駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

談合の根は深い

2018年01月26日 | 世の中

 

 私は今でも本当にリニア新幹線が必要かどうか大いに疑問に思っているのだが、その工事請負で談合があったらしい。認めている会社と否定している会社があるようだが、妙な話で片談合というのがあるのだろうか。

 談合というのは業者間の相互助け合い?みたいなものだが、似たようなことは日本の社会に染み付いて存在してきた、今も存在している。
 医療関係で例を挙げるとマッサージ関係で談合ではないけれど、似たような絡繰りの存在がある。寝たきり老人のマッサージは対象疾病により医師の同意書があれば保険診療が可能になる。そのために鍼灸治療施設から医師に同意書作成依頼が回ってくるのだが、医師によって同意書を書かない医師と書く医師が居る。概ね整形外科系の医師は断る傾向があり、内科系の医師は書く傾向がある。なぜと言い出せば、難しい問題があり、ここにメスを入れられる厚生大臣は居なかった。

 そうした訳で同意書依頼が回ってくる。その必要妥当性には微妙なところがあるのだが、家族からの依頼となると中々断れない。家族へそうした情報を提供するのはケアマネで、そのケアマネには特定の鍼灸院がくっ付いている例が多い。ネットワークというと美しいがグルというと問題もありそうだ。基本的に医療は利便性を考え、できるだけ近隣を利用するのが鉄則と思うのだが、ケアマネを通して同意書を送ってくる鍼灸院には随分遠隔の施設も多い。車がありますからと言われればそれまでとしても不自然な感じは拭えない。

 談合とは違うけれども背後に談合感覚があると思う。不合理不公平なところはあると思うが、簡単には駄目けしからんと撥ねつけることもできず、難しいところだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相、読まれたのだろうか? | トップ | 目から鱗、日本の通史を読む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
談合ですか。 (マキャベリ)
2018-01-26 21:51:19
この世は、西洋だろうが、日本だろうが、何から何まで談合だと思います。
談合が悪いというのは、公正平等でないからというのでしょう。
資本金、何千万の工務店に何百億、何兆の仕事をまかせられますか。
そんな工務店に任せたら、手抜き、手抜きでたまったものでありません。
じゃあ、談合は仕方ないのか、というと、、、。
そこがむつかしところです。
確かに (arz2bee)
2018-01-27 08:17:49
 マキャベリさん コメントありがとうございます。談合は仲間内の便宜を図り、共存しようとする方策で、ご指摘のように至る所にあると思います。仲間でない者や全体にとっては不利不公平に働くこともあるわけで、自由平等博愛からは外れるかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世の中」カテゴリの最新記事