練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

住宅版BELS?

2016年03月19日 16時41分21秒 | 講演会・展覧会・勉強会

先日参加してきました『住宅版BELS』説明会。

時間的にも少なかったし、資料もあまり親切なものでもありませんでした。

でも、せっかくですから私なりにまとめたものをお話ししたいと思います。

そもそも、BELSって何?

建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System)の頭文字をとってBELSといいます。

住宅性能評価・表示協会が運営していますが、従来のビル等だけでなく、4月から評価対象として住宅を追加する事になりました。

これが、『BELS』住宅版です。

ラベルも変わりましたし、名称も若干変わっているようです。

Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(ハウジングが入りました。)

戸建て住宅への省エネ基準適合の義務化を2020年に控え、大きな課題となっているのが、住宅の省エネ性能をユーザーに伝えるための表示方法です。

国土交通省はこのほど、建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)を策定し、3月11日に公布しました。(施工は4月1日)

国交省の検討委員会により示された指針によると、建築物の省エネ性能の評価は、建築研究所のWEBプログラム等による『自己評価』でも、登録判定機関や所管行政庁等による『第3者認証』のどちらでも可としています。

上図は建研のWEBプログラムによる自己評価による表示例です。

1.建築物の名称(戸建て住宅は省略可)

2.評価年月日

3.第3者認証・自己評価の別

4.基準一次エネルギー消費量(基準値)

5.設計一次エネルギー消費量(設計値)

を表示する事が望ましいとなっています。

また、第3者認証の場合は

1.建築物の名称(戸建て住宅は省略可)

2.評価年月日

3.第3者認証・自己評価の別

4.第3者認証機関の名称

5.設計一次エネルギー消費量(設計値)の基準一次エネルギー消費量(基準値)からの削減率

6.基準値・誘導基準値・設計値の関係図

7.一次エネルギー消費量基準の適合可否

8.外皮基準の適合可否

9.建築物の一部(テナント・住戸等)で評価した場合はその旨

10.第3者認証の場合は第3者認証マーク

を表示する事が望ましいとなっています。

さらに省エネ消費量を算出した場合、基準一次エネルギー消費量と設計一次エネルギー消費量を表示する事が推奨事項になっています。

省エネ性能の評価に関しては、解説資料を配布する等としてその方法を明らかにする事を求めており、☆などで段階的に表示する場合も同様に、指標の考え方を明らかにする事としています。

上図は『BELS』住宅版による表示例です。

既存建築物に関しては、建築物省エネ法第36条で所有者が所管行政庁に申請し、当該建築物が省エネ基準に適合している事の認定を受ける事が出来るとしています。

その為4月からは、認定された場合にその建築物に『基準適合認定マーク』を表示する事が出来るようになりました。

上図が、建築物エネルギー消費性能基準適合認定建築物の基準適合マークの例です。

こうした表示制度の充実および普及により、

建築物のエネルギー消費性能の見える化を通じ、

性能の優れた建築物が市場で適切に評価され、消費者に選択される環境整備を図る事が重要です。

欧米においても既に取組みが行われており、これらの省エネ格付を環境・社会・ガバナンスへの配慮として、不動産投資への適用を図っています。

家の省エネ性能で、不動産価値が変わる。こんな世界では当たり前の事が、ようやく日本でも実現できそうです。

BELS住宅版を活用して、『省エネ性能の見える化』をバンバン行いたいと思いました。

  

  http://www.assetfor.co.jp
  posted by Asset Red

  東京都練馬区北町2-13-11
     03-3550-1311
 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

解体工事進んでいます。

2016年03月19日 12時03分11秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 Y邸』

解体工事、着々と進んでいます。

単管足場に白い養生シートを掛けて、飛散防止を図りつつ建物の解体をしています。

もう2階部分はありません。

いつもはホースで水を掛けながらの作業となりますが、今日は雨の為ホースによる放水は省略です。濡れながらの作業はつらいけど、放水作業がないのは楽ちんかも・・・。

安全第一で作業をお願いしますよ。解体屋さん。

こちらの建物、現在『低炭素住宅』の認定取得に向けて書類および図面のやり取りをしています。

もう間もなく、技術的審査が下りる頃だと思います。

認定低炭素住宅、ご存知でしょうか。?

省エネ性に特化した住宅です。

認定を受けるためには、H25年の改正省エネ基準の断熱性能をクリアし、暖冷房・給湯・照明などの住宅設備機器の消費エネルギーを10パーセント以上削減しなければなりません。

2020年までに全ての新築住宅を新しい省エネ基準に適合させるという国の方針に沿った、一歩先行く住宅です。

長期優良住宅と同様に、国がお墨付きを与えた住宅となります。

税制優遇などのお得な補助制度もあるので、賢く利用するのも良いでしょう。

今回は、太陽光発電システム及びHEMS、雨水利用システム・緑化を採用していません。

断熱性能と木造住宅である事、そして省エネ性の高い住宅設備機器の採用で認定を取得します。

こうしたラベリングも可能です。

ちなみに『FPの家 Y邸』の場合

上図の低炭素基準:801MJ/m2・年及び省エネ基準:865MJ/m2・年に相当する値はそれぞれ以下の予定です。

低炭素基準:760MJ/m2・年

省エネ基準:844MJ/m2・年

また、一次エネルギー消費量は754MJ/m2・年

単位温度差あたりの外皮熱損失量は98.9W/K

となっています。

性能も目で見てわかる時代が来ました。

  

  http://www.assetfor.co.jp
  posted by Asset Red

  東京都練馬区北町2-13-11
     03-3550-1311
 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

事務所でスマホの充電が出来るになりました。

2016年03月19日 08時19分25秒 | 新商品紹介

 

先日ご紹介した『埋込充電用USBコンセント』

 

