美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

黒龍の行方

2012-01-21 11:14:34 | Weblog

2012年が幕開けしました。十二支は辰年ですが、干支で言えば「壬辰(みずのえたつ・じんしん)」です。十干の「壬」は黒色に対応するため、‘黒色の辰’即ち‘黒龍’の年ということで、韓国では60年に一度の運気の強い年と考えています。デパートなどでは、黒龍の財布、貯金箱、その他関連商品が売り出され、その運勢にあやかろうと多くのお客で新年より賑わっています。また、その年に生まれた子供は出世すると考えられているのか、「黒龍ベビー」を望む夫婦が産婦人科の門をたたくケースも増えているようです。

十干は東洋哲学でいうところの陰陽五行説を基にしたものですが、その「壬」と十二支の「辰」を組み合わせて解釈すると単純に「景気、運勢が良い。」とばかりは言えないようです。壬辰は、「大きな流れの中で激しい変化が起こり、それを受け入れて新しい仕組みつくる基礎となる」時期と捉えています。つまり今年は、否応なく変革が起こりうる為、変化を恐れず、強い力でそれを受け入れ乗り越えてこそ次の年、時代を築くことができるということでしょう。実は420年前の壬辰の年には、朝鮮半島では豊臣秀吉による朝鮮侵攻(壬辰倭乱)を受け、その後7年にわたる国難の末、新しい時代を迎えた経験をしているのです。世界情勢を見ても今年は、アメリカ、中国、ロシア、フランス、韓国、台湾などで政治的リーダーの交代が行われ、経済的にもユーロを中心とした大きな変革が予想されています。昨年末の北朝鮮指導者の突然の交代から既に、朝鮮半島では「壬辰」が始まっていたのかも知れません。

 

今日本は未曾有の自然災害と共に、人災とも言える原発問題を抱え、信じられていた安全神話が崩れていくのを感じています。本当の意味で、変革を受け入れ対応していく覚悟が必要な時です。医局の先輩で、現在 福島県立医大の教授をしている先生から葉書きを頂きました。その中で「人間が一生のうちに経験する幸福と不幸は、同僚であると考えます。今回 甚大な被害を受けた福島の人々は、これからは大きな幸福がまっていると思います。」と書かれていました。私もそう信じます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 高麗人参と御種人参 | トップ | 口コミとスマートフォン »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事