練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

順調に壊れています?

2016年07月01日 11時57分30秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 H邸』

順調に壊れています。

もちろん、FPの家が壊れている訳ではありません。

古屋が壊れているんです・・・。

順調に壊れるって言うのも変ですかね?

2つの道路に面した現場です。

どちらの道路も、本来は4.0メートルの幅員が在る筈。

でも実際には2.0メートルほどの幅しかありません。

上図の黄色が現状の道路です。

自転車やバイク、歩行者だけがが通れる『生活用通路』状態です。

ちなみに青色がセットバック部分になります。

こんな感じに建て替えをする際、区からセットバックを要求される事から所々が広くなっています。

こんな状況ですから、手作業による解体工事は遅々として進みませんでした。

建物の北側が壊れ、そこに重機が入るスペースが出来たおかげで、この2日間は順調に作業が進められています。

 

現在の様子です。

外した木材から、下にいる人が電線や金物を外しています。

外し終えると、それを道路に停めたダンプカーに積み込みます。

現場の端っこだけが、一部4.0メートル道路に接しています。

ここにダンプを横付けしました。

解体当初近隣の方より車の横付けに関して苦情を戴きましたが、施主様のお蔭で事なきを得ております。

その節は、本当にありがとうごさいました。

荷台に降ろされた材料を揃えながら積み込んでいる様子です。

什器の重さで、床板が所々抜けてしまいました。

この先が思いやられます・・・。

それにしても、立派な梁です。

解体しちゃうのが勿体ない・・・。

 上のグラフは、木材の強度と含水率の関係を示しています。

繊維飽和点に達するまでの強度は安定していますが、それ以降含水率が小さくなるに従い強度が大きくなります。

古屋の木材は、雨漏りや結露等の影響がない限り、繊維飽和点よりも含水率が小さくなっていますから、その強度は新築当時よりも大きくなっている事になります。

重ね重ね勿体ない・・・。

解体なんてなくても、少し手を入れれば長く住む事の出来る家をつくらないといけませんね。

新築をつくらなくても済む時代が、いつか来るのでしょうか?

それこそが究極の省エネ住宅ですよね。

木の家に携わる人間として、強く思いました。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

無垢フローリングのお手入れにも使えます。

2016年07月01日 10時46分13秒 | メンテナンス

『FPの家 Y邸』

本日は、クリーニングを行います。

工事中の埃や汚れをきれいに落とし、窓ガラスを磨き、床にワックスを掛ける為に専門業者を呼びました。

 

写真はキッチンの様子です。

まずは、養生用に残してあったビニール袋よ段ボールを撤去します。

次に、固く絞った水雑巾で床や木部を拭き取ります。

この後窓ガラスや什器・照明等の清掃を行い、床が乾いたら浮き上がった埃を掃除機で吸い取ります。

その後行うのがワックス掛けですが、弊社ではワックス掛けは行いません。

ワックスの代わりに使うのがこれです。

ファクセ社製フロアソープ ナチュラル、所謂液体石鹸です。

以下、HPより抜粋しました。

ファクセ フロアソープ ナチュラル(デンマーク・FAXE社製)は、 大豆とココナッツをベースとした、環境にやさしい100%自然素材で木製品のための天然液体石鹸です。
オイル仕上げまたは無塗装の木製品(床、家具、壁パネル等)のクリーニングおよびトリートメントにお使いいただけます。
この製品は木の細胞に十分浸透するように作られており、汚れ取り(クリーニング)はもちろんのこと、コーヒーや赤ワイン等の液体から保護する効果(トリートメント)も発揮します。
木の表面に塗布すると、天然ワックスの効果によりシルクのような艶が出ます。
ソープナチュラルは明るい黄金色の自然な風合いを保ちます。
ホームセンター等で一般的に売られているフローリングワックスは樹脂系ワックスです。
樹脂系ワックスは保護作用のみで洗浄作用はありません。
また、無垢のフローリングに樹脂系ワックスを使うと、木の呼吸を妨げてしまいますのでお使いにならないで下さい。
樹脂系ワックスは木の表面に塗膜を形成するため防汚性は高いですが、無垢フローリングのサラッとした足触りと、温かさは皆無です。つまり、せっかくの無垢フローリングが台無しになってしまう可能性が有ります。
ファクセ フロアソープは、ヨーロッパで信頼と実績があり広く使用されている商品です。使えば使うほど木が強くなるのが特徴です。

使用方法は以下の通りです。

1.使用前にボトルをよく振ってください。

2.本品1に対し5~10倍のぬるま湯に溶かします。

3.モップまたは雑巾にソープ溶液を浸し、木の表面を長手方向に沿って擦ります。

4.固く絞ったモップまたは雑巾で汚れたソープ溶液や、余分なソープ溶液を拭き取ります。

5.上記3・4の手順をさらに1~2度繰り返します。これにより、木製品の表面がしみや汚れに対しより強くなります。

本品を施した木製品の日々のお手入れは、掃除機でのお掃除だけで結構です。

もし木が汚れを吸い込み始めても、上記の要領で簡単にクリーニング出来ます。

ただし、クリーニングの場合の溶液は本品1に対して10~20倍のぬるま湯に溶かしてください。

尚、2.5リットル入りの本品で50~150㎡の床をお手入れする事が可能です。

霜の降りない場所で保管してください。

使用可能期間は、製造日より約5年となっています。

2度拭き不要というのも、魅力のひとつですね。

揮発性有機化合物も含まれていませんから、安心して使う事ができます。

せっかく自然素材に囲まれた『木の家』に暮らすんですから、クリーニングにも拘りを持ちたいと思います。

そうそう、弊社ではご入居に際して『ファクセ フロアソープ ナチュラル/2.5リットル入り』を1缶差し上げています。

ペットボトルに作っておいて、ちょっと食べこぼしをした際などにはペットボトルを振った後、雑巾に取りサッとひと拭きする事をお勧めしています。

無垢フローリングや無垢の建具等は、お手入れさえ定期的にしてあげるだけで、驚くほどきれいで長持ちします。

ある著名な建築家は、こう呼んでいました。

無垢材を発酵建材 

シート貼りや樹脂製品を腐朽建材

一方は、糠みそのように毎日手を加える必要がありますが、時とともに味わいが深まります。またその価値が下がる事は少ないでしょう。

でも、もう一方はこの世に生まれ落ちた瞬間から腐朽への道を歩き続けます。

だんだんみすぼらしくなり、その価値は目減りする一方です。

どちらを選ぶのかは、あなた次第です・・・。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)