熊本から気ままに山と自転車のブログ

西福寺摩崖仏

西福寺摩崖仏
2020/6/24(水) 晴
天候は晴れ、最高気温33°と真夏日予報だが、梅雨の季節の晴れ間に午前9時半から山鹿市西福寺摩崖仏探訪のポタリングに出る。

熊鹿ロードを北進し、熊鹿ロード終点から国道443を横断し、岩野川堤防道路を進む。
岩野川を渡る一つ目の橋、石人欄干のちぶさん橋(写真1参照)を右折する。


橋を渡り右手に西福寺摩崖仏の標柱(写真2参照)がある。
写真は、振り向いてちぶさん橋方向を見る。


右側崖下に降りてきた道を見上げる(写真3参照)


目線の少し上に摩崖仏(写真4参照)が見える。


山鹿市指定文化財「西福寺摩崖仏」の標柱(写真5参照)には、「・・・向かって右側の聖観音像には正平二十四年(1369)の銘が見えます・・・」


左側からスロープ状の所を登り、仏様を拝顔(写真6参照)する。


正平二十四年の銘があると云う聖観音像(写真7参照)


左側の仏様(写真8参照)は団扇状のもの(錫杖か?)をお持ちであるが、門外漢の私にはいかなる仏様か分からない。


道に戻り数メートル行くと、「チブサン古墳」の入り口(写真9参照)になっている。


チブサン古墳の説明板(写真10参照)がある。


この後、古代蓮園に移動するが、別ブログとする。
今日も無事だったことを天に感謝する。
熊本(自宅)→29km西福寺摩崖仏33km→熊本(自宅)
所要時間5時間(実4時間) 総計62km 走行累計34,392km

自転車で探訪した史跡・文化財等の記録です。一部山行の記録もあります。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「肥後国中世史跡・文化財探訪記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事