お茶漬け(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヤマハゼ、雌花(雌株)、円錐花序が密集

2019-05-15 23:54:40 | 日記

ウルシ科は盛りみたいです

 

花茎に湾曲する開出毛=ヤマハゼ

子房が未発達の雌花

子房が発達した雌花

羽状複葉(赤)が枝先に輪生しているよう密集して互生

その葉腋から花序(緑)が出てい複雑な構造になっている

輪生風な羽状複葉の上に出る花序、小振り

明らかに円錐花序とわかる発達具合

斜め上に出る円錐花序、少し大きい

斜め下に行くものはより発達

上と下では花序の長さがかなり違ってくる

まとめると、複雑な構造になる。

このパターンの構造は、同じウルシ科のチャンチンモドキ、カラスザンショウや、近い科のニワウルシ(神樹)にも当てはまる感じです。

 

密生する葉腋からの花序は

円形に水平展開した葉の上に出るものは小さく

下に垂れるものは大きくなり

全体としては葉の下に中心のある球形となる。

 

 

小石川植物園にて

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« ホウチャクソウ | トップ | 芳香/ハタケニラ、散形花序 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事