東京 田町の英語学校 English Plus 英語講師 arataのブログ

東京田町の小学生~大人まで『基礎英語力』習得を目指す英語学校English Plus英語講師の英語・日本語表現ブログ

英語講師の留学経験 (トロント生活 - コーヒーショップ編)

2010-07-31 07:41:45 | 英語講師のカナダ・トロント留学経験
おはようございます。英語講師のarataです。

昨日、ついに“Twitter”をリンクしました。
(お時間のある時にでも右にある“Twitter”をチェックしていただければ嬉しいです!)

本日は“英語講師の留学経験 - トロント生活(コーヒーショップ編)”についてです。

前回の“英語講師の留学経験(英語学校 後編)”はこちら:
http://blog.goo.ne.jp/artismart/e/406c29d5a13c8c4dd1918925a3e9643e

みなさんが“コーヒーショップ”と聞いた時、一番最初に思い浮かぶコーヒーショップは何でしょうか?
Starbucks?Doutor?Excelsior? Saint Marc?コメダ珈琲?それとも地元のコーヒーショップでしょうか?

カナダ(トロントでは特に)では断然、“コーヒーショップ”と言えばそれは“Tim Hortons"(ティム・ホートン)になると思います。

カナダの空港内、街中、郊外、家の近所など、あらゆるところでこの店舗を見かけます。

カナダの人口、3000万人全員が認知していると言っても過言ではないくらいのコーヒーショップです。

さて、このTim Hortonsでのコーヒーの注文の仕方がまた少し違います。

普通のコーヒーショップでしたら、客が“サイズ・欲しい商品”を言い、その後に店員が“砂糖・ミルクの有無”を確認するかと思うのですが、
ここTim Hortonsでの注文はこうです:客 "I'll have a medium double-double."
(直訳:”Mサイズのダブル・ダブルでコーヒーお願いします”)
この“ダブル・ダブル”というのは“2杯の砂糖・2杯のミルク”と意味になります。

ちなみに最初にこれを聞いた時には、英語が上手く聞き取れなかったということもあり、“?”が頭の中を駆け巡りました。

ちなみに“Lサイズの1杯の砂糖・1杯のミルクを入れたコーヒー”は“large regular”
“Sサイズの1杯の砂糖・2杯のミルクを入れたコーヒー”は“small, one milk and two sugar”
“カフェイン抜きのコーヒー”は“decaf”となります。

カナダ・Tim Hortonsを訪れた際、チャンスがあれば他の客と店員のやりとりに注意してみてください。
上記のようなやりとりがきっと聞こえてくるはずです。

さて、自分のことに話を戻しますとTim Hortonsではほとんど毎日というくらいお世話になりました。
コーヒーは当時、Mサイズ一杯が$1.25(約110円)、ドーナツ1個単品で$0.70(約65円)でした。

学校に行く途中や学校帰り、飲み会の後などよく使わせてもらいました。
カナダの思い出の場所の1つです。

皆様もカナダを訪れた際は是非、お立ち寄りを!!

英語講師の留学経験 (トロント生活 - カナダの観光・ナイアガラの滝 編)続きはこちら・・・
http://blog.goo.ne.jp/artismart/e/38decc94ef6cce0f98facd534a224db7


How are you enjoying your weekend?
I just put up the link to "Twitter" on the right of this blog yesterday.
If you have time, please visit and write something on it.
I'd appreciate it!!
Today, I'd like to write about my experience in Toronto, Canada.
The previous episode is here:
http://blog.goo.ne.jp/artismart/e/406c29d5a13c8c4dd1918925a3e9643e
When you hear "coffee shop", what shop comes into your mind first?
Starbucks?Doutor?Excelsior? Saint Marc? or your favorite coffee shop?
In Canada, when you hear "coffee shop", I guess it's "Tim Hortons."
Tim Hortons shops are everywhere in Canada.
It's not exaggerating to say that all Canadian citizens acknowledge Tim Hortons.
One time, when I was in a Tim Hortons shop, I was surprised to hear how to order coffee.
Generally, at a usual cofee shop, a customer orders "what item they want & what size they want" and then, a clerk asks "if they need sugar and milk" or something.
Here in Tim Hortons, a customer says "I'll have a medium double-double", and you can get what you want.
("double-double" means two sugar, two milk.)
This is just a trivia, but at Tim Hrrtons, when you order "Large, 1 sugar & 1 milk coffee", you can say "large regular"
"Small, 1 sugar & 2 milk coffee" is "small, one milk and two sugar"
"No caffein coffee" is "decaf".
When you have a chance to visit Tim Hortons in Canada, please listen to what other customers say.
When I lived in Toronto, I went to Tim Hortons almost every day.
Its price is cheap (a cup of coffee is about $1.25) and the quality is also not bad.
I'm sure if I have a chance to go to Canada, I'll definitely visit Tim Hortons and order "I'll have a medium double-double."
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 英語学校の家具準備 | トップ | 英語講師のレッスンの無い日... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hiroshi)
2010-07-31 09:37:16
懐かしいですね!
毎日行ってましたし、Timでコーヒーを飲まない日は、禁断症状がでるくらいでした。絶対なにか入ってましたよね^^
今の季節はアイスドカプチーノのが最高ですよね~~。いや~日本で誰かオープンしてくれませんかね??
私も大好きです! (ゆきんこ)
2010-08-26 08:29:54
私もカナダ留学中はかなりお世話になりました。私のポストファーザーはいつも『ダブルダブル』で、ブラック派の私はいつも甘そ~と思っていました。

この記事を見て、懐かしくなりました☆
コメントありがとうございます! (arata)
2010-08-26 09:41:38
Hiroshiさん・ゆきんこさん

コメントありがとうございます。

自分がカナダの英語学校でボランティアとして働いていた頃、学校の上司の“ダブル・ダブル”と自分の“レギュラー”を毎日のようにSt.Patrick駅近くのTim Hortonsまで買いに行っていたことを思い出しました。

英語講師のカナダ・トロント留学経験」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事