駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

まだ間に合う

2018年07月20日 | スポーツ

           

 オリンピックはアスリートのための祭典である。経済効果は付随するものだ。勿論、経済効果を主たる目的に暗躍する経済人や波及効果を狙ってものを言う政治家は数多いが、人類最高の運動能力発現のために主目的を譲ってはならない。昭和三十九年の東京オリンピックから五十六年、この短期間のうちに日本は亜熱帯化した。40Cのグラウンドで選手をへたばれさせようというのか。五十六年前は秋晴れの下をヘイズは駆け抜けアベベはひた走った。

 2020年オリンピックは少なくとも一か月半できれば二か月遅らせるべきだ。ブームが去り影の薄くなった小池さんにはクリーンヒットの大英断を下すチャンスだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 底に残ったウイスキーを見て | トップ | 名も知らぬ訪問者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事