とうちゃんのぷらぷら日記

アウトドア系の日記及びうんちく

ジャポニスム展 ルーラン夫人に会いに行く

2014-08-31 17:33:35 | 音楽 美術
世田谷美術館のジャポニスム展の中にゴッホの「子守唄・ルーラン夫人」の絵があると聞いて、
急遽行ってきました。

中学生のころの私は、ゴッホにたいへん憧れていました。
安物のゴッホの画集を買い、さらには油絵の道具一式まで買い込み、
なんとかゴッホのような絵が描けないものかと本気で考えていたのです。
ルーラン夫人の肖像画はゴッホの絵の中でも特異なイメージがあり、すぐに記憶に残りました。
なんだか夢の中をイメージしたような背景の花模様は、とても印象的です。
これも浮世絵の影響だったんですね。

ジャポニスム展の絵を見てきた感想です。
作家を相撲の番付風に書くと

東方 歌川広重 東京都出身
   葛飾北斎 東京都出身

西方 フィンセント・ファン・ゴッホ オランダ出身 
   エドヴァルド・ムンク ノルウェー出身
   クロード・モネ フランス出身

といったところがやはり格が違います。

個々の絵では
ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)モネ 
ポスターになっている絵です。
実物はけっこう大きく、なるほどジャポニスム展の目玉の絵になるような華やかさがあります。

夏の夜の夢(声)ムンク
一目見て吸い寄せられる絵です。
さすがムンクの名声は伊達ではない。

子守唄、ゆりかごを揺らすオーギャスティーヌ・ルーラン夫人(子守唄ルーラン夫人)ゴッホ
本物は色が鮮やかですね。

名所江戸百景 する賀てふ
名所江戸百景 神田明神曙之景
名所江戸百景 愛宕下薮小路
歌川広重
1856年安政3年、1857年安政4年の作品です。
東海道五十三次は1833年ごろの作品なので、後期の作品になりますが、
大胆な構図と繊細な絵は、色彩の効果もすばらしく、保存状態も極めて良いものです。
これは注目すべき浮世絵です。
歌川広重(安藤広重)のすごさにあらためて感動します。

富嶽百景 初編 
北斎漫画
いずれも本の装丁になっているものです。
葛飾北斎

絵は目の前で見れるようになっています。
こんなに近寄ることが出来てよいものかと思ってしまいます。(防犯的に)

世田谷美術館は我が家からとても近いです。
オートバイなら30分もかかりません。
それでも来たのは初めてでした。

砧公園のバイク駐車場(美術館入口にあるバイク置場です)

コメント

浜なし 浜ぶどう

2014-08-25 22:15:36 | 料理 食 道具
我が家の隣の農園のKさんから、ぶどうやなしをいただいた。
横浜産のぶどうやなしは、浜なし、浜ぶどうと呼ばれ、ブランドとなっている。
Kさんの農園では市場に出すことなく、すべて自分のところで売り切ってしまう。
この時期になると、取れたてのなしやぶどうを買おうと朝早くからKさんの家の門に向って長蛇の列ができる。
我が家では長年の付き合いのよしみで、毎年出荷前の初物をいただいているのである。


ぶどうは藤みのりという品種だと思うが、とてつもなく粒が大きくて甘い。
ぶどうの実がぱんぱんだ。

もちろんKさんはこのぶどうをたやすく作り出しているわけではない。
過去には他所の農家で修業をし、
絶えず研究をし、
こまめな手入れのすえに実っている尊いぶどうやなしなのだ。

ありがたくいただきます。
コメント

雨の日にはジャズを

2014-08-23 13:53:28 | 独り言
雨が降りだしたので
今日は家の中を掃除

山道具を片付け
登山靴はタワシで泥をはらい
保革油を塗っておきます


玄関にはなぜか顕微鏡が飾られていました
娘が夏休みの宿題で使うようです



こんな時にはレコードを聞きながら掃除をします。


ウィントン・ケリー
ケリー・ブルー

ビリー・テイラー
ウォーミング・アップ

ジョヤ・シェリル
SUGAR AND SPICE

今日のナンバーです。

特にビリー・テイラーのウォーミング・アップは好きです。
掃除が楽しくなります。


いつしか座り込んで聞き入ってしまいます。
1950年代60年代のジャズのレコードには心にしみる演奏のものが多く
ジャズのことはよくわかりませんが
こんな演奏が聞けるのなら
ライブハウスなどへも行ってみたいものです。
コメント

