練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

ZEHの話

2018年02月11日 08時00分00秒 | 建築基準法・行政の動き等

ZEH支援事業(経済産業省及び環境省担当分)の補助制度の概要が、下記のように発表されました。

ただし補助事業の実施は予算の成立が前提となるとともに、その内容が今後大きく変更される場合があるそうです。

でも、弊社のお客様に関連するのはこれくらいかもしれませんね。

ZEH Oriented については、ZEH の定義に基づき都市部狭小地(北側斜線制限の対象となる用途地域であって、敷地面積が 85m2未満である土地)に建築されるもの(平 屋建ての場合を除く)に限る。

ZEH を指向した先進的な住宅として

①強化外皮基準(平成 28 年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等 の留意事項)を満たした上で、UA値4~7地域:0.60 以下)

及び

②再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減を満足した戸建住宅のことを指す。

太陽光発電を搭載しなくても、ZEHとして認めてもらえるようになるようですね。

①②共に弊社でつくる家はクリアできていますから、ZEHビルダーとしてようやく責任を果たすことが出来そうです。

ちなみに北側斜線制限の対象となる用途地域とは、第一種及び第二種低層住居専用地域並びに第一種及び第二種中高層住居専用地域を指します。

今後の動向に注意したいと思います。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« ドン!ドン!ドン! | トップ | 下擦り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築基準法・行政の動き等」カテゴリの最新記事