雨の日も風の日も ららる~♪

気ままな毎日を綴ります。

あえて

2018-10-17 | TV・本

NHKの朝ドラ「まんぷく」も、「半分青い」に引き続き楽しんで見ています。
オープニングのはつらつとした福ちゃんの姿に元気をもらってます。
このところ、朝からの拷問で気分が萎えますが・・・。

チキンラーメン発案の安藤百福さん夫妻がどんな物語になるのか楽しみです。
安藤サクラと長谷川博己も好きな俳優です。
長谷川博己は、次の次の大河で明智光秀の大役が待っているようだ。

今年の前半、おおいに楽しませてもらった「半分青い」。
見終えた感想はあえて書かなかった。
というのも、最後に東北の震災を持ってきたからだ。
震災と裕子の死を描いたことが非常に残念。
自らの筆の力ではなく、「震災と人の死」にゆだねたことだ。
ドラマは脚本家で選びます。北川悦吏子も残念な部類に入った。
「まんぷく」の脚本家、「HERO」「ガリレオ」「龍馬伝」の福田靖氏に期待。







コメント

ロケ地探し

2018-10-10 | TV・本

朝ドラ「まんぷく」のロケ地探しが面白い~♪
舞台が関西なので、行ったことがある所や知ってる場所が出てきます。

安藤サクラ演じる福子の勤めるホテルは、武庫川女子大の「甲子園会館」と明治村にある「東京帝国ホテル」でロケされていますね。
東京帝国ホテルはフランクロイド・ライトの設計。
甲子園会館は旧甲子園ホテルで、ライトの弟子遠藤新の設計。外観は帝国ホテルと似ています。
オープニングは淡路島。
ヴォーリス設計の神戸女学院や須磨にある旧西尾邸、
同志社大学今出川キャンパスに五箇荘の近江商人屋敷、日吉大社・・・。
毎回、あそこだ~ここだ~と一人で悦に入っています。

関西には、明治大正期の名建築が沢山残っています。
物語もさることながら、こちらも楽しみです。

*写真は昨年行った同志社クラーク記念館。
コメント (2)

やっと

2018-09-19 | TV・本

鈴愛と律君やっとここまで来たね。

今朝の二人、涙が出た。

分からんもんや 人生は面白い。

コメント (2)

ランジェリー少女時代

2018-09-18 | TV・本
英国ドラマが再放送ばかりで・・・またまた韓ドラ。
やっぱりねえ。喜怒哀楽、奇想天外、娯楽性たっぷりのドラマ作りは上手いです。


「ランジエリー少女時代」
ランジエリー??いかがわしい話かと思ったら高校生の純情物語。
男子校の生徒会長に憧れる主人公が可愛い。
この主人公に恋する冴えない男子。三角関係に失恋・・・。
1970年代の大邱が舞台です。
ホロリと切なくみんな愛しい。



「ディア・マイフレンズ」
なんて贅沢なキャストなんでしょうね。韓国ドラマのベテラン女優たち勢ぞろいしています。
韓国ドラマを見てる人はどの顔もお馴染み。
主人公は、コ・ヒョンジュン。
「善徳女王」で、ド迫力の女帝ミシルを演じて震え上がらせた彼女。
久しぶりに見る彼女は薄化粧でとてもきれい。
娘の視点で母とその友人たちを見つめます。

人生後半の女たちそれぞれの姿が描かれる。
女たちの友情と生きざま。
どこでも女はみんな元気で逞しい。
人生終わっていない!まだまだ!これからだ!


コメント

ヨン様とタッキー

2018-09-13 | TV・本

今井翼君の闘病と事務所退所。「タッキー&翼」の解散。
タッキーこと滝沢秀明君が、芸能界引退。
ジャニーズ事務所で裏方に回り、プロデューサー、タレントの育成指導にあたる。
ジャニー喜多川氏のお眼鏡にかなったようだ。
滝沢君の義経美しかった。



「冬のソナタ」で一世風靡。
世のおばさまたちを虜にしたペ・ヨンジュも、今では韓国屈指の芸能事務所のオーナー。
長者番付に名を連ね、すっかり実業家に転身したらしい。

ヨン様ファン~というのでは無いけれど、好きな作品がいくつかある。
カリスマ性のある高句麗の王~「大王四神紀」
本当の愛を知らなかった貴族の遊び人~「スキャンダル」。
妻の看護をしながら人妻に心惹かれる中年の男~「春の雪」。
転校生のみずみずしい初恋~「冬のソナタ」。
どれも印象深い姿を焼き付けてくれた。

これも時の流れと本人の選択。
とはいえ、あの演技が見られなくなる、見られなくなったのは惜しい。

コメント