浅野隆雄 この青空をいつまでも

社民党北海道の浅野隆雄のブログです。明日を担う子どもたちに、明るく平和な社会を残す為の活動や思いを書いていきます。

9月29日(金)のつぶやき

2017年09月30日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
コメント

9月29日(金曜日)

2017年09月29日 | 篠路高校と拓北高校を守る会

ついに北海道も今年初の氷点下を記録し、霜を記録するなど相当に冷え込みました。

政界の熱い動きとはうってかわってるのですが。

今日も市民団体の皆さんが「野党共闘の推進を」との要請に見えられました。

政界の再編での忸怩たる思いがそうさせるのでしょうが、ママの会の女性の方は「戦争法や共謀罪の廃止など求めて懸命にやってきて、今回の動きはとても理解できない」と悔しさを強くにじませ声詰まらせました。

その気持ちが痛いほどにわかり、グッときました。

 

これからも懸命に努力しあきらめず粘り強くやりとげましょう。頑張りが実を結び共闘も進んできた事実あるし、選挙まで、選挙後も・・・と申し上げましたが。

 

 

痛みやつぶやきやこだわりは小さいかもしれませんが、だれのためなんのためかを自問しながら歩むことの大事さと、選挙で問われるべき柱であると強く思いました。

行くの?出るの?どうするの?とかのおもしろ的報道ですくえないものにこだわりたいです。

寒さ強まる日々、風邪ひかぬようにご自愛ください。

2日で暦が変わりますが、良い週末を。酔いたいですね。拝

コメント

9月28日(木)のつぶやき

2017年09月29日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
コメント

9月28日(木曜日)

2017年09月28日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
衆議院解散の日を迎えましたが、午前中に医労連さま、学者の会さまから、野党共闘の推進に関する熱い要請を受けて、懇談意見交換もさせてもらいましたが、風雲急を告げる政界再編への不透明さと積み上げの見通しが予測できない事態のもどかしさもあり、別途の対応も必要なこと痛感しました。


12時のわずかの時間での解散強行に対して、談話と豊巻絹子副代表先頭に街頭宣伝を行い、解散抗議と総選挙での信を問うべき安倍政権への批判を徹底しました。





































冷え込み強まる中ですが、沖縄や一次産業現場での苦労に想いを馳せる政治での国民主権回復など、置き去りに出来ない事態山積です。ガラガラポンでは解決されるはずもありません。
共闘の事態も混沌ですが、責任の所在含めまっすぐ進むのみです。



自己都合優先で動く政治への不信は大ですが、正義は立つ位置により違ってくるとの昨夜のテレビドラマのセリフをかみくだしながら、イザです。拝







コメント

9月27日(水)のつぶやき

2017年09月28日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
コメント