川端誠司ブログへようこそ

シンガーソングライターです。オセロが趣味でユーチューブで選手宣誓の場面を見れます。川端三段と打ち込んでください。

「ジャガー・ロングバージョン」

2018-05-18 20:00:00 | クルマ詩
ジャガー!
真摯なクルマ!

いつどこでも
このクルマに出会うとほっとする
それがジャガー!

心の中に広がる安堵感、
豊かなぬくもり!

ジャガー!
愛しいやつ
クルマ全体から発する美、そしてオーラに
いつも魅了される!

英国から日本に上陸してくるすばらしいものの1つ!
それが名車ジャガー!

その静かな吠え!

ドアが閉まるときの何ともいえない甘い音!
そしてジャガー独特の
静かで美しいエンジン音!

最近もジャガーを街で見かけた
乗っていたのは中年女性だった

オーナーによる巧みな愛車の操り!
そしてそれに呼応してどこまでもオーナーに
つき合って走ってくれる頼もしいやつ!
いいものを愛する人の目にすぐ留まるクルマ、
ジャガー!

ジャガーファンは本場イギリスにも多い
中流階級から上流階級まで、
幅広く多くの人に愛され、選ばれ、
乗られているクルマ、
ジャガー!

私はイギリスの田園風景に思いをはせた
古いお屋敷から1台のジャガーが走り出してくる!
色はダークグリーン!
森を愛する屋敷の主人好みの色だ

ジャガーが木々豊かな屋敷内の庭園を通り抜け、
門から道路へと走り出した!
そしてそのままロンドン郊外の鬱蒼と木々が生い茂る
森の中を抜けて走っていく!

伝統美と爽快感のマッチング!
英国人が英国でジャガーに乗る
オーナーは伝統を守り汚さない英国人の誇りを持つ人だった

しかしクルマ好きだけは何があっても譲れない!
その2つが彼をしてジャガーを選ばせているのだろう!
そしてジャガーの車内で、
さまざまなことに思いを巡らすジャガーオーナー!

クルマを走らせつつ癒やされる極上のひととき・・
彼はこれを心底楽しみにして、味わうのだ
英国紅茶を味わうように・・

そして彼はまた運転に集中していく・・
かけがえのない時間の流れ・・
それはジャガーによってもたらされた
ものなのだ・・
ダークグリーンのボディの中での出来事!

この厳かでゆとりあるイメージが
日本の街を走るジャガーや
ジャガーオーナーにも
そのまま当てはまり、
日本でこのクルマに乗る
ドライバーたちを癒やすのだろう!

英国の伝統が遠く日本に届き、
日本の街を走り、
その優雅さは日本の街にも彩りを添えてくれている

ジャガー!
そしてジャガー色(しょく)、ダークグリーン!

それはアマゾンの密林を想起させる
そこに生息するジャガー!
その生(せい)の勢いをそのまま
受け継いでいるのだ 
このクルマは

大都会の真ん中で生きていても
人間は自分の気持ちしだいでワイルドに生きられる

チャレンジャーとして新しいことに挑戦する人々!
彼らこそジャガー乗りにふさわしい人たちなのだ!
生涯を若者として生き抜く、彼らジャガーオーナーたち!

そしてジャガーは走り続ける!
オーナーとともに
今日も!

またいつか、どこかで、そして多くの場所で会おう!
ジャガーとそのドライバーに!

いつかはジャガー!
ジャガーファン、ここにあり!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロック大会の選手宣誓 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クルマ詩」カテゴリの最新記事