スーパーカブで行く 八ヶ岳 編笠山 権現岳 三ツ頭 8月18日権現岳へ

2014-08-19 16:21:15 | 山行
青年小屋の朝5:00の気温は13度でした。
やはり下界とは次元の違う涼しさです。
食事の時には小屋のストーブに火が点いていました。


小屋の食事は夕飯も朝食も5時半からです。
食事中の音楽はもちろんバロック
今日の一曲目はアルビノーニのアダージョです。
すばらしい曲には違いありませんが、
ただ今日のこれからを暗示しているかのような重い曲調は
ちょっと不吉です。

2曲目はヘンデルの水上の音楽 
やはりこのぐらい明るくゴージャスにいきましょう。
ところが、こちらもタイトルの水と言う文字が少し気になります。

出発は6:30と遅めにしました。(その間に少しでも天気が良くなればと願いを込めて遅くしましたが)

権現岳近くまで登ってきましたが、視界はこれが精一杯


権現小屋も霞んでいます。


権現岳山頂も霧の中でちょっと絶望的


しおしおと三ツ頭へ向かいます。

途中2500mほどの稜線を歩いていると猫がいました。
驚きです、なんでこんなところに猫がいるのでしょうか


うーんこれはもしかして、権現様のお使いの白猫にちがいない
私はそうかってに決めて、あわててお願いをしました。

白猫様、白猫様 
私は昨日朝の2時に起きてはるばる武蔵の国から参ったものにございます。
権現様に一目お目にかかりたく、こうして登ってまいりましたが生憎の天気に難儀しております。このうえは白猫様のお力におすがりするしかなく、なにとぞよろしくお聞き届けねがいます。

白猫
さても哀れな登山者よ、しからば私から権現様へお願いし、お姿が見えるよう取りはかってしんぜよう。
そなたは三ツ頭へ向かいて、そこから権現様を今一度拝むがよい。
白猫はそう言うと立ち去りました。


さて三ツ頭からの展望です。


あら不思議 権現岳を中心にあたりの視界がひらけました。
ありがたや白猫様

さすがに赤岳までは、権現様のご威光は届きませんでしたが、なかなか十分な展望です。


こちらは編笠山 青年小屋方面



稜線には赤トンボや蝶が乱れ飛んでいました。
ベニヒカゲやクジャクチョウ
キベリタテハなどが見られました。



昭和天皇もお好きだとおっしゃっていた センノウ


観音平到着



帰りは 近くの延命の湯に入り蕎麦を食べて帰路につきました。

<コースタイム 登山>

青年小屋6:30 ― 権現小屋8:20 ― 権現岳8:35

三ツ頭9:30~10:15

延命水12:15 ― 観音平分岐12:30 ― 観音平13:00

<コースタイム オートバイ>

道の駅小淵沢15:00 ― 相模湖18:30 ― 帰宅20:00

ガソリン代 約1000円
コメント

スーパーカブで行く 八ヶ岳 編笠山 権現岳 三ツ頭 8月17日 青年小屋へ

2014-08-19 10:25:08 | 山行
午前3時出発
天気もあまりよくないのにご苦労なことです。
夜行電車があれば利用したいところですが、今は夜行電車や路線バスがどこでもほとんど無くなってしまっており不便になりました。

道の駅甲斐大和で休憩


途中コンビニで朝食と昼のおにぎりを買い
道の駅白州に到着
なんだか雲行が怪しく、登山口の観音平に着いてから雨の中バタバタしないよう
ここで登山靴に履き替え、すぐに出発出来る体制を整えました。
(スーパーカブはリターン変速ぺダルなので登山靴でも運転できます)

(韮崎より先朝の早い時間だとやっているガソリンスタンドが少なくなります注意)


観音平着 道の駅白州からすぐです。
事前情報では林道沿いに車が止まっている光景も想像していましたが、さすがにこの天気では、まだ駐車場にもゆとりがあります。


それでは出発進行

すぐに植林の綺麗な樹林帯に入ります。
2000mぐらいになると北八ヶ岳の森にそっくりとなります。
深呼吸をすると北八ヶ岳の匂いがする?


