ささやかなありがとう

毎日の生活の中で、ありがとうというささやかな思いがいつもあります。それを伝えていきたいです。

自分の子どもって何ですか。

2017-05-17 19:52:05 | 日記
ある人と話をしました。男のひとです。
離婚をしたいそうです。今、別居中。
10歳以下のお子さんが3人いるそうです。

子どもたちが、会いたいといえば会うけど、
別に会いたいとは思わない・・・。

一番、可愛いさかりのお子さんたちです。

子どもが生まれるのは、奇跡に等しい。
我が家の孫も、娘が、流産をした後に生まれた子です。
生命が生まれ、成長する経過を娘とともに、超音波で見せてもらいました。
流産したときの様子も、眼で確認しました。

生命は生まれる時に、
生きることを乗り越えられる力を得た生命が誕生するのだと
つくづく思いました。

このように、一生懸命生まれてきた子どもたちです。

一生懸命に生まれてきた子たち。
大切にしたいですよね。
生まれてきてくれて、「ありがとう」です。

でも、生まれて当然と思う人もいるのだと思います。
だから、ありがたさが分からない。

今日は、ささやかなありがとうの言葉が言えません。
お子さんたちはのことを思うと「せつな」すぎるから。

我が家の孫も同じくらいの年齢。可愛いです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘が使っていたヴァイオリン... | トップ | 僕は、結婚できない・・・。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事