マイペースおくやまの進化的考察

進化の研究は楽しい!というわけで、日常の研究生活で考えたこと、感動したこと、あるいは思いつきのネタの備忘録です。

「リベンジを見る」と心の中で思ったならッ!

2009-06-29 10:09:59 | 日常
と、いうわけでそのときすでに行動が終わっていました。
今回はこの超娯楽映画「トランスフォーマー/リベンジ」のレビューを熱く語ります。

まずロボットのかっこよさは前作の150%増くらいになっています。どこかの映画レビューで、「かっこ良くて泣いたのは生まれて初めての経験だ」と書いている方がおられましたが、その気持ちはよく分かります(さすがに私は泣いてませんが)。特にヒーローであるオプティマスプライムの活躍のさせ方は、監督のセンスなのかシナリオライターのそれなのか知りませんが、本当に「お約束」をよく分かってらっしゃると感じました。日本の少年マンガ(特にジャンプ系)の王道をまさにこれでもかというくらい突き進んだという感じです。
ともかく前作のファンの期待を全く裏切らない作りになっていますので、前作を楽しめた方は今作もまず間違いなく楽しめるでしょう。話のテンポも極めて良いです。

その他の見所としては
・どう見てもゾイドなラヴィッジの活躍。これはゾイドで遊んだ僕らの世代にはたまりません。
・合体!超パワーアップ!!いや、実写でこんな絵が見れるとは、、、。
・サム(主人公)の両親の演技。ギャグ役オンリーのように見せかけて、最後はちょっと感動ものです。
・肉屋大活躍。特に前作を覚えていれば爆笑です。

逆に、ドラゴンボールをはじめとする少年マンガを楽しめない人には「話の底が浅い」とか「子供騙し」と映るかもしれません。

だがそれがいい。

意欲作すぎる今作には、しかし、ファンとしていくつか文句を言いたい部分もあります。
・まず、せっかくものすごい種類のトランスフォーマーたちが登場するのに、期待していたトランスフォーム(変形)シーンがはっきり表現されないキャラクターが多い。特に、敵役の重機(ミックスマスター、ロングハウル、ランページ)が変形するところはもっとちゃんと見せてほしかったです。これでは事前知識が無いとロボット形態と車形態の対応付けが出来ない人が多いのではないでしょうか。ここはトランスフォーマーという作品の肝なのでかなりもったいないです。
・人間の軍隊が強すぎ、また兵器の使用が苛烈過ぎる。これはたぶん撮影に米軍の大きな協力を得た代償なのでしょうが、平和主義の人間が予備知識無しに見ると、どうしてもネガティブな印象を禁じ得ないのではないかと思います。実際私も最初ちょっとひきました。それに人間が強すぎるとどうしてもトランスフォーマーたちの魅力が霞んでしまいますし。こういうものだと思うようにしてからは気にならなくなりましたが、前作くらいのバランスを保って欲しかったです。
・シナリオごとのボリュームのバランスが悪い。例えば学校に関わる場面はもう少しカットしてクライマックスに回すこともできたのではないか?さらに学校に登場するあのトランスフォーマーを出す必要が感じられない。だって格好よくないし、、、。
・前作で秀逸だった、普通の風景(実写)から滑らかかつ突然の異形の出現(CG)、という場面がかなり減ったこと。今作でも冒頭の場面は一応これに当たりますが、それ以降は常に画面にトランスフォーマーがいる状態で、あの自分が非現実の世界に投げ込まれる感覚がちょっと減った気がします。前作のヘリとパトカーの変形で、劇場で開いた口が塞がらなかった時の感覚はさすがにもう味わえませんでした。これは予備知識を持った上で望んだ続編である以上ある程度仕方ないのだとは思いますが。

総じて、この映画は劇場で10回は見る価値のある映画(IF10)だと言えます。はい、結局そういう評価です。だってファンですから。

それと、これは映画館で見ないと、ほんまに後悔しますよー。DVDじゃ価値ないですよー。DVDはあくまで映画館で見た感動を思い出すための補助器具です。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« つくば植物園のホームページ... | トップ | 博士(雑学) »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同志 (加藤研 おかもと)
2009-06-30 00:23:16
やっとトランスフォーマーネタをアップしましたね。待っておりました。

さすがというべきか、レビュー秀逸ですね。
ほとんど奥山さんと一緒ですが、私がよかったと思う点です。
・合体・パワーアップは、映像も素敵ですが、それまでの流れが最高ですよね。ベタなかんじが!
・サムの両親の描写も素晴らしかったです。はじめから終わりにかけて、両親のサムへの対応の変化が絶妙に描かれていました。
・肉屋。このキャラの使い方天才。
・いかにも3部作の2作目!ってかんじのラスボス(フォールン)。べたべたキャラ。素敵。

以上が私の血が沸いたあたりです(全体的にハァハァ言ってましたが)。

文句の点についもだいたい同じですが以下に。
・もうちょっとひいた絵が欲しかった。特に重機のトランスフォームは細かい部分ばかりアップで映していたので、全体を掴み辛かった。
・あと、学校でのヒトモンチャクと例のトランスフォーマーは確かにいりませんでしたね。新たな挑戦だったんでしょうけど、なんていうか、CGもあまりキレイじゃなかったし、違和感あったし、なによりカッコ良くない。そして意外性が低い。使い古されたネタ(寄生獣も基本は一緒・・・)。

・人間が強い点は特に気にならず、むしろ「1の経験を経て、共に成長したトランスフォーマーと人間」という背景を感じました。
「仲間!信頼!絆!」という雰囲気に胸が熱くなりました。私も一緒に戦いたくなりました。

2を観た後は胸がトキメキすぎて「なんとか論文のタイトルにトランスフォーマーいれられないか」とか本気で考えてしまいました。
是非みなさまに観ていただきたいです。
ほとんど血が出ない映画なので、戦闘ものが嫌いな女子でも大丈夫です。
Fate rarely calls upon us at a moment of our choosing (おくやま)
2009-06-30 15:21:00
この台詞もあの後の場面の伏線だと思うとジーンと来ますねえ。
はっきり言ってこの映画前後で二つにわけてもいいくらいのボリュームでしたよね。そうしたらもう少し全キャラクターやストーリー展開が丁寧に描けたかも。

デバステーターの合体は、やはり一度重機トランスフォーマーがロボット形態で集合してから合体が良かったかもしれません。

論文にトランスフォーマー入れたいですね。ちなみに僕は以前論文の中に誤植のふりをしてdeceptiCon syndromeと書き込もうとしてギリギリ思いとどまった経験があります。

まあしかしとにかく本作も傑作ですな。
そこに痺れる憧れるぅぅっ!! (名無しのジョンスミス)
2009-07-25 14:27:09
はじめまして。
論旨明快な紹介でごちそうさまでした。

このままヱヴァも観てはどうですか?
ゾイド世代でなくとも(あの年頃で、フィーネに出会った衝撃はいまも心に残っています……)くるものがありますよ。
分類学者がやることは一つ (橘)
2009-07-26 18:16:24
新属新種に
Optimus prime
でしょ。
命名規約的にそのままではまずいでしょうけど、少しいじれば何とかなりませんか。
いいですねえ (おくやま)
2009-07-29 07:34:12
マンマルコガネの新属新種とかにつけられたら最高なんですけど。植物では、、、難しいかな?

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事