おかばあちゃん 今日の気分 

孫達に、「おかばあちゃん」と呼ばれています。日々の出来事 感動を書きとめています。  趣味の登山と旅行記等も。、

我が家が一番

2018年01月31日 | 旅行記
次の朝
外は雪で真っ白
窓から見える川は氷っている
白鳥が飛来する場所だとか
私が見たのは二羽だけ

車のフロントガラスの
氷をCDのケースで
こすって落とし出発

近くのワールドスクエアに
行くことに
入場料金が2800円とお高い
ここ迄来て入らないわけには行かないし…😅
はいるとすぐに
スカイツリーが目に入る
縮小版の世界遺産がたくさん







面白いけれど、とにかく寒い

昨日参拝出来なかった
日光東照宮へと向かう

ここでも寒さがしみる

外国の観光客が多い

お昼になったけれど
朝ご飯も
沢山のごちそうだったので
食べ過ぎで、お腹が
空いていなくて、お昼抜きで
帰えることにする

途中、世界遺産の富岡製糸場
に立ち寄る
200円でガイドつきの見学ツアーだけど、私達だけ

昭和57年まで
養蚕をしていた私達にとって
興味深い見学だった

日本が一時期
世界一の絹糸の生産国になったのも
この製糸場が
日本各地の製糸場の
設備や技術の研修の役割を果たしたからなのだそうだ

絹糸の輸出によって、
外貨を稼ぎ
近代的な日本に発展する事ができたのだ、

ここもずっと来てみたいところだったので良かった。
話を聞くことに気をとられ
うっかり
写真が一枚もありません

家に着いたのが八時半
やっぱり
我が家が一番です。











コメント (2)

大仏と宇宙センター

2018年01月29日 | 日記
大洗のホテルから
牛久の大仏に立ち寄り


ギネスに登録
されているのだそうだ

筑波宇宙センターJAXA
の見学ツアーに参加した
11時半のコースに予約していたので間に合って良かった

セキュリティが厳しくて
顔写真つきの身分証明書が
必要で、
撮影禁止、立ち入り禁止
のところがたくさんある





筑波から日光東照宮へ
私は2ヶ月前に行ったけど
夫は平成の大改修のあとを
見たいというのでー

ところが着いたのが
三時半すぎでもう拝観できないという
残念でした(>_<)

昨日、あまり調べもしないで
日光の近くの温泉旅館を予約しておいた

ついてみたら、
けっこうひなびた温泉宿
今夜は私達二人だけ

温泉も宿も貸し切り

夕食は食べきれないほど
品数がいっぱいの
ごちそうで
もてなして頂きました。

外は雪が降ってきて真っ白
なんだか心細い

明日こそ家に帰ります。
コメント (2)

神様に呼ばれた?

2018年01月28日 | 旅行記
娘を送ったついでに
前から行ってみたいと
思っていた
成田山新勝寺をお詣りに

今日は日曜日で、
お不動さまの縁日だとかで
すごい人混み

成田駅前に泊まったので
朝から出かけることができ
広い境内を
ゆっくり参拝できて良かった
おひるごろは大渋滞

ほかに観光出来るところを検索し
香取神宮がお勧めというので、
参拝に行くと、
そこも又すごい人、
屋根には菊の紋、
立派なお社、
正にパワースポットの雰囲


東国三社と言われる
香取神宮と鹿島神宮、息栖神社をお詣りすると
伊勢神宮をお詣りしたのと同じだとか?
又、神宮というのは伊勢神宮と鹿島神宮、香取神宮の三つだけなのだそうだ
どこもパワースポットと言われているとか〰

そこまで聞けば、行きたくなる、
次は息栖神社にお詣りすることにする
観光バスが来ていて、
駐車場が込み合っている
本殿までが遠く、
気温は6度位なのに
寒くて、寒くて

最後に鹿島神宮

ここはまるで
戸隠神社の参道のような
太い樹齢を感じる大木が
両脇にそびえていて
パワーを感じる。


東国三社をお詣りし
まるで神様に呼ばれたような1日を終え
今夜の宿泊地、大洗温泉まで
コメント (2)

思ったより暖かい

2018年01月28日 | 日記
娘とまごを送って
夫と、たくさんの荷物を
積んで出掛けた

東京は、近年ににない寒さだという
日陰にはまだ雪が残っている

でも、日中の気温が6度
雪もすぐにきえるだろう
雪国の私にとっては
暖かいと感じる

お天気がよくて
道中、富士山が良く見えた


コメント (2)

40年前の宮参りの着物

2018年01月26日 | 日記
娘の赤ちゃんが
生まれてもう一ケ月
明日、旦那さんのところへ
送っていく

いるべき場所に
帰るだけなのだが
茨城県は遠くて
何かあってもすぐには行けず
心配になる

色々世話焼きができなくなる淋しさもある

まあ、一人前の大人だから
心配ないと思うけど

私の実家から長男に頂いた
41年前の着物
一回しか着せてないので
真新しいまま

お宮参りに行くというので出してきた。

明日忘れないように持たせよう


コメント (2)