僕の儚い軌跡

arumikan-an's Blog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タッチ3を支えた曲「君が通り過ぎたあとに DON'T PASS ME BY(ALFEE)」

2005-11-10 22:10:09 | アニメ
劇場版3作目となる「タッチ3 君が通り過ぎたあとに」は、
アノ鬼監督 柏葉英二郎が登場するところから始まります。
本作品の監督、永丘昭典さんは、
「野球を通したドラマにしぼりこみました。」
とコメントしています。その言葉どおり、物語は終始、
柏葉と野球中心に展開していきます。

僕がこの作品を最初に見たのは、大学時代ビデオをレンタルして見たときでした。
このときは、TV版のストーリーの記憶が薄れてしまっていて、あまりTV版と劇場版との
違いは気にならなかったのですが、その後TV版の再放送が放送されたのを見て、
劇場版のDVDを購入して見て、改めてこれら2つを比べて見ると
かなり、劇場版に物足りなさを感じてしまいました。

本作品を好きな方には申し訳ないんですけど、僕は正直、全体的には
イマイチだと思っています。
そう思った理由は、細かいところをあげたらいろいろありますが、
一番気になったのは、柏葉が放ったあの一言(わかる方いらっしゃいます?)
がカットされてたことです。
(あれがないとねぇ。柏葉の味が堪能できないですよねぇ。)

ですが、唯一魅せてくれるものがあります。

テーマ曲「君が通り過ぎたあとに DON'T PASS ME BY(ALFEE)」
です。

この曲をもって物語が締めくくられるのですが、この曲は
物語だけではなく、達也・和也・南、彼らの青春に幕を閉じていくさまが
表現されている、そんな気がします。


先日紹介しました「背番号のないエース」を聴いたあとは
きまってこの曲を聴きます。
特に2番の後半の
「青い追憶の中きらめく想い出、だれもが愛をめざす」
この部分が好きなんですよねぇ。

今度、またカラオケで歌いますかねぇ。( ^0^)θ~♪



タッチ3 君が通り過ぎたあとに


タッチ3(映画サントラ)
コメント   この記事についてブログを書く
« あぁ、酒が飲みたい。 | トップ | タイトル変更 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アニメ」カテゴリの最新記事