駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

森繁久彌の場合

2018年01月13日 | 世界

 

  女優のカトリーヌドヌーブさんらフランス女流芸術家や作家100名が連名でルモンドにしつこい女性ハントや不器用な口説きは犯罪ではないとする書簡を公開したと毎日の金言に書いてあった。いかにもフランスらしいとも言えるが、私は大人というか公平とさえ思った。私もやられたと告発された男の三割は犯罪、四割はけしからんから犯罪の間、三割は微妙で武骨や稚拙だったのではと思う。男の私でも絶対許せないと思うのはパワハラが絡んだセクハラと暴力が絡んだセクハラだ。この二つはアウトだ。

 とにかく男と女の関係は微妙ですれ違いも多いようだが、巡り合った相思相愛も多いし、馬には乗ってみよ、人には添ってみよで相思相愛になった夫婦も結構おられるだろう。暴く告白は当然としてもこれが、副作用を生まなければよいがとも思う。

  今は亡き森繁の場合はどうも口説かれたことがあるのがむしろ勲章のようで、単なるご挨拶としか思えないのに?私もと告白される女優が数多く居る。こういうのを何と言えばいいのだろうか。もう残っていないだろうが、森繁の爪の垢などという商品が出れば売れそうだ。

  しかし、森繁が生きていたらアルコールや薬物を使って悪さをする奴は男の屑だと鉄槌を下すだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 分相応、今は昔 | トップ | 人口減少と社会保障の行方 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きょうの・・・ (裕)
2018-01-13 15:04:41
こんにちは、arz2beeさん。

記事を拝読して、
以前訪れた人間魚雷「回天」の訓練基地があった大津島での森繁久彌の碑「浮きつ島鼓海を訪ふ」を思い出し読み返してみました。
もしご存知なければ頁を編集していますのでよければ見てください。
http://masuda901.web.fc2.com/page05mx09b.html
拝見しました (arz2bee)
2018-01-17 10:08:54
裕さん 回転基地の森繁久彌の碑読ませていただきました。人生に無駄なことがあらうか ・・心深く響く言葉ばですね。とても言葉で言い尽くせない悲劇理不尽な事があったのに思いが届いているように読みました。今の芸能人にこうした言葉が発せる人は中々居ないように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界」カテゴリの最新記事