編笠山には北八ヶ岳の高見石や中山あたりと同じく、大きな岩を敷き詰めたような岩稜地帯が広がっていいます。
どうしたらこういう地形になるのでしょうか。
北海道のトムラウシ山のあたりだと、これがもう少し岩が小さくなり、歩いていると岩の上からナキウサギがキキと鳴いて出迎えてくれます(本当は仲間にへんなのが来たから気を付けろと言っているのだと思いますが)


編笠山到着


今日は青年小屋泊まりなので、少し時間が早すぎます。
展望があれば時間をつぶせるのですが、ちらっと麓のあたりが見えたきりで、まったく期待できません。
おまけにコバエがうるさい。
しかたがないので、青年小屋へ向かいます。


青年小屋から編笠山


青年小屋はL字型をした構造になっています。編笠岳側が宿泊部屋で東側が食堂です。

青年小屋の見栄えはかなり怪しい。
ブリキのトタンを打ち付けた外壁にはサビも目立ち、
本当はオジサン、オバサン小屋なのではといぶかしんでいましたが
スタッフは、納得の青年達でした。

今日の宿泊は10人(私は1部屋を別の単独の方と2人で使用)

<青年小屋注意事項>
青年小屋は扉が多い。宿泊棟、談話室、食堂、それぞれにドアがある。初めてだと入っていいものかよくわからない。
トイレはポットン式 トイレの紙は各自用意。(小屋の外にはバイオトイレがある)
水は小屋から4、5分の乙女の泉の水場まで汲みに行く。(小屋の水は雨水)

乙女の泉(おいしい水です)


食事
品数多く美味しいです。夕飯のアジフライ 朝のシュウマイ(奥さんの手作り)が名物のようです。(テーブルやイスは重厚なウッディ調で贅沢なもの)
そして部屋の奥にはチェンバロが置いてあります。
ここは知る人ぞ知るバロック音楽やギター演奏で有名な山小屋なのです。
当然食事の時にはバロック音楽が流れる格調高いもの(もちろんCDですが小屋の音響効果がいいのでしょう。パイプオルガンの低音も聞き取れるなかなかの音質)

青年小屋 談話室


<イベント情報>
平成26年8月30日(土)バロック音楽の生演奏会が開かれます。
第15回夏の終わりのコンサート 

平成26年9月27日(土)落語の会
空にいちばん近い寄席 山落語

以上小屋のポスターからの情報 詳しくは青年小屋へ問い合わせてください。

<コースタイム オートバイ>
出発3:00 ― 相模湖4:30 ― 道の駅甲斐大和5:40~6:00
道の駅白州7:40 ― 観音平8:10

<コースタイム 登山>(天気曇り 16:00ごろよりまとまった降雨あり)
観音平8:40 ― 雲海(1880m)9:35 ― 押手川分岐10:25
編笠山12:05~12:30 ― 青年小屋12:50
コメント

三条の湯から飛龍 雲取山 8月8日 三条の湯からオサラ峠 丹波

2014-08-09 16:59:18 | 山行
さよなら鹿くん

三条の湯風景

三条の湯では薪がそこかしこに山積みになっています。
お風呂も薪で沸かしているのでしょう。
他の山小屋と比べても薪の量は、はるかに多そうです。
そういえば小屋の受付の前には、かまどもありました。


こちらは木を乾燥させている途中なのでしょう、今年あたり薪割りですかね。


これは山百合と並んで巨大な株の玉アジサイ
やはり山小屋の前にあります。


三条の湯は思いの外泊まり客が少なかったです。
私は2日間とも、一人で一部屋使わせていただきました。

今日は曇り空で、雨はなんとかなりそうな雰囲気なので(ちょっとだけ降られました)
帰りは行きの林道ではなくオサラ峠を越えて
丹波へ抜けることにしました。

最後に、三条の湯周辺の森をもう一度振り返りましょう。

これは、縦走路から、前飛龍方面の景色です。いい森ですね。


ちなみに前飛龍の向こう側小常木谷は昔登ったことがあります。
(ここで自慢入りました)(*´∀`*)

こちらは針葉樹の森です。広葉樹林が中心と思っていましたが針葉樹の巨木もあります。


はいキャメラさんちょっと止めてください。
このブナの木は根元が曲がっていまねヽ〔゜Д゜〕丿
雪国のブナみたいですね。


それでは丹波へ向けて出発です。
起伏の少ない峠道は生活の道の趣があります。
この道でも鹿を見かけました。

これは、ワサビ田の跡でしょうね。今は作っていないようです。
(あるいは鹿などに食べられてしまうのでしょうか)


オサラ峠に到着


丹波側は赤松などの明るい植林帯です。
オサラ峠から丹波への道は思いの他時間がかかりました。

途中ケモノよけの立派な柵が畑という畑にめぐらされています。
しかも高圧電流付き


あれだけ鹿などの野生動物がいると、
被害は深刻となりましょう。
野生動物対人間の戦い。(・□・;)

丹波着
バス停近くの共同の洗い場です。大量の水が流れています。


丹波のバス停は昭和レトロでした。


オサラ峠までは原生林で、野生動物の影が濃い所です。
今回の山行で出会った動物は
テン 1匹
鹿 三頭
ヒミズ(モグラの仲間)1匹(死んじゃってましたけど)


