッキンが劣化していて、穴が明いていたようです。

取引先に電話して、元新日軽の社員に話を聞く事も出来ました。

シールを10年毎に行わないと、そこから雨漏りが発生する事が多いとの事。

確かに、そんな納まりをしていました。

そして建築側も、侵入した雨水を排出する納まりになっていません。

侵入した雨水はFRP防水の下地合板に吸い込まれ、合板と躯体を腐朽させていたようです。

長期で考えた場合、雨水の侵入を外皮で止める事は難しいと思います。

その時に効いてくるのが、侵入した雨水を速やかに外に排出する防水層と通気層です。

今回の場合、防水層&通気層は機能していました。

但し、FRP防水との取合い部で防水紙の重ねが不十分でした。

ここから躯体内に水が入る納まりになっていたんです。

残念で仕方ありません。

そうそう、ビス穴及びビスの留まっていた木材は傷んでいませんでした。

やっぱり、アスファルトフェルトって釘穴シール性が高いんですね。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« BIS? | トップ | V2Hってなに? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

メンテナンス」カテゴリの最新記事