ASIANWOLF@CAFE

My personal page. The dogs talk.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の日

2015年09月02日 01時56分36秒 | 日記
blogを更新が滞ってすみません
お客さんに心配されましたので久々に更新
でもTwitterは毎日更新しております(笑)

雨の日が続いてますが皆さんは犬達とどう過ごされていますか?
長年色々な犬と密に生活していると雨の日の犬達はどの子もよく眠るという共通点があります
しかも雨の日は更に眠りが深いんです
コンコン(延々)と眠り続ける…って感じですよ

雨の日に眠り続ける理由は何なんでしょう?
一番の理由は気温の低下で身体が「冷える」からでしょうか
濡れたら更に冷えます
私は犬は「冷え」に敏感な動物だと感じています
犬は寒さに強いと思われていますが、確かに暑さよりかは寒さには強いかも知れませんが、その強さはあくまでも動いている状態の話じゃないかと
「寒さ」は良くても「冷え」は苦手なんじゃないかなと
また、犬種によっても耐性に違いはあると思います
北欧のハスキーが寒さに強いのは広く知られていますよね
ですが、アラスカ産まれのウルフハイブリッドのルーは毛布やコタツ、ホットカーペットを好んで使っていましたし、シェパード達も布団に潜りストーブや暖房を求めています
彼らも個体差があるにしろ寒い時は寒いと感じていて、状況に応じた温かさを求めるんだと思います
犬達が居心地良い選択が日常で出来る様に、その時々の好みに合わせた環境を用意してあげたいですよね

冷えは万病のもと、といいますが…
冷えると極端に例えれば野性の熊が冬眠する様に、身体の全機能の働きが鈍くなり重たくなるのか
健全な犬は無駄なエネルギーを使わないので冷えによる体力の消耗を防ぐためでしょうか
下手に体力を消耗してしまうと「狩猟」「繁殖」「危機回避」の3つの本能が必要な時に発揮出来ないのは生き残るには致命的…

雨の日は普段以上に少エネで過ごすのが犬の本能に基づいたストレスが少ない生活なのかも知れません

何せ犬は環境の変化に弱い動物
気温や気圧、天候の変化にも弱くて当たり前
雨の日に我が家の犬族が少エネ爆睡するのは、環境の変化(ストレス)に対応(順応)した姿なんでしょうかね

人間の私も見習って雨の日に動き回らず少エネ爆睡した方がいいのかしら?
この記事についてブログを書く
« クマが拾った野鳥 | トップ | 携帯が… »
最近の画像もっと見る