日々の幼稚園

幼稚園の行事報告や、日々の子供たちの様子をお知らせします。

1学期の甲陽文庫が終わりました。

2019-07-16 08:42:14 | 日記
甲陽文庫の絵本を、毎週一冊子どもたちに貸し出しています。
水曜日はももぐみが、木曜日はゆり、すみれの子どもたちが借りて帰って、お家の方とゆっくりと絵本に親しんでもらっています。

甲陽文庫のお部屋は2階にあります。


まず階段を登って、途中で左に曲がります。


そしてテラスに出て、このまままっすぐに進むと到着。


まず自分の借りたい絵本を捜します。




すぐに借りる絵本を決める子、じっくりと色んな絵本を見てから決める子、また読みたいジャンルが決まっていて、その絵本を捜して借りている子など、絵本の捜し方はさまざまです。

絵本が決まると、カードに絵本の名前を書いてもらいます。

年長になると、自分で書いている子もいます。


次はお部屋の中でゆっくりと好きな本を読みます。
お家にいるみたいに、ゆったりとくつろいで本を読んでいます。


お友だちとも仲良く読みます。


恐竜の本は、男の子に大人気


集中してじっくりと読んでいる子もいます。


先生に読んでもらうこともあります。




毎月読み聞かせをしてくださっている教会の吉井先生にも、ここで読んでもらいました。
いつもと違う男性の声に、子どもたち集中して聞いています。


甲陽文庫の時間が終わると、保育室へ戻ります。


甲陽文庫のカードは、学期末に持って帰ります。


このカードを見ると子どもの好きな絵本が分かりますね。
またお家で、カードを見ながらお話してくださいね。

甲陽文庫で絵本に親しむことが出来て、子どもたちは絵本が大好きになっています。
夏休み、ご家庭でも子どもたちに本を読んであげてくださいね。
この記事についてブログを書く
« 梅ジュースとポップコーンを... | トップ | 1学期が終わりました »