駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

医師疎通の難しさ

2017年10月17日 | 診療

         

 長く街中で診療しているから総合病院との連携も深まりそれこそツーカーで患者さんを依頼できる先生も増えた。

 我々個人医はいったん独立すれば根を下ろした場所で十年二十年診療する、中には三十年以上の医師も居る。そこへ行くと勤務医は部長クラスには長い医師も居られるが、赴任して数年程度の医師も多い。人間というのは不思議な生き物で顔見知りになることが良好なコミュニケーションに役立つ、顔見知りになると十中八九意思疎通がスムースになり、誤解や齟齬が生まれにくくなる。勿論、顔を合わせて話す機会があることが一番ではあるが、紹介状の遣り取り繰りを返すことで信頼が生まれることも多い。

 病院の勤務医は年に一二回の紹介状の遣り取りで、自分のことが街中の医者に分かるはずもないと思っておられるかもしれないが、そんなことはない。紹介状の文面と患者の一言二言でどんな医師かおおよそわかる。そうやって信頼が醸成されたり、時に敬遠するようになったりする。

 自分もそうだったからわかるのだが、卒後十年前後は自信が過信になりやすく、上から発言が出たりする。この治療法はよくない、こうしなさいという指導は上手に表現しないと、こちらの考えも聞かないでと嫌な印象につながることがある。先日、某病院に救急で92歳の虚血性心疾患から心不全を起こしたお婆さんをお願いした。幸い回復して退院できたのだが、持参された返事に脂質異常にプラバスタチンが投与されているが、こんな高齢者には意味がないから不要だと書かれてあった。確かに多剤投与が問題視され始め、投薬の減数が促されているので今更超高齢者にコレステロールの薬を出すのは無駄かもしれない。しかしまあ、二十年前から投与していたおかげで虚血性心疾患がありながら九十の坂を越えたかもしれないし、そこそこうまくいっていると薬を止めにくいという長距離伴走者の心理も理解して欲しいと思った。こうした先生からは取り敢えず、敬して遠ざかることになる。

 勿論、例外はあると思うが、長く生きた人生の先輩には幾ばくか敬意を払った文面をお願いしたいと思う。

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« よく降る雨だ、異常が常態 | トップ | 美しい女流棋士 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (sarubia)
2017-10-18 07:08:22
残念ながら、意思疎通のできにくい方、若いベテランにかかわらずおられます。大きな病院の笠を着て…
何度か激しい怒りを感じましたが、最近は、もうそんな人種?なんだから、しようがないとあきらめの境地です...

この距離は、縮まらないと思います。
いずこも同じ (arz2bee )
2017-10-18 14:02:15
似たようなご経験がおありのようで、やはりと思いました。立場と性格と二つの要因が、ありそうですね。敬して遠ざかるのが、賢い対応のようです。
必須の資質 (柳居子)
2017-10-26 11:55:18
お医者さんに一番大事必要と思う事は、『他人に対する誠実な関心』と言う言葉に尽きるのではないかと思います。 誠実とは、人を諍う対象とは見ず 自分の意見を相手が納得する様に言い聞かす術とか 患者がバリアを感じずに何事も話しやすいと感じたり 又、新しい事を貪欲に取り入れる柔軟性を持つ事が大事必須と考えます。大方の先生方は真面目に日夜頑張って頂いているのですが、開業医の先生の中には 年に一・二ケ月 病院の現場で 実務体験をされると良いと思う人も見受けられます。 
なかなか難しい所です (arz2bee)
2017-10-26 21:21:42
おっしゃるとおりですが、中々理想通りにはゆきません。得手不得手もありますし、相性もありますし。勿論、中には心得違いの医師も居るとは思いますが、自覚や反省が無いと中々直らないように思います。井の中の蛙を時々池や川に連れ出せると良いのですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

診療」カテゴリの最新記事