弊社事務所にこんな『お試しボード』をご用意しました。

USBケーブルをご用意いただければ、いつでも充電が可能です。

お打ち合わせの間にでも、ご利用ください。

なお対応機種は、以下のページでご確認ください。

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/switch_concent/usb_concent/compatibility/

  

  http://www.assetfor.co.jp
  posted by Asset Red

  東京都練馬区北町2-13-11
     03-3550-1311
 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

続々々住宅選びの天国と地獄

2016年03月19日 08時00分21秒 | たわいもない話

家にこだわりを持っている人、変わった家を建てたいという人は設計事務所がオススメです。

痒い所に手が届くのが設計事務所の売りです。

ただし注意しなければならない事があります。

設計士の中にも只お客様の言いなりになって図面を引く図面屋さんと呼ばれる人と、住宅雑誌などに投稿しているデザイナー、いわゆる芸術家に近い設計士さんの二通りに分かれるのです。

この図面屋さんと芸術家さん、どこがちがうのでしょうか。

もちろん家のデザインも違いますが、それに比例して設計費が違います。おおむね3~15パーセントまで幅があります。

設計士の経験・ネームバリュー等要因は様々です。

私自身、過去23年間の建築経験の中で、40名ほどの設計士の方とお付き合いをしてきました。

良い設計士と悪い設計士の見分け方は簡単です。

良い設計士は自分で仕事を受注出来ます。悪い設計士は仕事が取れません。

理由は以下の通りです。

設計士としてのセンスに欠ける。

人付き合いが苦手。

お客様に頭を下げられない。

過去の栄光に浸っている。

態度がデカイ。

高くて当たり前。

使い勝手よりデザイン重視。

お客様の要望に耳を傾けない。

斬新さばかりを追求する。

家づくりを芸術だと思っている。

自分や会社の利益を第一に考える。

印鑑だけ押して現場へは行かない。

トラブルは他人のせいにする。

自分で責任をとらない。

アフターサービスをしない。

・・・また止まらなくなってしまいました。

でも設計士だって人の子です。

仕事が取れなければ、家族を養っていく事が出来ません。

芸術家気取りで華やかな家づくりばかり唱えたって、自分が2DKのアパート暮らしではシャレになりません。

ではどうするのか。?

仕事の取れない設計士同志で『欠陥住宅を守る会』みていな会を作ります。そしてホームページや新聞で自分たちのグループの宣伝をして、「欠陥住宅に苦しんでいる方、どうぞご相談ください。無料です。」と善人を装います。

するとどうでしょう。立場の弱い、お金の無い消費者はその相談室に飛び込みます。

そして住んでいる住宅の事をケチョンケチョンに言うでしょう。

設計士は「そうですか。そうですか。それはご苦労されましたね。私達が悪徳住宅会社をやっつけてやります。」

と力の弱い工務店を攻撃するのです。

ここでひとつポイントがあります。

設計士は間違ってもハウスメーカーを攻撃しません。

何故ならハウスメーカーは自社の住宅情報を公開していないので、何がどうなっているか、どこがどう悪いのか外部からは一切わからず、攻撃しようがないのです。

では、何故工務店が目の敵にされるのか。?

それは工務店が建築する家の構造や仕様は数百年前から確立されていて、誰にでもわかりやすいものだからです。

ほんのちょっとのミスを見つけては、すぐさま欠陥と烙印を押し、攻撃の的にします。

工務店も人間です。ミスもします。しかし直します。家が倒れるようなミスは0.1パーセントもないでしょう。

それなのに、その後設計士がする事と言えば、小さなミスも大きな欠陥にして手直し工事をさせるような調査レポートを出す事です。

お客様はそのレポートに沿って手直し工事をリフォーム会社に依頼します。しかし、リフォーム会社をどこに頼んでいいのかわかりません。

調査した設計士に紹介してもらう事になります。

紹介を受けたリフォーム会社は設計士にリベートを支払います。

これで設計士は食べていけるのです。

大きな設計事務所なら安心と考える方がいるかも知れません。

でもこれも不正解です。

立派なオフィスを構え、有名な先生がいて、たくさんのスタッフを抱えている大きな設計事務所は、文字通り大きな仕事ばかりやっているところがほとんどです。

病院や学校・公民館・社会福祉施設等々。中には設計料だけで数千万円なんて、目が飛び出るような価格の仕事しかやりたがらないところもあります。

たとえあなたの家の設計を快く引き受けてくれたとしても、心の中では「たいした儲けにならないな。切りの良いところで、とっとと片付けてしまえ・・・。」なんてつぶやき、片手間なやっつけ仕事で済まされてしまうかも・・・。

大きな事務所でも、個人住宅の担当者はせいぜい一人か二人です。

何十人とスタッフがいようと、全員が手に手を取り足を取りあなたの為に頑張ってくれるわけではないのです。

あなたがお金持ちで、ポンポンお金を使う事が出来るなら構いません。

奇抜さだけが売りの5年後には既に飽きてしまうようなデザインの家に住みたいと思うなら。

短い時間でパッパッとやっつけ仕事で設計されることに何の違和感も覚えないなら、大手設計事務所の方がいいかも知れません。

でも、じっくりと家づくりを考えたいという人には不向きだと思います。良く考えてください。

と言うところで、今回はオシマイです。

作者の方、相当設計事務所にマイナスイメージをお持ちのようですね。

何もそこまで言わなくても・・・。

この続きは、また明日。

お楽しみに・・・。

安くていい家/平秀信 著/インデックス・コミュニケーションズ 刊より抜粋・引用しています。

  

  http://www.assetfor.co.jp
  posted by Asset Red

  東京都練馬区北町2-13-11
     03-3550-1311
 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)