美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

レーガノミクス、安部ノミクス、朴クネノミクス・・・

2013-03-27 15:20:32 | Weblog

 連日新聞では、円安、株高の記事が躍っています。勿論、昨年まで円高による輸出の停滞、そしてデフレが影響しているものか経済界を中心に暗いムードが漂っていたのを考えればアベノミクスは、特効薬であったのかも知れません。勿論私自身は、世界の為替の仕組みや、経済理論に関しては皆目チンプンカンプンで、アベノミクスに関しても偉い経済学者たちの様々な批評や解説を読み、それなりに納得しつつも果たして誰が言っていることが正しいのかは判断しかねます。ただ、一つ不思議なのは、民主政権が昨年の選挙で大敗した直後からすでに円は下がり、株価も上昇し始めたことです。つまり新政権が具体的な政策によるものではなく、人々の期待や雰囲気による効果とも考えられます。まさに景気は気からでしょうか。

 経済学と人間の心理状態との深い結びつきについて研究した学問に「行動経済学」というものがあります。2002年に心理学者のダニエル・カーネマンがこの研究の開拓者としてノーベル経済学賞を受け、一躍注目を浴びるようになりました。それまでの経済学は、経済人を中心に、人間は理屈通りに常に合理的に判断することを基礎に理論化されていたものですが、生身の人間は意外と理屈に合わない行動をとるため、実経済を理解するには十分でないと考えたものです。例えば、「同じ宝石が値段を高くしたとたんに前より売れ始める」という現象は、市場では実際にあったものですが、理屈には合いません。しかし「高価な宝石ほど価値が高い」という一種の思い込みが働くことでこのような行動が起きるのです。(フレーミング効果)東日本大震災後、その後の日本経済低迷を憂慮すれば、円安に向うと考えますが、実際は「円は安全通貨」というイメージに、国内で復興資金として円が必要になり外国資金の円回帰が起きるという海外投資家の意識から円買いが進み、実際は急速な円高になりました。市場の心理状態は、高度な経済予測システムも凌駕しうるもので、実体経済は‘思い込み’を無視しては成り立たないようです。

 歳出削減と減税、規制緩和により市場刺激政策で経済活性を狙ったレーガノニクスも、結果 的には双子の赤字を増やしただけでした。その後の登場した行動経済学は、アベノミクス、朴クネノミクスを成功に導いてくれるでしょうか?経済も外交も、そしてもちろん政治も人間という不可思議で移り気で、特に信ずべき動物の営みであることを念頭においてほしいものです。

コメント   この記事についてブログを書く
« たかがチョコパイ、されどチ... | トップ | ○○らしい顔 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事