めんどりおばあの庭

エッセイと花好きのおばあさんのたわ言

天声人語を読んで疑問が解けた

2018-10-08 12:36:26 | 日記


 昨日と打って変わって半袖でいたら、少し肌寒い。

 室内温度24℃、ま、いいかと、そのままでいる。

 昨日、珍しく、じっくりと新聞を読んだ。

 我が家は朝日新聞、最近、世間で色々と言われている新聞だが、私は生まれた時から朝日新聞だ。

 小学生の頃から新聞の連載小説を読んでいたおませな子だった。

 ところが、最近は連載小説どころか、新聞に目も通さない日がある。

 ブログを始めてからのような気がする。

 ニュースはネットで見るし…

 asahi.comも登録している。

 親方は新聞を隅から隅まで読んでいる、読みながら、

 「おい、良い記事だ、これを読んで見ろ!」と、新聞を寄越す

 お節介だが、為になる記事が多い。

 昨日は、新聞受けから新聞を取り出し広げた途端に「天声人語」が目に飛び込んできた。

 玄関先で立ち読み、目からウロコ、昨年来の疑問が解けた。

 昨年、近くにあったガソリンスタンドが二店、相次いで閉店した。

 この地に住んで50年以上利用していたガソリンスタンドだった。

 駅の近くにあったガソリンスタンドも壊してビルが建った。

 相次いでの廃業は何故?

 老朽化したから?

 閉店の張り紙がされたままの店の前を通る度に疑問に思っていた。

 10月7日付けの天声人語が、私の疑問に答えてくれた。




 国内のガソリンスタンドはこの四半世紀で半減した。

 廃業は年に一千軒のペースに達した。

 マイカー離れでガソリンの需要が落ち込んだ。

 老朽化した地下タンクの改修が義務づけられ、経営を断念する人が増えた。


 給油所に支えられて暮らしている人々、この先、どうなるのだろう…

 寒い冬の灯油の確保もままならなくなるのだろうか?

 わが家は引き売りの灯油屋さんが頼りだ。


昨日の雲














コメント (4)