<コースタイム>
三条の湯7:15 ― ワサビ田8:40 ― サオラ峠10:20
丹波バス停12:35
コメント

三条の湯から飛龍 雲取山 8月7日 飛龍山から雲取山

2014-08-09 11:22:25 | 山行
小屋の裏手から歩き出すと、さっそく鹿の鳴き声があちこちで聞こえ、
動物の糞も目に付きます。


カンバ谷で休んでいると、山の斜面を上から乱暴に駆け降りてくる者がありました
音の方を見るとイタチのような動物が登山道に立っており、不思議そうな顔をしてこちらを見ています。
しばらく見つめ合うこと2、3秒、その動物はすぐに身をひるがえして走り去りましたが、何を思ったのか近くの岩の上からもう一度こちらを確かめるように覗いてから立ち去りました。
イタチの様な動物は猫ぐらいの大きさがあり、
帰ってから小屋の主の写真集で確認したところ
テンと言う動物のようでした。小屋の主は親しみを込めてテン吉と解説文に書いていましたが、テンは三条の湯の周りに沢山いるようで、一番写真の枚数が多い動物でした。


主脈縦走路に入るとシャクナゲが目に付くようになります。
本当は縦走路の途中から直接飛龍山へ登るルートで山頂に行くつもりでしたが、
分岐を見落としてしまい、飛龍権現まで来てしまいました。
石の祠には一円玉と五円玉が沢山お賽銭で置かれていました。


ここからの飛龍への登路は表参道らしく、シャクナゲやコメツガなど美しい森の中を進みます。(´▽`)


山頂はやはり地味


これがショートカットの分岐の目印でした。


狼平という勇ましい名前の場所は
苔に覆われたまあるい湿地のような所
狼が輪になって踊っていたのでしょうか。


三条ダルミには鹿がいました
はいポーズ


雲取への登りで見つけたセンチコガネ

動物の糞がこれだけあればセンチコガネも食料に事欠きません。

雲取山から飛龍山方面を振り返る。


三条の湯への下り、水無尾根には白い岩がゴロゴロと転がっています。
そう、この下あたりには青岩鍾乳洞があります。
ここでも鹿を見かけました。


三条の湯には予定通り4:00ぐらいに帰りつきました。


<コース概況>
とてもよく整備されている道です。足を痛めるような段差も少なく、天候さえ安定していれば楽しく歩けます。ただし谷は急峻で、一歩足を踏み外せば奈落の底といったところが随所にあり、気を緩めるのは禁物です。
野生動物を育む奥秩父の森は大変魅力的です。
突然の野生動物との遭遇も楽しいハプニングです。(ただし最近は熊の出没も多くなっているそうです)

<コースタイム>2014年8月7日
三条の湯6:30 ― カンバ谷7:50 ― 北天のタル9:00
飛龍権現9:40 ― 飛龍山10:00 ― 狼平11:50
三条タルミ12:25 ― 雲取山13:25~14:00
三条の湯16:05
コメント

三条の湯から飛龍、雲取山 8月6日 三条の湯へ

2014-08-08 21:42:03 | 山行
今週は水曜から夏休み。
ですが
天気予報では金曜ぐらいから崩れてきそうな雰囲気が
台風が来たら遠くの山に行くと帰ってこられないかも
それでは困ります。
そこで今年は、近くて便利な奥秩父、三条の湯をベースに飛龍、雲取を巡る計画を立てました。
しかも、いざとなったら飛龍だけ、雲取りだけ、最悪温泉だけ、というように
どのようにもプランを変更できる安全策の登山計画です。

奥多摩の駅から12:35の丹波行のバスに乗り、お祭下車13:15


ここから長い林道歩きが始まります。
気温は30度を優に超えているでしょう。
ひたすら暑い林道歩きと体がまだ慣れていないせいで
めまいで頭がクラクラ。

この辺の橋は昭和40年前後に作られたもののようです。


歩き始めると、やはり奥秩父、
林道歩きとはいえ、深山幽谷の趣があります。


林道終点にようやく到着
三条の湯の受付最終予定時刻4:30まであと30分。
ぎりぎりの感じです。


沢から小屋のまでの道を登りきると、
思いもよらぬ花の香りのお出迎え、(注)さわやかサワデーにあらず
この香りは、山百合の香り。
小屋の受付の所まで行くと、立派な山百合の大株が何本も咲き誇っていました。

