対州馬・飼育員日記

馬に足を踏まれても、鹿に威嚇(いかく)されても、めげないスタッフブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黒目のカマキリ

2012-08-31 | 日記
(今回のテーマは『虫』ですので苦手な方はお気を付けください)



  先日、残業でどっぷり夜が更けてしまい、馬小屋の方で明かりをつけながら作業をしていたところ、カマキリがベンチに突っ立っていました。

そいつをよく観察してみましたら、なんと目が全て黒目なカマキリでした。



カマキリにも黒目があることを知らなかったです。

普段は瞳孔が点しかなく、ドスの効いた目をして怖い感じですが、これだとかわいいですね。

 ここで少し、ネットで調べたうんちくを。

カマキリの目は(というか昆虫の目は)複眼です。(目っぽく見える球体の細胞一つ一つが目)

昼のカマキリは目の中に黒い点がありますが、実は人間の瞳孔のように働いているわけではなく、カマキリの目を見ている観察者がそこだけ奥まで見通せるという角度の部分であり、光が反射されないから黒っぽく見えるのです。

その黒点を偽瞳孔といって、その他の部分は観察者の目からは奥まで見えないので、個々の目の内部の反射光で明るく透明に見えているのです。



(Googleより転載)

 カマキリをどの方向から見てもこちらをニラミ返してくるという現象はこういうことで起こるようです。

で、夜のカマキリは昼の目のままだと周りが全く見えないので、わずかな光源を目の中ですべて吸収して暗闇で明るく見えるようにしています。

その状態が黒目の状態です。猫みたいですよね。(ただ、一応黒目の部分は全て偽瞳孔ということになります)

ちなみにトンボ・バッタもカマキリと似た構造の目をしていますが、黒目になるというのはあまり聞きません。不思議です。

 昼でも手軽に見る方法は、カマキリに黒い布を2~3分ぐらいかぶせたあと外してみると、黒目になります。

大人しいやつはひたすらじっとします。近くにいたらぜひやってみて下さい。^^

馬小屋周辺にもよくいますので、カマキリ捕まえ等に訪れてみてはいかがでしょうか。

(マツ)

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 残暑お見舞、申し上げます。 | トップ | かゆい、かゆい。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事