あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

「このセカ探険隊 呉編」映像上映会に行った(1)

2018年07月28日 | アニメ・特撮
有志の方が企画した「このセカ探険隊・呉編の映像上映会」。
こういうイベント体験のない私は参加したい気持ち満々だったが



仕事の関係で直前まで参加可能か分からず。

ギリでOKと分かったので、参加希望のメールを主催者のブリンキー
さんに送り、常磐線で土浦に向かいました。

※久々に到着時に押しボタン操作でドア開する車両に乗りました。



とはいえ駅前の建物は立派だ。土浦って都会なのね。
※例によってゴメンナサイ

台風12号が接近する中で土浦のお昼は晴れ、日の光が眩しい程。



ただし、風は強くなっており。準備された土浦祇園祭の飾りが大きく
たなびいてました。

会場は土浦・亀城プラザ。

駅から15分ゆえテクテク歩く。イベント予定は13:30~およそ16:30。
「食事は事前にお済まし下さい」ということで、途中でランチとする。



「麵屋亀城」
店頭にあるラーメン一覧で見た担々麺が美味しそうだったので入るも
なんと売り切れ!



落胆しつつもとんこつ醤油ラーメンをオーダー。
まぁ、こちらはこちらで美味でした。

後は1本道と分かりつつも、13時過ぎてるので少し急いで会場に向かう。



途中、土浦祇園祭の山車とすれ違う。

台風が心配される中、雨にならずに良かったですね…って感じで写真に
収める私は完全に観光客。



子供も並んで引いている体で行進。

地元警察に車両規制して貰いながら練り歩く皆さん。
けっこう暑そうですが鯔背でカッコいいです。



さてさて10分以上は歩いた。

イベント注意事項で「熱中症対策で飲み物は各自ご準備ください」と
あるので自販機でドリンクを購入。リュックに入れて再び進む。



左側に趣ある公園が見えてきた。お堀、櫓のような建物。

これは歴史ある史跡だな…と思ったら土浦城でした。
その別名が亀城というそうです。



だから今回の会場は亀城プラザなんですね。

つか、亀城公園の向かいが亀城プラザでしたよ。
危ない危ない。お祭りや公園に見とれてたら通り過ぎるとこだった…。



なかなか大きな建物です。

中に入って「本日の催事」一覧を見る。「ロケ地を見よう会土浦大会」は
3階で行われるんだな。



とは言え、すんなり上へ行く方法も見つけられず。1階をウロウロしてたら
全長5mはあろうかという飛行船の模型を見つけちゃいました。

ツェッペリン伯号じゃないか。



急いで調べてみると、世界一周を果たしたLZ127(愛称Graf Zeppelin)が
途中で立ち寄った日本の地が土浦だったとか。

それはそれは凄い評判となり、いまでもツエッペリン・カレーなんて土浦
名物があるそうです。

※知りませんでした。スイマセン、次に来たら絶対食べます。



さて、今回の会場は3階の第一音楽室。
前に数人待ってらっしゃるが、私はこの手のイベントは初めてなので誰も
知りません。

参加のTwitterで一斉送信した宜しくメールに返答くださった、はるさんに
ご挨拶したいのだが叶わず。



自慢じゃないけどコミュ障には自信があるので、そのまま棒立ち待機。
スラリと背の高い男性の関西訛りにいざなわれ、やっと入場。

中には椅子とスクリーンが準備されております。

因みに、この長身男性こそがブリンキーさん、今回の主催者でした。



入ってすぐ配られたフライヤーとポストカード。

「このセカ探検隊」当初の物(レプリカ)です。片渕監督のサイン入りで、
「アニメーション映画、制作中」の文字が希少さを感じさせてくれます。



続いてスクリーン脇のプリントを皆が手にしていく。
呉の地図です。昔の地図も一緒です。

「横にある塩飴もどうぞ~」と声掛けするブリンキーさん。
熱中症防止の気遣い、痛み入ります。



空調と暗幕の具合を気にし、「映像酔いする人は音だけでも分かりますから」
~という説明もあり。

乗り物酔いする私は少し身構えたが、ここまで気を使ってくださる主催者さん
なら…と、信頼感が増しました。

さぁ、いよいよ「このセカ探険隊 呉編」映像上映会、開始です!
(続く)
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 木村翔が青島でKO防衛 | トップ | 「このセカ探険隊 呉編」映像... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ・特撮」カテゴリの最新記事