駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

安倍首相、読まれたのだろうか?

2018年01月25日 | 政治経済

 

 今朝の冷え込みはかなりのもので、ひょっとして氷点下だったかもしれない。手袋をしていても手がかじかんでしまった。

 安倍首相が平昌のオリンピックに出席すると報道されている。世論の動向を読んでと言うことらしい。私も出席をお勧めしたのだが、まさかこのブログまで目を通したということはないと思う。公明党に配慮したのだろうか。人気に相乗りで支持を稼ごうとする役者の安倍さんの面目躍如だが、異質の文在寅からスポーツの祭典で談判ですかと冷たくあしらわれそうで、出席したけれど減点だったとならないことを祈りたい。

 世界を飛び回っている割には、平和の使者としてはさほど評価は高くないようで、外国のメディアの方が敵愾心の強い安倍首相の本態を見抜いているのかもしれない。肝胆相照らす?トランプの口からも、森の石松のようになかなか名前が出て来なかったと報じられている。本当のところ、自民党内での支持も高いのだろうか?、対抗馬が居ないだけ、恐れられているだけかもしれない。どうも自民党内の意見が表に出て来ないが、なんだか不自然な感じがする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代の変化に流されてしまう | トップ | 談合の根は深い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治経済」カテゴリの最新記事