練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

災害時の連絡

2019年10月03日 14時08分11秒 | 住宅を取り巻く環境

ここ数日は日中の気温も高かったようですが、朝晩の気温は低くなっています。

夏なの?

それとも秋なの?

涼しいのは大歓迎なんですが、そろそろ出掛ける際の服装か微妙になってきました。

これも地球温暖化の影響なんでしょうね。

昨日も、そんな話題になりました。

「えっ!地球温暖化が進めば、夏は暑いけど冬は暖かいんじゃないの?」

こんな事言ってる人が、仲間にもいてびっくりしました。

地球温暖化が進めば、確かに夏は暑く長くなります。

秋は短くなり、より寒い冬が長く続き、短い春を挟んで暑い夏が来る。

そんなイメージでしょうか?

冬暖かくなるから、問題ないでしょ?

位に思っていたとの事。

地球温暖化って、意外と理解されていないのかも知れませんね。

さて、本題です。

『FPの家 H邸』

お引渡しに備えて、外構工事を進めています。

フェンス・塀はこんな感じ。

アプローチ及びスロープはこんな感じ。

階段回りには、壁付手摺も取付けました。

ホームエレベーターも、既に使えるようになっています。

実はホームエレベーターの写真って、あまり公開していません。

特に理由はありませんが、強いて挙げれば撮る機会が無いんです。

そこで今回は、3枚ほどアップしてみます。

1階ホールの扉を撮ってみました。

シート貼りの扉が、残念なんですよね。

せめて突板貼りの扉があればいいのに・・・。

扉を開けると、こんな内装になっています。

こんなシールが貼られていて、少し幻滅・・・。

でも、イザという時の為に剥がすわけにもいきません。

緊急連絡先も、ここに書かれているんです。

そうそう、ご存知ですか?

エレベーター内には、外部連絡用の電話機が標準装備されています。

そして、この電話機は万一籠内に閉じ込められた場合など、緊急時の連絡手段となります。

その為、ご使用になる前に建物側の電話回線と接続し、通話できるようにする必要があります。

また一般固定電話回線(NTTなどの固定電話回線)以外の回線を使用する場合には、所定の機器の設置が必要です。

特にブロードバンド回線(ADSL・光・CATVなど)でIP電話を使用する場合は、ご注意ください。

停電時に、こうした機器は使用できないんですよね・・・。

また、契約内容によっては、119番・110番等の緊急連絡が出来ない場合もあります。

この点については、事前の確認をお勧めします。

でも、最近のホームエレベーターにはバックアップ用の電源が容易されているらしい・・・。

自動的に蓄電地に蓄えられた電気を使い、停電時にも一定時間の使用が可能となっているそうです。

もしかしてIP電話でも、電話できるのかな?

でも蓄電池って、寿命が短いですよね。

使う必要の無いまま、寿命が来て交換っていう事も多いと思います。

メンテナンス契約が別途必要となりますが、この中に含まれているんでしょうか?

調べてみました。

パナソニックの定期点検年1回コースは40,000円/年となっています。

この中に含まれているのは、以下の通り。

 

  • 定期点検
  • 定期検査
  • 緊急出動
  • 故障出動
  • 停電時自動着床装置用バッテリー交換

バッテリー交換費用も、この中に含まれているようですね。

良かった・・・。

ちなみに「IP電話も対応可能」と書かれていましたが、停電時の使用が可能かどうかはわかりませんでした。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

トイレの臭い戻り

2019年10月03日 06時39分01秒 | メンテナンス

先日の会議の席で、こんな話題が提供されました。

FPの家グループ工務店の集まりでした。

「タンクレストイレから下水の逆流臭がする。」

「何か対策はありませんか?」

簡単に言えば、こんな感じでした。

トイレには『封水』と呼ばれる、『下水管からの臭いが逆流しないようにする水』が便器内に溜まっています。

この封水が少なかったり、切れていたりすると下水管からの臭いが便器の外まで逆流するようになります。

最近の節水型タンクレスタイプの場合、排水時に短時間の封水切れが起こるようですね。

この際にトイレ内が負圧状態だと、臭気戻りが起こり得るようです。

取説を見ると、こんな事が書かれていました。

室内において極端な負圧が生じないようにご注意ください。

排水能力低下や、便器洗浄時に排水配管から異臭が上がってくる恐れがあります。

負圧が生じないように、十分な換気を行ってください。

第3種換気システムを採用していれば、極端な負圧もあり得ます。

レンジフードを使用している時間であれば、猶更負圧になる筈。

ムムム・・・。

由々しき問題です。

でも幸いなことに、弊社ではこうした事例は出ていません。

自然給気口を多めに設置しているのが、良かったのかな?

差圧式の給気シャッターをトイレに設置すれば、良いかも・・・?

こうした問題を共有できる機会って、いいですよね。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)