ふきの指定席

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
そんな人生です maybe…

時代は巡り

2019-05-19 07:36:12 | のほほんの記

いつも行くショッピングモールに
昨日は 信じられないくらいの人だかりが
何事かと思ったら
握手会なるイベントをやっていた
聞いたことも見たこともないグループの女子4人組?が
笑顔で握手に応えていた
若い男の子ばかりと思いきや それなりの年を重ねた男性もいた
何もこんな場所でやらなくてもよかろうに
とても人気のグループなんだろうな

歌が好きでダンスが好きな私は
ヤングガールの時 
松竹歌劇団にはいろうとしたことがあった 
当然私レベルでは入れるはずもありません
今時の歌って踊るお姉ちゃん達グループと 
当時の私の感覚とでは
 当然違うであろうけれど
隔世の感ありだ

松竹歌劇団は今どうなっているのか もう存在していないのかな
宝塚歌劇団はあるよね?? あれれ

松竹歌劇団員の知人がいた
知り合ったのは 仲間内で始めた体操とダンス教室での事
その女性の元旦那?が 
健康のため?と称して 教室に参加をしてくれていた
教室の経営を維持するため その教室は1年でつぶれました
太鼓持ち的な事もせねばならず 
男との宴席に その女性を連れて来た事があった
そしてダンス教室にも参加をしてくれた
元夫婦と言っていたが 愛人関係の空気ありありで
女性の方が まだ男に惚れているようだった
その女性の事は 
書くと とめどもなく 書けてしまうが
一言でいうなら その男にはもったいないくらいの素敵な女性で 
容姿は勿論の事 心がとても綺麗な人だった
その女性が踊る 歌劇団のラインダンスを一度観に行ったが
踊っている彼女の目があまりにも退廃的で 
自分の気持ちを どうしていいかわからなかった
暗い気持ちのまま それが彼女との最後になってしまったが
今どうしていらっしゃるだろうか
当時
歌って踊る事を生業としていた 下々の者達は 私もだけれど
自分達の人生観には関係なく
昭和の退廃も背負っていたように思う

今時の歌って踊る若者達には
無垢で平和な楽しさがある
なんかいいな 
と 眩しく感じたのでした



ダンスダンスダンス
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

コメント   この記事についてブログを書く
« ブログタイトルの「m」ってなーに... | トップ | 重い槍(おもいやり) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のほほんの記」カテゴリの最新記事