練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

ようやく雨があがりました。

2018年07月07日 13時46分56秒 | 注文住宅/木工事

ようやく雨が止みました。

屋根の上では、コロニアルの施工が進められています。

早い早い・・・、あと1日もあれば終わりそうな勢いです。

壁パネルの施工も、ほぼ終わりました。

樹脂窓の取付も始まりました。

窓上に木材が入っているのが見えるでしょうか?

米松のKD材を使ったカーテンレール下地です。

全ての窓上に取付けてあります。

一般的な現場では、写真のように間柱材を使っています。

でも硬質ウレタンフォームがぎっしり詰まったFPの家では、こうした施工は出来ません。

写真のように、石膏ボードの代わりに合板を張る場合もあります。

でも、この施工はNGです。

石膏ボードと違い、合板は燃えてしまいます。

内装制限上、壁および天井を不燃材で覆う施工が正しいんです。

だから弊社では、パネルの開口を大きめにしてそこに木材を取付けます。

ホウ酸水溶液をたっぷり噴霧した木材、これを窓上に取付けます。

寸法は現場状況によりマチマチです。

だから、パネル図を作成する際に検討します。

そして、その寸法通りに加工したものを納品して貰います。

合板を張れれば楽なんですよねー。

でも仕方ありません。

「窓上に、断熱材の代わりに木材を入れるの?」

「断熱性能が落ちるんじゃないの?」

疑問に思う方もいるでしょう。

厚さ105mmの硬質ウレタンフォームの熱抵抗は、0.105/0.024=4.375です。

それに対して厚さ105mmの米松材の熱抵抗は、0.105/0.15=0.7となります。

確かに木材の熱抵抗の方がかなり小さい。

でも、窓よりは性能高いんです。

樹脂窓のU値は、ガラス種やサイズによってマチマチです。

今回は、Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り)を採用しています。

防火の関係で網入ガラスだったり、網なしガラスだったり。

スペーサーもアルミだったり、樹脂だったり・・・。

仮にU値を1.70W/㎡・Kとすれば、熱抵抗は0.58になります。

窓って、意外と性能低いでしょ?

こんな資料がありました。

アルミ窓+Low-E複層ガラスの断熱性能は、住宅用グラスウール16K換算で約7mmに過ぎないそうです。

これを米松材に換算すれば、約23.3mmとなります。

この調子で、一般的な省エネサッシを米松材換算厚さを示してみます。

アルミと樹脂の複合窓+Low-E複層ガラスは約50.0mm。

樹脂窓+Low-E複層ガラスは約100.0mm。

樹脂窓Low-Eトリプルガラスは約183.3mm。

やっぱり、トリプルサッシは凄いですね。

窓上に合板を張れればいいのに~

から、随分と脱線しちゃいました。

そうそう、この現場は外壁合板を張らないんです。

全て、筋違と筋違パネルで対応しています。

だから、合板代わりのノボパンを張っているのは一部だけ。

あっという間に終わってしまいました。

これで、この面の窓も取り付けることが出来ます。

外回りの作業から優先的に進めています。

さっと外部を塞がらないと・・・。

透湿防水シートを張るまでは、気を抜くことが出来ませんから。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 呆れました・・・。 | トップ | 湿度とは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

注文住宅/木工事」カテゴリの最新記事