マイペースおくやまの進化的考察

進化の研究は楽しい!というわけで、日常の研究生活で考えたこと、感動したこと、あるいは思いつきのネタの備忘録です。

つくば蘭展09

2009-11-30 20:25:51 | 日常
昨日から筑波実験植物園(つくば植物園)ではつくば蘭展を開催しています。
つくば植物園の保有するランコレクションはおそらく日本一で、世界でも有数のものだと思います。あり得ないくらい奇抜なデザインの数々。被子植物の多様性の神髄がここにあります。

私自身も、今まで論文や本でしか見たことが無かったキノコバエ媒のランの仲間、Pterostylis ophioglossa(上の写真)が見られて感激しました。

あと、私自身はその展示のひとつ、『ダーウィンもびっくり!ランのふしぎなくらし』に関わりました。ダーウィンイヤーの今年、ダーウィンの業績を紹介する企画に関われて大変喜ばしく思います。

何かのついでに関東近郊にお越しの際は、ぜひどうぞ。
東京在住の方はとりあえず来て下さい!

これはほんまにちょっと遠方まで足を伸ばす価値十分です。

会期が12月6日までと短めですので、お早めに!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おわりのはじまり

2009-11-16 15:25:59 | 研究
最近忙し過ぎて、とても実情をしっかり把握するなど出来ていないでのコメントになるのですが、それにしても酷い。
『科学』傷だらけ iPS細胞生んだ事業や科学未来館

このブログにこういうことを書くようなことはするまいと思っていたのですが、黙っている訳にもいきません。


選挙前から、科学技術行政の今後が全く争点になっていなかったことはかなり危惧していたのですが、それでもトップが理系であるということでそれほど酷い判断は下されないと思っていました。



一体、研究者をなんだと思っているのでしょうか。そりゃあ個々人の研究が分かりやすい形で利益を上げることは少ないだろうけれど、本当に民間が民間だけで切り離されて成り立つと思っているのでしょうか?研究者は本当に社会の役に立っていないと思っているのでしょうか?

きっと「仕分け人」は本当にそう思っているのでしょう。きっといい先生との出会いが無かったのですね。軽々しく「国民の視点」などと言わないでいただきたいです。それはわずかな数の「仕分け人の偏見」でしかありません。



 少し事業仕分けの様子の映像も昨晩見ましたが、事業仕分けの先鋒の方は、予算を減らすという結論ありきで、権力を振り回すことにただただ酔っているように見えます。本来の争点は、現状でも十分少ない科学技術関連予算を、どう効率的に割り振るか、ということだったはずです。



ちょっと先の日本の、そして世界の未来をどうしたいのか。そういうビジョンが、驚くほど現政権には無いようです。

ユウアイ=U I=Unbelievably Incompetentというネット上で見つけた揶揄が巧すぎて泣けてきます。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キバヤシ「2012年終末説だよ!」一同「な、なんだってー!」

2009-11-11 23:44:56 | 日常
『トランスフォーマー』の宣伝サイトを見ても、実際にはロボットエイリアンなど地球に来ていないということはわかるし、

ここにロボットエイリアンを本気で信じている人が約一名・・・

すみません。疲れてます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする