美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

肥満症・ダイエット (内科) 12

2008-03-24 13:35:13 | 医学用語集
皮下脂肪

皮膚近くに存在する脂肪組織で体温の維持やエネルギー貯蔵の役目を果たしている。女性の場合、出産や育児に備えて下半身の太腿や臀部に皮下脂肪が付きやすくなる。内臓脂肪に比べて生活習慣病のリスク要因にはなりにくい。



肥満

動物は「飢え」から身を守る為に余分なエネルギーを脂肪として体内に蓄える性質を持っている。この蓄えられた脂肪が多くなりすぎて、必要以上に太ってしまうことを肥満という。過度の肥満は様々な生活習慣病の原因となることが知られている(肥満症、メタボリックシンドローム)。
BMIと体脂肪率により肥満度を判定することができる。



標準体重

標準体重とは平均体重ではなく、最も生活習慣病のリスクが低いと考えられる理想的な体重である。勿論、体格には個人差があるので必ずこの体重が最適とは限らない。
標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22 で求められる。
コメント   この記事についてブログを書く
« 肥満症・ダイエット (内科) 11 | トップ | 肥満症・ダイエット (内科) 13 »

コメントを投稿

医学用語集」カテゴリの最新記事