おかばあちゃん 今日の気分 

孫達に、「おかばあちゃん」と呼ばれています。日々の出来事 感動を書きとめています。  趣味の登山と旅行記等も。、

春の嵐

2007年03月30日 | インポート

今朝は、暗いうちからすごい雨と風とカミナリで目が覚めてしまいました。おまけにガタガタ家が揺れて地震?もあったような気もして・・・・台風のような風に、久々に怖くて布団かぶっていました。 耳栓もほしいくらい(-_-;)

雨の様子やハウスのビニールがめくれていないかとか、気になって窓からのぞいてみたりして、今朝はいつになく早起きしました。予報ではもうすぐお天気が回復するようなので安心していますが。

昨日は、豆5キロ分で、味噌を作りりました。今日はあと5キロの豆を煮て味噌を作る予定です。Miso 我が家の豆は収穫ゼロでしたので、ネットで無農薬の豆を買いました。コウジは我が家の米を預けて作ってもらいました。昨年の秋はねずみの大発生で豆は畑にあるうちにねずみに食われてしまったのです。

買った豆は、なんという品種なのかわかりませんが、きれいな豆だったので少し種にしようと思います。

今年はねずみは大丈夫かな。

コメント (2)

看板できました~

2007年03月23日 | 日記・エッセイ・コラム

皆さんのおかげで、待望の看板が出来ました。Burogu_005

ここは、蔵柱川に沿って12キロもある集落で、我が家の付近は目印になるものがなくて、場所を説明するのにいつも困っていました。

前々から看板がほしいなあと思っていたのです。

看板の字は、夫が仕事の合間の気の向いたときに、こつこつ彫りました。

私は、トマトとシイタケの図案を考えたり、ペーパーをかけたり、塗料を塗ったりしました。

そのほかにもたくさんの人のおかげで完成出来たのです。

字の下書きをしてくれた、看板屋の?さん

Burogu_004この立派な板を提供してくださった、大工のTさん。

支えとなっている角材を提供してくれた Aさん。

看板を立てれるように組み合わせてくれた大工のAさん。

立てる場所を快く提供してくれた、Hさん

生コンを持ってきてくれたOさん。Burogu_006

皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

看板を立てていると、お隣さんたちが見に来て、これで我が家を教えるのに目印が出来てありがたいと言ってくれました。

昨日は思いがけず、ホームページは新しくなるし、看板は出来るし、今年はどんな年になるのかなあ・・・ワクワクです。

思っているだけでは実現しないけれど、思っていることを口に出したり、行動に移したりすれば、協力者が現れて実現するのですね。

今日はとっても春らしい一日で、トマト苗のハウスのビニールをかけました。いよいよ始まります。

コメント (4)

ホームページ・リニューアル

2007年03月22日 | 日記・エッセイ・コラム

最近、アルプス農場のホームページのも更新がうまくいかなくなっていて、

遊び半分の自己流で素人の私の手には負えず、詳しい人に頼むしかないなあと思っていました。

知り合いを通じて、お願いしていて、返事待ち状態だったのです。

ところがちょうど昨日、息子が帰ってきたので、手伝ってもらって、一から全部作り変えることガ出来ました。

前のはホームページ製作王で作ったのですが、今回はホームページビルダーを使いました。

使い勝手が違って難しいと思ったけれど、出来栄えががらりと違った雰囲気になりました。

ついさっき完成しました。気になっていたことが解決してすっきりしました。

タイトルのアルプスの画像は西穂高の独標に登ったときに撮った写真です。

コメント (3)

つらら

2007年03月18日 | 写真

今日は、彼岸の入り。

お天気はよかったですが、風が冷たくて、肌寒い一日でした。

外に出たら、屋根からツララがずらーっとぶら下がっていました。

いったい何本あるのかな?お見事って感じです。Burogu_001

コメント (2)

山奥でも・・

2007年03月18日 | 日記・エッセイ・コラム

まったく驚いてしまった。昨日の朝、8時半ごろだったか・な・・

この間の名古屋ナンバーの人が、又しいたけを買いに来たのである。

「せっかくですが、今しいたけはありません」というと、御岳にはどうやったらいけるのかと聞く。え~~っ、ぜんぜん方角が違うよ!わかっているけど、しいたけがほしかったから寄り道したと言う。またまたびっくり。

御岳付近に福寿草が咲いたという情報がはいったので,ぜひ写真に写したいと思って。。ついでにこっちに寄ったんだって。ついでに寄るというレベルの距離じゃないよ。

あきれるやら、ありがたいことだなあと感謝。「どんな良い物があっても、こんな山奥には誰も買いには来ない」と言う思い込みが、完全に覆されたような思いであった。今度はデンワしてから来てくださいといってメモを手渡した。

コメント (2)