駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

平成の幕が下りる

2019年03月30日 | 人生

       

 

 年が明けて、まるで平成に駆け込むように馴染んだ人達が亡くなってゆく。先一昨日はショーケンこと萩原健一、昨日は声優白石冬美・・たまたまでそう感じるだけかもしれないが、一つの時代の幕が下りる気配を感じる。

 よく知らなかったが萩原健一は波乱万丈の人生を送ったようだ。何度も逮捕離婚をしているようで、これは遠慮したいが、なんだかものすごく女性にモテたようで、それは羨ましい気もする。

 有名人がそれで亡くなるといつもその病気が有名になる。GISTは非常に稀のように報道されているが、当院では二名ほど経験しており腹部腫瘤ではいつも鑑別に浮かび、さほど稀な疾患の感じは持っていない。これは自分が経験しているからの感覚で、かなりの医師はGISTを経験しておらず、ご存じない先生も居るだろう。しばらくGISTではないかと消化器科を受診される患者さんが増えるだろう。

 白石冬美さんはご自宅でひっそりと体調を崩され亡くなったようだ。上野千鶴子先生は孤独死なんて怖くないと豪語?されているようだが、死は何よりも私的なことで、自然死について他人が口を挟むことはない。唯、何百枚も死亡診断書を書いた者として、確実に必ずと申し上げる。

 死は私的なことでも、死後は別、旅立った鳥は様々な波紋を残してゆく。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 忙しすぐ戻れない | トップ | 花に小嵐 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
命が物に・・ (美月)
2019-03-31 10:26:30
コメント、ご無沙汰しておりました・・
昨年の母の死で実感したのは、
死というのは、
それまでは自分のものだった自分のカラダが
自分のものではなくなり、
自分では始末がつけられなくなる、ということ。
命が物になってしまい、
有名人ではなくても
家族や周辺の人の心や暮らしに、
いろいろな意味で波紋を残し・・
不思議 (arz2bee)
2019-03-31 16:23:30
 美月さん コメント有り難うございます
 亡くなる人を数多く診てきましたが、居なくなってしまうという感覚が実感に近いです。
 命は不思議と思います。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人生」カテゴリの最新記事