私は山百合が大好きです。
こんなゴージャスな山野草が他にありましょうか。



小屋の軒下には、昔なつかしい玄人の背負子が展示品のように並べてありました。
かっこいいですね。


温泉はこんな感じです。
風呂場の下に三条沢が流れており、風呂の窓からは正面にもみじ、すぐ横にヤマボウシがまだ青い実を付けていました。
(秋から晩秋のころは特にすばらしそうです)


沸かし湯の鉱泉ですが、
お湯はほんのり温泉の香りがします。
ぬるめのお湯ですが、お肌がすべすべになる美人の湯でした。
(名湯です)

温泉だけでも来る価値はあると思います。

今日は林道歩きで3時間サウナに入っていたようなものでした。
おまけに温泉にも入っちゃいましたので、夕飯の時に飲んだビールは
格別でした。

そこで三条の湯にて
一句詠める

冷たさや
喉にしみいる
アサヒかな

翌日再び詠める

冷たさや
喉にしみいる
キリンかな

お粗末
(小屋のビールはアサヒスーパードライとキリン一番搾りでした)

<コース状況>
後山林道の通行止め解除の予定は今のところないそうです。
片倉橋のゲートのあたりでは現在林道の補修工事を行っており、ダンプカーやミキサー車が通行しています。駐車スペースは本当に僅かで、大きい車は無理です。
林道での車の利用は考えない方がよいと思います。
コメント

クワガタ取り(少年の日の思い出)

2014-08-03 11:29:37 | 昔の話
小学生のころの夏休みの日課は
毎朝クワガタ取りに出かけることだった。
家の者が起きないうちから布団を抜け出し
家に近いクヌギの木から順番に回って行く。
回る場所は決まっていて
目的の木の1本、1本にクワガタが来ていないかを確かめながら回るのであるが、
猟師が仕掛けた罠を確かめに回るのと同じで
妙に興奮した。

まずは、目で見てチェック、
続いて幹を足蹴り3発、
パラパラと、枯れた木の皮などと一緒に、
大きな音がして落ちたものがあれば、
それは
大抵クワガタだった。

落ちたとおぼしき場所に駆け寄ると
そこには、手足や触角をすぼめて死んだふりをしたクワガタが転がっていた。
クワガタは「へへへ、坊ちゃん、あっしは、もう死んじまったつまらない虫けらですぜ、こんなのは、ほっぽっておいて、もっといいのを探したらどうです。」と無言のアピールをしているのだが、非情な少年はお構いなしに虫かごに入れていく。

大きなクヌギには
幹から樹液の出ているものがあり、
格好なクワガタ取りのポイントになっていた。
こういった所には、カブト虫やクワガタの他にも、スズメバチやカナブン、ヒョウモンチョウ、といった虫達も集まっていた。

少年の獲物のランクはこうだ
最上位にランクされるのは
大型のノコギリクワガタで
カブトムシをも凌駕する風格がある。
赤黒く光るボディには、ブランドシンボルのおおあごが絶妙なバランスで付いており、
スポーツカーのようなフォルムがまた美しい。

捕まえた時
身をのけぞるようにして威嚇するおおあごには、
野生の力がみなぎっており
男の子を興奮させる雄々しさに溢れていた。

他は、
定番のカブト虫、コクワガタ
シロスジカミキリなどだ。
また、少年のその日の気分で捕獲するものには、
メスのクワガタ(メスは基本的には狩猟対象外だがサンプルとして何匹かを持ち帰る)
コメツキムシ
ヨツボシケシキスイ(ちょっとマニアックな甲虫)
コフキコガネ
カナブンなどがあった。


<クワガタ取りのポイント>
1.雨の日にはクワガタは来ない
  雨の中では、クワガタも飛ぶことができないのだろう。
  クワガタ取りは中止となった。(休養日)

2.やはり明け方が一番
  あまり暗い内だと人間様の方の目が見えないので無駄足となる。

3.日中は虫達もお休みだ
  クヌギの木の下に掘れるような土がある場合にはその中にクワガタが隠れていることがある。
  (夕方から活動開始となる)

4.虫は果物がお好き
  桃やスイカの皮など、(傷んでいるものがgood)を周りの視界のきく木の下などに置いておくと、
  カブト虫が取れまくりとなることがある。
  しばらく同じ所に置き続けることでやってきたメスのフェロモンが定着するのか、
  日増しに取れる量が多くなった。

5.コクワガタは5月くらいから取れる
  越冬する成虫がいるのか、枯れた木の幹が転がっていると、
  その下にコクワガタがいることがよくあった。
  季節ハズレと思っていてもコクワガタだけは例外的に取れる。
コメント