駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

自己責任の怪

2019年12月07日 | 小験

           

 

  先日、景色の良い人気レストランに昼食を食べに行った。メイン料理は魚だったのだが、料理が冷めないようにか余熱で調理するのか、お皿が高温に熱せられていた。運んできた中年の偉そうな給仕が、「お皿が熱いのでご注意下さい、触るのは自己責任でお願いします」と奇妙なことを言う。えっ自己責任で?、どうしてそんな言い方をするのだろうと家内と訝ったことだ。誰か注意したのに皿に触って火傷して、揉めたことがあるのだろうか。そうとしてももう少し、レストランらしい言い方があるのではないかと思った。

 因みに皿は外縁は暖かい程度で、火傷するほどではなかった。揚げられた鱈は上手に味付けされており、とても美味しかった。

 医院に水のサーバーが置いてある。赤い方の取っ手を押すと熱湯が出るが、別に手に掛けて火傷しても自己責任ですとは書いてない。サーバーの会社はきちんと考えていて、子供が火傷しないように取っ手に工夫がしてある。向こう側へ倒して押さないと熱湯は出ないようになっているのだ。幸い火傷した患者さんは居ない。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 単純明快なのに? | トップ | 演技力の問題 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kentagoo1208)
2019-12-07 11:38:15
そういうことを言わざるを得なくなってしまうことがあったのでしょうね。気の毒に思います。
Unknown (arz2bee)
2019-12-07 16:25:36
 たぶん、そうだろうと思います。まあしかし、自己責任という言い方は、レストランには相応しくないと感じました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小験」カテゴリの最新記事