ふきの指定席

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
そんな人生です maybe…

「人生は上を見ても下を見ても限がない」

2019-07-10 05:29:12 | のほほんの記

「あなたは道楽者だね…」
人の価値観など人それぞれである
本当は「怠け者」と言われているのだ
なんと言われようとも気にしない
辛辣な言葉も 美辞麗句も
心に届かず 流れ行くのみ
ブログに記し 記憶の印を押す

小学生の時 日記をつけていた
親に対する悪態を書き連ねていたら
それを盗み読みした長兄が
その時 そばにいたから その表現はあたらないか
あの時なぜ読んでは駄目と怒らなかったのか
今になって思えば「ブログ」を書く心理と同じであったかもしれない
小学生時代からよく新聞にも投稿し
何回か掲載もされている
書いた内容もなんとなく覚えているが
今ならネットで紐解く事も可能かな…
で 日記を読んでいた兄が
「なんとひどい日記だ」と言いながら
タイトルに示した言葉を 日記に記してくれた
私と長兄とは 11歳年が離れているから 
その時の兄はまだ20歳そこそこの青年だった

父は小1の私に対し
「良い先生に当たる事は 宝くじに当たるより難しい」と言い放ち
兄は 
「人の人生は…」を記してくれた
事あるごとに 思い出す人生訓である

「先生さま」には冷静に対処できるようになり
少なくともそれ以降の日記には 一切人の悪口は書かなくなった

今ブログには自由な思いを書かせてもらっているが
それはまぁいいやね 許していただこう

ただかけて頂いた言葉を鷹揚に受け止めてしまう
枯れてしまった我が感性は
自分でも 寂しく さもしく 
これも年を重ねた事の処世術と思い
ブログに日々記憶の印を押す私です
 

 


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 河内音頭 | トップ | お酒はぬるめの燗がいい🎶 私... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のほほんの記」カテゴリの最新記事