美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

信じる者は・・

2012-11-02 16:11:52 | Weblog

 

 ある国を理解しようとしたら歴史と共に、彼らの宗教観を理解せずには難しいものです。イスラム教の預言者ムハンマド中傷した映画がアメリカで制作されネット上で流されたことで、中東を中心としたイスラム圏で反米の抗議が広がっている騒動も、一部の計画的なテロとの関連は別として宗教文化的な相互理解なくしては常に起こりうる問題ともいえます。現在 世界の宗教人口をみると、カトリックとプロテスタントを合わせたキリスト教徒は20億弱、シーア派、スンニ派を合わせたイスラム教信者は11億5千と全人口の半数近くがどちらかの信仰の持ち、その影響を受けて生きていると考えれば、その対立は世界を二分する可能性を持つものです。

 韓国の宗教事情というと、儒教的な価値観のもと、その習慣や風習が社会全体に浸透してはいますが、有信仰者53%の過半数がキリスト教信者で残りが仏教徒です。キリスト教徒の絶対数、人口割合はアジアではフィリピンに次いで第二位で、国単位でみるとキリスト教国家に分類できるほどです。また、韓国キリスト教の特徴として、プロテスタントが多く、教派単位ではなく各教会が独自に拡大、そして各教会が個別に信者を獲得する傾向があり、結果的に教会内の横のつながりが希薄でカルト化しても気づきにくいリスクを内包していると指摘されています。(「韓国とキリスト教」浅見雅一、安廷苑著  中公文庫)一方日本人といえば、「特定の信仰をもっているか?」という問いに「はい」と答えた人の割合は27%で7,8割が無信仰、無宗教となります。(「日本人の国民性調査」統計数理研究所2008)しかし、文化庁が毎年発行している「宗教年鑑」によると登録されている宗教団体の信者の総数は2億人を超えています。この矛盾は何故でしょうか?この数字の内訳は神道系が1億強、仏教系が1億弱でほぼ2億人の信者全体となります。つまり田舎にお墓があればその檀家の家族、親戚は信者、神社にお参りすれば参拝者は信者というように数えられ結局このような数字になるようです。宗教団体による信者数の水増しは他の国でも見られるものですが、これだけ極端な差はやはり日本人独自の宗教観からくるものではないでしょうか。

 同じ日本人が初詣にいき、お盆には墓参り、クリスマスにはケーキを食べプレゼントを交換し、結婚式は教会でというのは決して珍しくありません。もしかすると日本人は世界一の宗教国家なのかも知れません。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 歴史の狭間での親日と反日 | トップ | 産む権利、産まれる権利 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事