見出し画像

ふきの指定席

分水嶺

特別な事が無い限り
外出をした時は
「私の庭公園」を通って家に帰って来る
昨日は
北風が強くまともに歩く事ができなかった
踏ん張りがきかないのである
見渡せば 皆さん寒そうではあるが 普通に歩いていらっしゃる
華麗加齢なる戦いは私1人だった

スーパーで買い物をしてきたのだが
レジの若者が 清算したかごを 袋詰めできる場所まで運んでくれた
私の知る限り
お年寄りや妊婦さん等への弱者に対する
店側サイドの決まり事の行動との認識だが
初めてその親切を受けてしまった
とても有難かったが 気持ちは複雑である
まだ電車やバスで席を譲られた事はないが
でもそんな親切は素直に感謝します

朝の通勤時 
私はまだ20代前半で元気が有り余っていた なのに
運よく座る事ができた
いつも半端ない満員電車である
忘れもしない時間は7時半ごろ 
「渋谷」行きの電車内 井の頭線での事
50代に見える女性が ひょっとして40代だったかもしれないが
「明大前」より乗ってこられた
40年以上も前は その年代の女性は 
朝の通勤時にあまり電車に乗っていなかった
珍しい事だった
女性の ヘアスタイル 顔 服装 表情もすべて覚えている
私の前に立たれたその女性に
間髪入れず「どうぞ」と席を譲ってしまった
その女性は会釈をして座られたが 
苦笑いをしての あの何とも言えない表情が忘れられず
その後何度も走馬灯のように蘇る

人は誰しもその瞬間を経験すると思う
自分は自分であるが
誰もが年を重ね 自分が弱者として認識され 
手を差し伸べられる最初の瞬間に遭遇する
私は自分からは
人様に甘える事が苦手で 
それは今もであるし これからもそうであると思う

昨日のスーパーでの 
「重い」1歩も 決して嫌ではなかった
人様の親切に
素直に「ありがとうございます」と従い甘える自分
人生の肩の力が「抜けた」瞬間であった



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

読んで頂きありがとうございます ♡♡♡

コメント一覧

てちこ
そうですね。そういう年代になった!って実感します。
飛行機で着陸後に出る時、皆さん早くから出る準備をされますが、背の高い若い良い匂いのするお兄ちゃん達は、率先して荷物を下ろして下さいますし、通路へも出して来れます。まるで保護して貰ってるようで婆はこそばゆい思いをします^_−☆
ふき
てちこさま

膝が悪いので私の歩く姿は
老いを感じます
戸籍年齢は3月で66歳になりますが
様々なる私の「早すぎる」老化現象は 
自分でもどうする事もできず
観念と向き合う日々です
気持ちだけは誰にも負けないくらい若いのですが(爆)
そも気持ちは皆が勝者ですけれど
同世代の仲間達は 社会に出て働いている人も多く
それも介護や孫守りをしながらです
全然パワーが違います
酒に現を抜かし
猫ちゃんの追っかけをやっている チュー太郎の私
どこで道を間違ってしまったんでしょうか… (´;ω;`)ウゥゥ
gongonmasako
ゴンマサです。相手を労わるか 相手から労わられるか の私の分水嶺は
ずいぶん前になります。まず スーパーで買い物をしてレジでお金を払うに
まごまごしますのでレジの姉さんが あちらに置きますねと言ってサッカー台に
持って行きます。買ったものを荷造りする台をサッカー台と言うらしい。

私だって後ろが詰んでいるから早くしなければ と思い財布を握りしめて
レジ計が出るを待っていますが 支払い終えるまでに人様より時間がかかるため
レジ姉が運ぶということになります。それがもう10年ほど前からなので
同年代より相当動作がノロいです。でも今は 支払いがカードになり
運んでくれることはなくなりました。

白髪染めをやめて2年近くが経ちました。最近行った旅行でもバスへ乗る時など
皆さんが どうぞと先に乗せてくれたり なにへんお年寄りを扱うように
優しくしてくれました。ハクハツ頭は実年齢より確実に5歳は老けて見えますので
こんな時に得します。

乗り物で席を譲られたときは 私しゃそんな歳ではないよ!と思っても
ありがとうと好意を素直に受けます。↑てちこさんが書かれているように
ばあさんになると なにへん世間が優しくしてくれます。これで
いつもにこにこし 優しい言葉で語るようになれば とてもいいばあちゃんに
なれるにの いくつになっても毒吐きまくり の私は家族には愛されませんアハハ。
ふき
ゴンマサさん

私は都区内に住んでいますが
町はずれに越しましたので のどかな田舎町と
あまり変わりません
ひざ中歩いているのは 年金世代のおばちゃんばかりです
若者がいない 
近くには有名な観光地ありますが
「今は」 パタッと人がいなくなりました
 
我が家の徒歩圏内に大手のスーパーが2つあり
ひとつはセルフレジで
ご年配の皆さんはもたつき
店のパートのおばさんがイライラして接客するはめに
セルフレジの意味なし
もう1つのスーパーは 
近所の大学生がアルバイトでレジに入っています
古い世代には 若い人間が相手をしてくれるのはありがたいです
若者達は動きが機敏で優しい
男子学生がレジに入っていたので 迷わずそのレジに
彼は「真面目」なのでしょう
全ての女性が「守る」対象に見えるようです
皆さんのかごをサッカー台(初めてしりました)に❣
彼がアルバイトを辞めない事を祈るのみです

ゴンマサさんの「度々の旅」も
世界が大騒ぎになる前に 日本に戻れてよかった
家ではく「毒」は愛情いっぱいだから (o^―^o)
daxy_2011
いつも楽しく拝読しております。読み逃げですみません。少しだけコメントをお許し下さい。

年齢は、人それぞれですが、60歳の還暦を過ぎると徐々に体力が減少しますね。この時期が一番楽しいです。

また、65歳からは実感として如実に現れてきます。少しだけ無理が効かなくなります。特に足元が危ない。

そこで、第二波は70歳の古希です。ここまで来ると疲れが取れない。体の何処かが痛む、きしむ感じが強い。

昼間には睡魔に襲われていつの間にか爆睡する。こんな感じの毎日ですが、まだまだ生き延びようと考えております。

あははは、ここまで来ると宝くじに当選したようなものです。

どうか、お身体には十分と注意して楽しい毎日をお過ごし下さい。
ふき
アリスさま

私は1954年生まれですが
その年の日本の平均寿命は65歳であると
どなたかがブログで書かれていました
それを読んで 抗うことのできない老いに
無駄に逆らう事はやめました
心も身体も ボロボロですが 自然体で生きております
ブログも自然体で書いております
いつも読んで下さり リアクションも沢山して頂き
ありがとうございます
とりあえずは古希を目指します
アリスさんのように 宝くじに当選したと思える
そんな心身であればいいのですが…
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「のほほんの記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事