きづがわ讃歌 

あらゆる神話が崩れ去った今、周縁の先を見るartな視点でコミュニティを捉え直すとき、何かが生まれるのかもしれない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

About Homage to Tagore-タゴール讃歌ー

2013-11-22 22:06:42 | タゴール

タゴール讃歌 Homage to Tagore 

~詩聖タゴールの詩と踊りと音楽を楽しむ夕べ~

 

2012年11月10日(土) 14時半開場 15時開演                                                                         

場所: いすみホール(中央交流会館)  京都府木津川市木津宮ノ内

 詩聖タゴールの詩の朗読、北と東のインド古典舞踊家たちによる踊り、タゴールソングの生演奏をご覧いただきます。

詳細はこちら>>

コメント (2)

S.Kタゴール氏代表「サンガムインドミュージックグループ」の紹介♪

2012-07-10 22:12:17 | タゴール

皆様、こんにちは。仲です。

今回は、タゴールソングを歌うグループをご紹介♪ 現在は、大阪、淡路にあるアジア図書館で毎週練習されています。

S.Kタゴール氏の力強い歌声は魂の響き。インド的な大地に根付くような大きなスケールの音楽は癒されます。

ベンガリ語の詩的な歌詞もとても心地よいです。11月のイベントにスペシャルゲストとしてお越しいただく予定です!

楽しみですね!!

 

■サンガム インド ミュージック グループ

(代表 S.Kタゴール)

1980年、アジア音楽祭出演。ハルモニウムの伴奏に合わせて、ベンガリ語、ヒンディー語でタゴールソングをうたうグループを育てている。

’02年にインド公演、’03年ニドイツ公演に参加等、精力的に国際交流を行い、インド音楽の深遠さ、詩の美しさを広めている。

 

■S.K タゴール

ベンガル地方の名門タゴール家の出身で音楽家。幼少よりアート、芸術、音楽に囲まれて育ち、エスラージやシタールを習得。

ラビンドラナート・タゴール設立のVisva Bharati 大学にて、海外、インド古典音楽、演劇、ラビンドラ音楽を学ぶ。

来日後、演奏活動のほか、追手門学院大学、大阪音楽大学にて長年教鞭をとってきた。

日本の短歌や俳句をベンガル語で紹介するなど日本文化にも造詣が深く、日印の文化交流に尽力している。

 

 

コメント

EMERGENCE ミーティング7月1日です

2012-06-29 18:59:43 | タゴール
皆さん!いかがお過ごしでしょうか?
emergenceをどのように進化させたいかずっと考えています。私の中で突然変異してそれが皆さんに受け入れられるか。
シャンティニケタンの鐘については今までにお話していたかと思います。その鐘を共有できないかと思い出しています。
タゴールさんの詩の背景にあるもの、愛、平和の心、自然、アート、生きる喜び、祈り・・・。普遍的なものです。だったら、私たちの思いと共有するシンボリックなものを考えていくことのほうが重要かと思い出しています。シャンティニケタンの鐘にこだわらなくてもいい。
シンボル的なものをみんなで作っていく。青木さんの柿畑の山の頂に大きなクスノキがあります。その脇に、モニュメントを作る。「タゴールの平和のかね」「祈りの塔」そのようなものの方がふさわしいと思えてきます。
募金活動をする中で、意識が変わっていくかも・・・。イベントごとに募金箱とチラシをおいておく。
いかがでしょうか。ひそかにシャンティニケタン・プロジェクトと呼んでいます。
先日牧村さんを中心とした「鹿背山の自然と文化を楽しむ会」が立ち上がりました。
新しい風が吹いてきています。
次回は7月1日日曜日1時半から4時半まで梅皐庵にて、案件は、1タゴールの詩について 2その背景 3エマージェンスのこれからとシャンティニケタン・プロジェクト 4そのほか具体的なこと・・・。今回はオディッサ・ダンスの仲さんが参加されます。
多くの方の出席をお待ちしています。
コメント

第2回実行委員会報告と次回の予定

2012-06-06 17:42:02 | タゴール
遅くなりましたが、第2回目の実行委員会の報告です。

私のブログから
法事を早々に抜けさせてもらう。急いで帰る。今日は実行委員会の日なのだ。いくつか話した内容を要約しよう。タゴールの詩の奥に潜んでいる思想はどのようなものか。東白陵の絵(市長室に飾られている)をポスターに使えないかという私の提案を受けて、接点を話し合う。木津川の市民にとってタゴールのイベントの必然性は?タゴールの詩にどれだけの人が関心寄せるか。そのことにかかわってチケットの価格は、いくらに・・・。難問が多くある。それぞれに答えが出ないが、ポイントをしぼるよりないだろう。何を狙うかになってくる。整理したい。
いっちゃんと散歩に出かける。
ホタルブクロが咲く。心打たれる。

失礼しました。タゴールの詩を読むということは、タゴールさんの思想は何かってこととつながっています。思想までは行かなくても、その片鱗なりを知るきっかけになれば今後続けていく中で希望をつなげられます。具体的に活動の中で見える化していくことだと・・・。何よりも私たちが・・・。そうして楽しむ。

具体的には、チラシつくりとチケット価格です。何を優先するか見極めたいと思っています。

次回ミーティングを7月1日(日) 1時半~4時半 梅皐庵にて
  「詩をとうしてタゴール思想を探る」
      ○  詩を読んでくる。その感想を述べ合う。
        ―タゴールさんの思想、世界観について―
      ○  このイベントのねらい目は何か
             具体的なチラシの検討、価格
       7月15日にはタゴールさんが来られます。

   タゴール詩集が絶版になっています。アマゾン他古本で探すか、
   インターネットでhttp://linden.main.jp/tagore/gitanjali.html
   他、何冊か用意しておきます。
コメント (1)