マイペースおくやまの進化的考察

進化の研究は楽しい!というわけで、日常の研究生活で考えたこと、感動したこと、あるいは思いつきのネタの備忘録です。

ニューヨークシティー続き

2006-07-04 00:19:49 | 研究
帰りの飛行機のオーバブッキングのボランティアになったので、空港のANAラウンジを利用できることになりました。最後でちょっとツいています。

(前回の続き)
博物館を後にして、本屋で自然史系の本を探すため再び地下鉄に乗り、マンハッタンのダウンタウンへ。
しかしこの地下鉄、世界経済の中心都市のものとは思えないくらい汚くて分かりにくくてボロくて不便です。まず駅の電光掲示板や時刻表といった、日本の鉄道なら当たり前のものが一切ありません。駅構内は暗くてかなり怖いですが、見た目よりは安全なようです。でも一応列車に乗るときは(みんな屈強そうな)車掌のいる車両に乗るのがよいようです。
列車はいつ来るのか分からないので、とにかく来ることを信じて待っているしかありません。路線の休止などもあって、乗り換えは極めて複雑です。はっきり言って(私がたまたま持っていた)ロンリープラネットのようなガイドが無ければ目的地までたどり着くのはほとんど無理とさえ思えます。実際私たちは駅員に教えてもらえなかったら、間違ったプラットフォームで列車を待つところでした。
そうして待ちに待った列車の窓には落書きの後がびっしり。この乗り物は間違いなくニューヨークを満喫するためには欠かせないものです。
旅好きな方にはお勧めします。それ以外の方にはお勧めしません。

さて、本屋は思ったより小さかったので、何も買わずに夕食をとることにしました。今回の旅行最後の晩餐ということで、アメリカらしいBBQの店を選びました。アメリカ版焼き肉屋といったところでしょうか。
メニューの一番上にある一番オーソドックスそうなものを注文すると、、、で、でかい、、、。肉でかすぎです。こちらでステーキを注文すると「わらじ」みたいなのが出されるという噂は聞いていましたが、わらじなんてものじゃありません。しかも付け合わせもこれでもかというくらいあります。すばらしいカルチャーショックは味わえましたが味そのものはまあまあといったところでしょうか。肉は悪くないのですか、やはり大味です。
まあ、一度は体験してみるべきですが、私は二度目は要りません。
(さらに次回に続く)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニューヨークシティーの送粉共生系

2006-07-03 16:30:50 | 日常
今日は本当に盛りだくさんでした。先輩の記憶をたよりに、ニューヨークシティでフィールドワークを決行!
ニューヨークシティの海岸部はこの著名な大都市の姿からは想像できないほど豊か(というほどのものかは分かりませんが)な自然を育んでいます。ブルックリンの浜にはアメリカカブトガニの死骸がたくさんうち上がっています。日本では絶滅危惧種のカブトガニですが、こちらではふつうのカニよりたくさん目につくくらいです。親子連れの釣り人はたくさんいて、しかもみんななかなかよく釣れています。魚はかなりたくさんいるみたいです。
そして、こちらは自然とはいえませんがニューヨークの海岸部に逸出したユッカの一種Yucca filamentosaにその共生のパートナーであるユッカガ(Tegeticula yuccasella)を発見することができました。
その後はニューヨークシティの地下鉄に乗ってマンハッタン島へ。アメリカ自然史博物館を訪れました。しかし訪れたときにはすでに夕方で閉館寸前の時間。特別展示のダーウィン展も結局見られずじまいでした。(次回に続く)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吸血鬼たち

2006-07-02 12:44:35 | 日常
今日はアメリカ東海岸のズダヤクシュ、Tiarella cordifoliaを採集するのと、少し今までと雰囲気の違う林を見るという目的で、ニューヨーク州の中央部に少し遠出してみました。
果たしてお目当ての種は割とあっさり見つかりましたが、山を歩いていると大量のブヨが襲来。網を振ると一振りで数十匹は入ります。もちろん網で取っても焼け石に水。それどころかどんどん私の周りに集まって増えてきます。花の写真を撮って私が動けないのをいいことに、容赦なく咬んできます。さらにどさくさにまぎれてアブまで私を刺してきます。

これはたまらんと林の中に逃げ込むと、たしかにブヨは少し減りましたが、今度は大きな蚊の攻撃です。刺された瞬間に痛みがあるほどです。
ついに我慢できずに車に逃げ込むと、奴らは車内にまでついてきます。ようやく全部やっつけたら、首に違和感が、、、。

とどめに大きなマダニが食らい付いていました。
そんなに私の血液の栄養価が高いというのでしょうか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うっかり者

2006-07-01 11:39:58 | 日常
今日は冷や汗をかきました。
パスポートとカメラの入ったかばんを、どこかに置き忘れてしまったのです。
これでは植物採集どころではありません。
結局同行の先輩に散々迷惑をかけつつ、何とか無事発見。
お昼に食べたマクドナルドに置き忘れていたのでした。ひどいうっかり者ですよまったく。
何かの旅行ガイドに、パスポートは命の次に大事だと書いてあったのを思い出しました。うーむ反省せねば、、、。

その後、残った時間で山に入るとあら不思議。
これまでいくら探しても見つからなかったMitella diphyllaHeuchera americanaが見つかるではありませんか!T-storm(大陸の猛烈な雷雨のこと)が近づく気配に焦りながらも無事採集できました。

たたきつける雨の中、安心しながら宿に帰るのでした。

帰って標本の記録をつけようとして、はたと気づきました。
筆箱が無い、、、

今度こそ見つからないような気がします。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする