月と空の浜辺

趣味についてのブログ。
ゲーム、映画など、各種作品について。
フェアレディ Z34や自動車のお話など。

PSO2EP3 Time-to-Win!!

2015-04-22 12:45:00 | PSO2

月と空の浜辺 孤島の宿
PSO2(ファンタシースターオンライン2)攻略記事まとめ
参考記事
PSO2EP3 チョット・・・やばいかも・・・
 

 

「わかるかい?PSO2というのは暇人しか楽しめないゲームなんだ。初心者お断りだよ」

「シャオ。話が違います。シオンの時は初心者も楽しめる世界を目指していました」

「・・・時代は変わったんだ。今は僕がオラクルの支配者だよ?諦めるんだ」

「・・・!」

(シャオCV:緒方恵美 ガラさんCV:キタエリ)

 

アークスに示された選択肢は3つ。

「従順な豚となるか」

「耐え忍び、抵抗を続けるか」 

「敗れ去り、オラクルから去るか」

・・・あなたは、どこに所属する?

 

「ふぁんたしーすたーおんらいん2えぴそーど3!」 は、こんな感じのストーリーで「プレイヤーと運営が紡ぎだすRPG」です(~o~)/<相互協力の関係だよ、やったねー(ぼー)

半分は冗談ですが「実質」はこんな感じです。

 

今回は、インタビュー記事などで急にメディア露出が増えた運営の方針についてまとめてみました。

「色々な記事をチェックする暇なんてないよ!」って人向けに、重要と思われる項目をピックアップしてみました。

 

急激な公式記事の大量配布。

運営は何を焦っているのでしょうか・・・。

 

Gamer<2015-03-09>

「ファンタシースターオンライン2」レベル1から開始できる「チャレンジクエスト」が実装!大型アップデート「幻界への挑戦」についてシリーズプロデューサー酒井智史氏とシリーズディレクター木村裕也氏に聞いた

上記より。

ゲームバランスを調整する班には「PSO2」の元トッププレイヤーなどもいるのですが、彼らが「チャレンジクエスト」の最後までいったのが数えるほどしかないといっていたので、素手でのクリアは難しいと思いますよ(笑)。」

以上。


チャレンジ実装前の記事。 

さて、ここで気になるのは「ゲームバランスを調整する班」と「PSO2の元トッププレイヤー」という単語。

 

うちの記事を遡ると2014-04-17以降に、ここで言う「バランス調整チーム」が、本格的に動き始めたと思われます。

参考記事
PSO2 バランス修正するみたい

(公式ブログの該当記事へのリンクもつけてます)

 

・・・となると「元トッププレイヤー」はそれ以前にチームに参加していないと行けないわけで、その頃のPSO2って「バランス最悪だった」のは、皆様ご存知の通り。

その「バランスが最悪だったPSO2の時のトップがバランス調整している」のが、現状のPSO2EP3である、と推測されるわけで・・・。

あ~・・・(~o~)..oO<ネット漁るとすぐ出てくるけど、バイト(派遣)がバランス調整してるーとかってネタもあるけどねー

 

ゲーム内など、ユーザーの反応としては「これはダメなパターンだ」って奴ですね(笑)

どのゲームでもありますが「失敗する黄金パターン」ってやつです。

実際は不透明なので、よくわからないですけれどね。

一つの話のネタ程度の認識にしておきましょう。

 

 さて次の記事。

オンラインゲームズーム<2015-03-15>

【MMORPG】ファンタシースターオンライン2(PSO2)今だから聞けるあんなことやこんなこと!【インタビュー】

アップデートによって既存プレイヤーと新規プレイヤーの差が広がりすぎてしまうのは良くないと思ってますので、常にそこの距離が広がり過ぎないように意識して調整を行ってます。

2015以降の記事では「新規でも遊べるよ!」と公式記事で推すことが多い感じ。

それ以前は、そんなこと言わなくてもユーザーが薦めてましたね。アレ?

そもそもMMORPGだったなんて初耳。


「「共通シップ」ではチャレンジ専用の「チャレンジフレンド」と言う形のフレンド関係を結ぶので、今まで出会ったことのないユーザーと共通シップでプレイすることで新しいコミュニティが作成されることもあるかもしれません。
初心者でもいきなりチャレンジ始めて上級者と一緒にプレイ出来たり、友達になれたり、違うレベル帯でも一緒に遊んで頂ける環境作りを目指して、「幻界への挑戦」のアップデートを行っていこうと思っています。」

理想は良いのですが現実は「初心者やVitaは排斥される」仕様となっており、実際起こってしまっているわけで(実際に見た人は絶句しますよね)

まあ、今後に期待ですね。

本題

基本的にガンナーに対しての上方修正等は考えていません。
EP3以前の状況では、ガンナーが強すぎる状態になっていてEP3ではそのバランスを平均化する調整をさせて頂いたんです。
パラメーター調整や、プレイの練習をしなければ使いこなせないような調整を入れさせて頂いたんですよね。

現在では、難しいけど頑張れば他の職と同じレベルで遊べるという職になっており、我々が目指していた部分ではあります。

昔のガンナーのプレイを理想とされている方々には、不満の声もあるかもしれませんが、ガンナーをやり込んでいて、今のガンナーに対応してる方には納得して頂いてると思っています。

『PSO2』には8つのクラスがあるのですが、実際EP2まではガンナーが凄く多かったんです。
EP3では下方修正を入れたということで、厳しいご意見も頂いているのですが、
今はクラスの人口バランス的にはちょうど良いバランスに戻っているので、ゲーム内でのクラス間のバランスは、むしろ今一番取れているのではないかと考えています。

「・・・お前は何を言っているんだ?」

 

ちなみに「人口が丁度良いバランスに戻っている」のは「クラスエクスキューブ」の導入によって「全クラス相当長い時間使わないといけないから」説が有力。

(統計がおかしいっていう不信の声は大きいけど、この際無視!)

しかも人口が分散すれば「バランスが良い」訳ではないですしね。

これを先の「元トッププレイヤーがいるバランス調整班」がやったらしいですよ(~o~)/

 

てか、そもそも「難しいけど頑張れば他の職と同じレベルで遊べるという職」で納得はしていないですよ。

更に言えば「ガンナーが強すぎた」のではなく「SロールJAというスキルが強すぎた」だけなのを理解しているのだろうか・・・。

前から記事にしてますけどね。

 

ハンターなどは「全く頑張らなくてもほぼトップクラスの性能の職」がいるのに、どういうことだ、と。

それが「我々の目指していた部分」ということは・・・つまり「意図的に歪なバランスにしている」ことを認めているようですね。

 

ただ運営の意図もわからないわけではないのです。

基本的に日本のゲームは、

「近接(打撃)が好きなユーザーは下手なので、基本性能を上げておかないと行けない」

「ゲームが上手い人は、近接では物足らないので遠隔系( 射撃、法撃)を好みやすいので、弱めに調整することで、下手な近接とのバランスを保てる」という方向性。

 

そのお陰で「人口バランスが取れてる」として「それが目標」なら、見事達成していると言える。

だけど多くの人は「人口バランスではなく戦闘力バランスをよくして欲しい」わけで・・・。

(ここを履き違えてしまったために、おかしな調整が多いみたいね)

 

そのため今は「上手い人が近接使うと楽して超絶強い」みたいなおかしなことになってますね(~o~;;<大会凄いよねー

 

なお海外のゲームでは(バランスが良いとは限らないけど)遠距離も近距離もフラットな戦闘バランスを目指して調整されており、その完成バランスは日本のゲームよりは良いことが多い気がします。

どちらが良いとは一概には言えないですが、私は「職業(戦闘力)バランスは取れている方が良い」派ですね。
 

いかにガンナーの調整ができていないかの解説は以下の記事を参照ください。
PSO2EP3 奇跡は起こる・・・のか・・・!? ガンナーの調整不足など 

なお、記事にまとめておいたお陰か「ツインマシンガンマスタリ」や「グリムバラージュ」の追加により、現在は欠点は随分減っています。 

 

 

お次はちょっと為になる話。

AUTOMATON<2014-11-13>

インタビュー セガ 木村裕也 [前編]
「裏」を見る『PSO2』のバランス調整

中編~後編もあります。

ちょっとだけ有名な海外ゲームニュースサイトかな。

『ファンタシースター』の素材を使ってまったく別のゲーム作りたいとか、今はMOという形を取ってるんですけど、これをMMOに改良してくださいとか言われてしまう。」

ほらMOですよね。どこの誰ですか「MMORPG」とか言った人は!(*o*)!!

 

 「意見は重要ですけど、本当にそれは全員の意見なのかというところ。ちょっと偏った人たちの意見だけ来ているんじゃないか、というのは常に考えています。たとえばTwitterだとか、各種掲示板だとかの書き込みも参考にしています。」

ちゃんと確認していると名言してますね。

確かに「ちゃんと見てくれている」感は感じます。

そこは信頼できますね。

 

「なんでPCなの。PCはまだわかるけど、じゃあなんで次Vitaなの」って、会社の上の人からも言われたりはしていました(笑)PCを選択したのは、オンラインゲームをFree-to-Playでやる上で、なによりも母数をかせがなければいけないからです。より窓口がひろいプラットフォームでやらないと、Free-to-Playが成りたたないというところで、PCを選択肢から外すわけには、いかなかったですね。パッケージを売ってナンボというタイトルではないので。やはり、最も普及台数が多いのがPCであることは、国内外含めて間違いないことですから。」

いわゆる「家庭用ゲーム機(プレイステーションとか)」と比べると圧倒的に多いPCゲーマーを狙ったのは当然と言えますね・・・。


将来的にも、それがなにか我々のノウハウとなって広がるわけではない。それでもう1つプラットフォーム選ぶとしたら、ただの家庭用ゲーム機ではないものがいいなと思っていたなかで、ちょうどPlayStation Vitaという話がでてきたんです。もしかしたら、オンラインゲームを外でプレイできるようになるかもねって、可能性を感じたんですね。オンラインゲームを外でがっつり遊べるというのが、けっこう夢があるなあと思って。」

実際に来てしまいました。

「お外でオンラインゲームが出来る日」が!
(スマートフォンを利用してテザリングすることで電車の中でもオンラインプレイが可能!) 

お見事です。

欠点はないとは言いませんが、これは素晴らしいことですよね。

 

『PSO2』の課金ポリシーとして、強い武器などを課金では買えないようにする、というものがあります。いわゆるPay-to-Winにはならないようにしてるんです。」

これ、とっても重要です。

「PSO2がPCゲーとして作られる!」と発表された時に、PC専用でなおかつF2P(Free-to-Play=基本無料)に始めた場合、心配されるのはこの要素でした。

「課金必須ゲームになって欲しくない」

この不安は、見事杞憂に終わってくれました。

課金が必要なゲームでもなく、自分のペースで楽しめる、初心者にも優しいゲームでした。

PSO2EP2までは・・・ね。

 

それがどういうことでしょう。

今や、☆13武器というものが実装され、防具を含めて、それまでの装備バランスは崩壊。

入手方法となる「アンガ狩り」や「チャレンジ」などは初心者やライトユーザーでは手の出しにくい要素であり、時間も大変かかる。

「Pay-to-Win(お金を払えば最強!)ではないがTime-to-Win(時間をかければ最強!:造語)である」と言えます。

 

それまでのPSO2の「良かった点」を捨ててしまったわけですね。

だから、メディア露出を増やして「新規の取り込み」に走らないと行けない事態に陥っているのではないかな、と見えます。 
 
 
本来は

「お金を掛けたくないから時間をかける(Time-to-Win)」あるいは

「時間は掛けたくないからお金をかける(Pay-to-Win)」さらには

「どっちも掛けたくないからまったりやる(Free-to-Play)」の三択があるなら、良かったんですけれどね。

 

現状の装備バランスを続けるのであれば「アーレスより強い☆13課金武器スクラッチ」などを導入するのが良さそうです。

そうすれば課金しても良いし、自分で掘っても良いわけですから「ゲームの幅(選択肢)」が増えますね。

勿論「装備バランスをちゃんと調整してくれる」方が理想ではありますが。 

 

「実際にハンゲームさんとはやっているので、技術的にできるものだと思っています。ただ先ほどのコンソールの話と同様、プラットフォームを増やすってことは、間口を広げることではあるんだけど、イコールでサービス全体にリスクを抱える可能性があります。Steamさんなら、Steamさんなりのサービス形態やユーザー層があって、それに対してきちんとしたサービスが提供できるのか。そのサービスをやることによって、今の既存のプラットフォームのユーザーさんに不利益がないのかってのを、考えなきゃいけない。なので、増やす時には、それなりの覚悟をもって増やしたいなと思っていますね。」

Steamなどに行くのも面白そうですね。

ただ「本家」のサービス低下はして欲しくないので、現状の維持~サービス向上を期待したいところです。

 

「どうか、PSO2が良い方向にいってくれますように・・・」

 

4gamer.net<2015-04-17>

「ファンタシースターオンライン2es」1周年記念。ディレクターの陳 智政氏と「PSO2」シリーズプロデューサーの酒井智史氏に聞いた「PSO2es」の気になる話

最後は最近の記事。ぷそ2えすちゃんメイン!

「PSO2es」ではだいたい8割から9割の方が「PSO2」との連動を行っています。ちなみに,「PSO2」をプレイしている方では,3割の方が「PSO2es」も遊んでくださっているという状況ですね。」

「PSO2」から見た連動率が全体の3割というのは,あと2割くらいは伸ばせると見ることもできます。」

マイショップ導入で、5割くらいの人が継続プレイ始めるのかな?

また別のメディア記事だと「PSO2やったことないけどes専門でやってます!」って人は「全esユーザーの1割」って話でした。結構いますね。

目標としては「es専門ユーザーは全体の2割くらい」には増やしたいらしいです。


ぷそ2えすちゃんは、初めはグダグダで酷かったけど、どんどん良くなってきていて、今はいい感じではないかな。

数値ゲーとしては悪くないかと。

戦闘バランスは良いとは言えないけど、正直気にするタイプのゲームではないですし、日本スマホゲーとしては珍しい「ガチゲー(海外だとFPSとかありますしね)」なので価値はあると思ってます。


以上、長い上に難しい話が続きましたが、こんなところではないかな。

本日はリリーパアルティメットなどを実装!

新スキルなどで新しいバランスになると思います。

クラフト上限も伸びていきますしね。

期待を込めて、頑張れ!PSO2!(^o^)/

 

 

 

ファンタシースター感謝祭2014 アークスグランプリ メモリアルBOOK (エンターブレインムック)
KADOKAWA/エンターブレイン
KADOKAWA/エンターブレイン



ジャンル:
オンラインゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月21日(火)のつぶやき その3 | トップ | 4月22日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PSO2」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事