駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

無念だが最善を尽くした西野ジャパン

2018年07月03日 | スポーツ

  

 午前二時四十分に目覚ましを掛けて、生放送で観戦、リアルタイムで念力を送った。日本はコンビネーションを生かし賢く戦い、世界第三位と五分の試合をした。タラレバはいくつかあるが、勝敗は時の運、今は善戦を讃え健闘を労いたい。

 十全に戦った。素晴らしい試合を堪能した、ありがとう。


  追伸 日本-ベルギー戦の主審セネガル人マラン・ディディウさんの“フェアプレー”な裁きが光った。セネガルの審判団では・・という心配は杞憂だった。特筆追加したい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« おもむろに携帯 | トップ | 難題門を前に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事