浅野隆雄 この青空をいつまでも

社民党北海道の浅野隆雄のブログです。明日を担う子どもたちに、明るく平和な社会を残す為の活動や思いを書いていきます。

 GWに入りました。

2011年04月30日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
昨日29日は、石狩市議会議長片平一義さんの後援会事務所開きが行われました。自身6期目現職で、5月15日投票の市議選に7期目を目指す58歳の方です。

後援会長あいさつにつづき、石狩田岡市長あいさつ、地元道議、民主党あいさつのあと、私が挨拶をしました。
東日本大震災の犠牲といまなお大変な苦労を強いられてる方々に心から思いをはせながらも、8日からの選挙戦で正々堂々と政策を街づくりへの思いを訴えながら、平和、いのち、くらしを何よりも大事に掲げる片平さんへ大きな力を、子どもたちの未来を明るく、原発なしで暮らせる社会へと邁進するために、何としても片平さんの勝利を社民党からも強くお願いします。とご挨拶をさせていただきました。

片平候補のあいさつは大変力の込もったものでした。花束贈呈と乾杯ならぬ「がんばろう」で閉会となりました。8日からの選挙戦に力入れ頑張ります。

この日は、大通り公園6丁目広場で自由と生存の連帯メーデーIN札幌2011が開催されました。さまざまな課題を掲げる自主的なこのメーデーもすっかりと定着してきましたが、全国的にはすでにメーデーがGW連休初日の29日へと移る中、北海道のメーデーは天気予報が雨の中明日開催されます。
働く人の地位向上と権利確立、雇用確保などの課題解決に向け団結と闘争前進が急がれる昨今、集会の大いなる成功と労働者の闘いの前進を祈念し頑張ります。

今日午後の集会、はんかくさい(反核祭)は予想以上の人人の参加で前売り券取得者優先入場で当日参加者は後からとなり、入場できない方が多数となりました。原発なしで暮らしたい!という市民の声はいまや多数なのです。
コメント

 いろいろな動きがありますが。

2011年04月28日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
火曜日の国家質疑では、ある議員が「選挙の勝ちに不思議あり。選挙の負けに不思議なし」と首相にたたみかけ、選挙敗因を鋭く説いていました。
「負けた選挙には、何らかの負けたなりの原因があり、自然現象ではない」ということ、胸に心に痛くしみる話でした。


一方で、東北地方を中心に多発している地震は、被災地の人々の不安な気持ちに大きな影をおとすばかりです。また、厚生労働省で検討されてる、原発作業員の被ばく線量について、通常時は年間50ミリシーベルトとする上限規定を撤廃する検討を始めたという動きは、通常時とは別に、緊急時の被ばく線量について厚労省は先月、福島第1原発の復旧作業に限り、100ミリシーベルトの上限を250ミリシーベルトに引き上げる特例措置を設けていることと併せて、とても容認できる話ではありません。
原発増設にストップ!すみやかな総点検!原発なしで暮らせる社会は至極当然のことのはずです。


お日さまがさす中の突然の雨、家路へと急ぐランドセルピカピカの新小学一年生は「天気雨、天気雨」と言ってはしゃいで道路を走っていました。くったくのない明るい笑顔と表情は、大人の気持ちをもなごますものです。
平和、安心安全、子どもたちの未来、何よりも大事と痛感するばかりです。
コメント (1)

 4.26チエルノブイリデーです。

2011年04月26日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
1986年のソ連のチエルノブイリ原発事故から25年目の今日、昼は大通りで市民集会、昨夜は記念講演会であった。
福島原発事故の終息もいまだめどがつかない中、25年前の大惨事に、そして今日にいたる惨状に目を向けることは極めて重要でもある。今にいかすこと。


選挙後半戦も終わり、ご報告やお礼の電話などが相次ぐ。声かすれてる方など激戦の跡も見受けられる。
道議に挑戦されて惜しくも実を結ばなかった方の来訪には「ぜひ、捲土重来を!」と言葉をかけるがショックは計り知れない。
その後、ご当選された道議の方も見えられたが、やはり表情は明るい。
選挙でのご奮闘にまずは敬意を表する。そして明るい住みよい地域の再建に大いなるご活躍をと願うのみである。
コメント

選挙結果です。

2011年04月25日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
統一自治体選挙後半戦の結果です。
候補者はじめ関係各位のご奮闘には心から敬意を表する次第です。本当にお疲れさまでした。


統一自治体選挙後半戦候補者一覧

市議会議員選挙              定数 順位 得票          
名寄市 公認 熊谷吉正 4期現職・63歳 20 12 742
名寄市 公認 竹中憲之 2期現職・65歳 20 16 621
旭川市 推薦 藤沢 勝  新  人・60歳 36  5 4150
釧路市 推薦 宮田 団 2期現職・37歳 28 21 2314
函館市 推薦 小山直子 2期現職・54歳 30 16 3732
室蘭市 推薦 佐藤 潤 7期現職・70歳 22 13 2233
滝川市 推薦 渡辺精郎 3期現職・71歳 18 18 863
網走市 推薦 鈴木 修 5期現職・66歳 20 次次点662

町議会議員選挙
新冠町 推薦 寺田孝男 4期現職・73歳 12 10 228
美幌町 推薦 坂田美栄子5期現職・62歳 14 14 531
新得町 推薦 廣山輝男 2期現職・69歳 12 無投票
 
コメント (1)

 選挙の結果は・・・

2011年04月24日 | 篠路高校と拓北高校を守る会
統一自治体選挙後半戦の開票結果も次々と判明。推している方々の「当選」の報は何よりの喜びであるが、投票率の下がり方なども一方では気になるところである。
道内2市長に30代の青年市長誕生、現職の敗退なども。また東京の世田谷区長には激戦を制して元社民党衆議院議員の保坂展人さんが見事当選など、大きな動きも。
とにかく各位のご努力ご奮闘には頭が下がる。
コメント