ふきの指定席

なりすまし

大好きなゴンマサの親分に
眉の入れ墨を勧められたが
舎弟としては さてどうしたものか
戸建に引っ越しをしたら
人が意外に多くやって来る
前もって来訪がわかっていれば
それなりに化粧をして身なりを整えるのだが

マンション住まいの時は
管理人さんが常駐していたし
他者が エントランスに 簡単に入場できなく
セキュリティも万全だった
それに慣れてしまっているので
セールスの方 宗教の勧誘等々
その戸別訪問の多きに少し戸惑っている
今の時代もそんな仕事の形態が成り立っている事が不思議である
私は何年間も受け身ではなく
能動的なアクションでの
社会との関わりだったので 
そんな事に慣れていないのだ 
自分の考えや気持ちが優先する
居留守もなかなか難しいので
丁寧に対応することにした
ちょっとボケをかまし 相手の心を
ときほぐすことも忘れない
生きて行くことは大変である
その努力に対しては
敬意を払わずにはいられない

新しい町に移り住んで
まだ2週間にもならないが
町への好奇心も 
そこに住んでいる人の興味も尽きない
半世紀に及ぶ集合住宅暮らしでは
得られない感覚だ
自分ファーストの父ちゃんも
意外に愛想がよく 初めての人との会話も
そつなくこなしている
連休最終日 父ちゃんは1ヶ月ぶりにツーリングに行き
英気を養ってきた
息子は
仕事が忙しく 昨日午前中には帰ってしまった

そうだ
とても嬉しい事に 野良猫ちゃんが
早速挨拶に来てくれました
1分間ほどお互いにガン見
絶対友達になってやる 
できれば家族になりたい
彼?はまた私に会いに来てくれると思う
てなことで  毎日の眉描きが
欠かせません
眉無し てっぺん禿『🦅』では 全ての生き物に脅威を与えてしまう

目は白内緒の手術をし 人工レンズの身
歯はセラミック
頭髪は薄く ウィッグ帽が必要
眉を入れ墨にすると
私は 素朴さから遠ざかり 
完璧になりすまし人間だ
の  ような気がする






読んで頂きありがとうございます ♡♡♡

コメント一覧

gongonmasako
はい ゴンマサであります。
すぐれた親分はかわいい子分に 後悔させることは決して言いませぬ。
迷わず墨を入れなされ。私の通うプールでは 入れ墨者はお断り
の規約ですが なぁに目方が70㌔を軽く超える体ですもの
少々眉に墨を入れようが 難しいことを言いなさんなと割り切って
堂々とプールに入っております。あ 周りを見渡すと水の中には
眉に墨入りの姐さんたちでいっぱいであります。

以前の顔は 汗と共に眉が消え こわ~い顔になっていました。
源氏物語の女性も 眉は申しわけ程度しか付いてないですが
顔が可愛いからね 眉なしでも世渡りができます。
私の場合は眉なしでは ものすごく怖ろしい顔になるため以前の
パスポート写真などは入出国時に 税関で何度も顔と写真を見比べられ
私の番で列が滞りました など諸々の理由がありタトーを入れました。

ふきさん あなたにはまだ30年の人生があります。その間ずうっと
眉ペンを買い続けますか? ぜひとも眉アートをお勧めいたします。
ゴンマサの親分さま
早速のお気遣いありがとうございます
最後に歯医者さんに行ったのは 5年前
その時に完全治療をしたのですが
今も見た目は大丈夫🙆‍♀️かなと
でも行かねばと思いつつ数年経過
全てにおいてそうです
ただただ お医者さんと虫が大の苦手
断末魔にならないと行動に移せません
私の眉はねんきもの
18歳の時栄養失調で抜け
出産で抜け
ミクロゲンパスタを使っても追いつきませんでした
ブロ友さんから教えていただいたのですが
そのミクロゲンパスタも
65歳以上になると効果なしと書いてあるよと
書いてありました
ここまでくれば 指を詰めるしかない
もとい 墨を入れるしかないと
戸建に引っ越しをし とんだことになってしまいました
ところで プールは何年も前に卒業したのですが
先輩たちの眉が 皆さんどれだけ泳いでも
きりりとしていました
不思議だなと思いつつ 憧れの眼で見ていたのですが

ゴンマサ親分の書かれた 一節読み
妙に納得した次第
今後は なんとなく 人様の眉を見ながら話しをしそうです
来年こそ 墨を入れて長年の妖怪人生から
足を洗いたいです 🦶
村永チトセ
えっ眉の入れ墨?今もあるのですか?
 私平成12年12月12月12日に やりました。
でもまだ残っていて風呂に入つてもプールに行っても平気です。
でもこの先だんだんなくなるのではと・・今の内入れておきたい
棺桶に入った時眉のない自分は・・とても嫌です。
 どんなところでやってもらえますか?20年前は美容室でした。
かなりチクチク痛くて・・でも我慢できました。
今はやはり化粧をするとフアンデ―ションがつくので 時には上から少し書きますが、ノーメイクだとちょうどいいです。
入れ始めは濃ゆかったので少しフアンデを塗ると調整できます。

それにしてもふきさんちぃとオーバーでは?美人でスタイルはわからないけど、上品な60代ですよね。何より美人でが第一・・・
生涯一度もその言葉と縁のない私は少しでも太らないように、笑顔でごまかすようにしているのですが、ある時保護者の方が
チー先生はあごのラインが素敵だから‥・えっほんとそれお世辞?でも秘かにそう思うことにして今も必死で2重顎予防の温泉でも100回持ち上げマッサージ、あご中心から耳たぶへ両手で左右に持ち上げます。温泉です。わたしのあしなどはおんせんで
ピッカピカ。色は黒いがピッカピカです。自分でできるのは体型をなるべく維持する(これ以上太らない)でも繭は多分生涯いいです。化粧しなくてもそれほど見苦しくない‥と自分なりに思っています。これは眉のおかげです。
chidoriさんではなく
チトセさま
私も眉の入れ墨なるものを知ったのは
20年程前
私の身近にも 入れ墨をしている人が意外に多くいて
それも韓国で簡単に 施行する人がほとんどでした
18歳の時の栄養失調で眉がぬけ
それから今日に至るまで
薄いまま別段気にすることもなく
生きてきました
眉だけは 再生が難しいなんて知るよしもなくです
今回 テレビで
雅子さまの不動の眉を見
ひょっとしてと 眉の入れ墨を思い出した次第です
寄る年波に勝てず
眉描きが困難になり 皮膚がたるだのもありますが
濃さの判断もつきかね
そして今回の引っ越しで 否応無くの
人との絡みも増え
妖怪のままの姿では まずいと思うようになりました
まだ何も調べていませんが
気持ちも楽になるならと 近い将来挑戦してみようと思います
痛いのは苦手ですが

chidori さんは
社会との関わりの中で 常に緊張感を持って生きていらっしゃいます
ボーっと気ままに生きている私とは
その存在美に
雲泥の差があります
人は1人で生きるに非ずです
朽ちた豚は 臭いだけ
そんな迷惑をかけないようにしなくてはと
思います
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「のほほんの記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事