風のしおり

ときどきドキドキ日記と読んだ本のこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018年04月17日 | しおりに綴る


ふるさとの 山は

淡く 春色に揺らいで


人の 入らぬ深い谷に

人の 入らぬ静かな谷に

桜 つつじは

誰も 讃えぬ色に染まって


知らず 知らずに

盛り上がる 山は

芽吹き 若葉


人の 入らぬ深い谷に

人の 入らぬ静かな谷に

誰かが 微笑みとまなざしを投げかける



コメント

コシアブラは山菜の女王

2018年04月10日 | お気に入りの花


娘から コシアブラという山菜をもらいました

お姑さんから いただいたそうです

お姑さんと言うには 若々しく活動的な方なのです

なんでも 女王といわれる山菜だそうで

天ぷら おひたしが美味しいとのことことでしたので

早速 夕飯は天ぷら おひたしでした





 
コメント (1)

はる

2018年04月09日 | しおりに綴る



ふるさとの やまは

あわく はるいろにゆらいで
 

ひとの はいらぬふかいたにの

ひとの はいらぬしずかなたにの

おくに 

さくら つつじは 

だれも たたえぬいろにそまって


しらず しらずに

もりあがる やまは

めぶき わかば


ひとの はいらぬふかいたにに

ひとの はいらぬしずかなたにに

だれか ほほえみとまなざしをなげかける




  








   
コメント

ディヴァイン「跡形なく沈む」

2017年12月31日 | 読んだ本


ルース・ケラウェイの母は、9月5日の早朝に、目覚めることなく死んだ。



始まりは、こんな具合。

題名も「跡形なく・・・」

何が沈むのか、最後のほうまで分からなかった。


母が亡くなって、ルースは母の金庫を開け、母が決して教えなかったルースの父親についての秘密を知ることになる。
やがて、生まれた地であるシンブリッジに移り、役所にタイピストとして採用される。
父親を探しながら、数年前の協議会議員選挙についても探ろうとする・・・・
深く真相を知ろうする間に、殺人事件が起き、ルース自身も失踪する事態に・・・
複雑な人間関係、な中で、以前は婚約していたケンとジュディが互いに相手を思いやっているのが、どうなるんだろうと気が揉めて・・・
次々とページを急ぎました。
















コメント

「三本の緑の小壜」D・M・ディヴァイン著

2017年12月16日 | 読んだ本


これは 引き込まれた


「ある日、友人と遊びにいった少女ジャニスは帰ってこなかった。」




登場人物が・・・

この場合は マンディが、マークが、シーリアが

自分たちの見た方向から 事件を、事件に至る筋道を

私に聞かせてくれて、

ヒントは 見え隠れしていて、

前に返って読んだり、先を急いだり

二、三日で読んでしまった。


ひたひたと来る 怖さが先を読ませる・・・

マンディの 人に分かり辛い弱さ強さ 優しさが

全体を包んでいた




これは 図書館で借りた本

でも、古本で あと二冊持っている

楽しみです








コメント