SAKURA Artsalon Osaka

株式会社サクラクレパスが運営する絵画教室です。

秋晴れの大阪市野田界隈スケッチ①

2013年09月20日 | 先生からのブログ
秋晴れの大阪市野田界隈スケッチ①


青く澄んだ秋晴れに心もカラダもキュンと吸い寄せられて、何処かへ出掛けたくなる季節となりました。‥まだまだ残暑キビシいですが‥

野外スケッチ愛好家の皆さまこんにちは。『チケット制・野外スケッチ入門』講師の弓手です。

今年のコテコテの超猛暑日も今は昔、本日は秋晴れ快晴のもと大阪環状線野田駅界隈にて久しぶりの野外スケッチ講座です。

今秋より『チケット制・野外スケッチ入門』はリニューアルしまして、皆さまのご要望にお応えして毎回いろいろな野外スケッチのテクニックと基本を、現地にて講師自らワンポイント実演授業を行います。

毎回推奨画材がありまして、本日は先日のコテコテ弓手風1日講座でも好評でした『ソリッドマーカー』を使った “早描き” のテクニック授業を予定しています。


野外スケッチの穴場でもある大阪市野田界隈ではノスタルジックないろいろなモチーフに出会えますが、本日はそれらの魅力的なモチーフを “旅先でサラサラっとスケッチする感じで” しかし印象を強く描き留める早描きテクニックを伝授いたします。


只今、午前中のサクラアートサロン大阪での授業を終えて、野田界隈を下見しております。


野外スケッチ復活です!

2013年09月19日 | チケット制・野外スケッチ入門

皆さんお待たせしました!

『チケット制・野外スケッチ入門』再開します!

再開第1弾は明日、9月20日(金)

場所は大阪環状線野田駅界隈!

今回のテーマは「都会に残る下町~長屋の街並みを描く~」です!!

Photo_2

Photo

集合は13時10分JR大阪環状線 野田駅大阪方面改札(コンビニ)前です!!

チケットお持ちの方、是非ともお待ちしております!

そして

講師はもちろんこの方、弓手研平先生です!

Photo

この秋より、写生地ごとに講師が推奨する画材、画材を使ってのレクチャーも実施していただきます!

進化した「チケット制・野外スケッチ入門」、ぜひご期待下さい★

今井町レポートv

(まりも)


やさしい絵の時間☆

2013年09月18日 | ブログ

皆様、こんばんは。

本日は、

才村啓先生の「やさしい絵の時間」の教室をご紹介致します。

この教室は、毎回先生が、モチーフを考えて、用意して下さります。

こちらが、才村先生。

とても、優しい暖かい雰囲気の先生です。

Dscn71221

教室の真ん中に、テーブルをセッティングし、テーブルを囲むように

皆さん、座られています。

Dscn71261


それぞれの場所から、いろんな角度で

描いていきます。

Dscn71241


Dscn71251

いつも、BGMが流れています・・・

今日は、激しめのロックが・・・笑。

この教室は、皆さん、水彩画を描かれています。

まずは、形をとり・・・

Dscn71281

色を重ねていきます・・・

Dscn71271

Dscn71231

Dscn71261_2

こちらの方は、写真を見ながら、描かれています。

Dscn71271_2


素敵な風景の写真です。

そして・・・完成間近・・・

Dscn71301


Dscn71311


Dscn71351
皆さん、それぞれに個性溢れる作品が仕上がってきていますね!

Dscn71361

最後に・・・才村先生の作品もご紹介いたします。

Dscn71331_2

教室内は。

とても和気あいあいとした雰囲気が流れていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験、見学も随時受け付けております。

第① ③週の水曜日 18:30~20:30

「やさしい絵の時間」 才村啓先生

                    (歌姫)

















目からウロコな動画できました!&ご案内

2013年09月17日 | 一日教室

9月8日に開講した日曜アートセミナー

【目からウロコシリーズ第1弾

『水彩で!!リアルに描く!~果実の水滴と陶磁器のお皿を描いてみよう~』

こちらの動画をアップしました。下記よりご覧ください?

</object>
YouTube: サクラアートサロン大阪「目からウロコ!水彩でリアルに描く!①」

池田誠史先生の【目からウロコ】講座、初開講となりました。

リアリズム絵画を追及する池田先生による、「水彩」でリアルに描く講座です。

不透明水彩のポスターカラーで描いたその上に透明水彩を重ねることで深みを出し、よりリアルに表現していくというような内容でした。

今回はモチーフが「果物と陶器の皿」です。

さらに果物には水滴を垂らし、それも描いていきます。まさにリアリズム絵画、という感じでした!

Dscn6868

Dscn6900

そんな【目からウロコ】講座、今週末9月22日には第2弾が開催されます!

Photo

今回のテーマは「グラスの透明感・液体を描いてみよう」です。

リアルな描写に興味のある方、水彩技法に興味のある方、質感表現に興味のある方…

池田先生が丁寧に教えてくれます。

空席まだございますので、この機会に是非とも体験してみて下さい!

さらに…

【目からウロコシリーズのゴージャスポイントを紹介します!】

その?

光線にこだわり、モチーフはお1人様1セット用意して描いてもらいます★

Dscn6873

その?

池田先生推奨「細密画筆6本セット」+「ポスターカラー11色(13本)セット」

総額5000円相当の画材がついてきます★

Dscn6900

詳しい内容はコチラから

WEB申しこみはコチラより

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

(まりも)


弓手風味!コテコテ!パワフルスケッチ!

2013年09月16日 | 一日教室

Dscn7068

本日の日曜アートセミナーは台風の影響も感じさせないくらい、元気いっぱいに開講されました!

コテコテ!弓手風味で描く!飾る!早描きなのにパワフルスケッチ!

~1日で下地から額装まで!飾れるこだわりの風景作品を完成させよう!!~』

もうタイトルからしてコテコテです。長すぎて覚えられません!

Dscn6997

本日は70名あまりの方に参加頂きました!

先生自身が海外で撮られた風景写真120枚、本日は皆さんにこちらから3枚選んで描もらいます。

Dscn7006

講義ではまず手順の説明から。

今回は「弓手風味で描く」ということで、普段先生がスケッチで描かれるやり方を皆さんにも同じようにしてもらいます。

Dscn7016

まずは下地を作っていきます。

Dscn7025

Dscn7037

本日の使用画材はとにかく種類が多く、アートサロンから豊富に画材が用意されました!(が、それでも見事なコテコテっぷりに足りなくなることもあったりで…大変失礼しました。)

Dscn7022

それでは制作開始です!

Dscn7048

Dscn7055

Dscn7021

塗る、削る、盛る、、、いきなりパワフルです

Dscn7059

Dscn7066 

そして先生の指導でいろんな画材を取り入れていき、画面がどんどん分厚くなってきます。

Dscn7072

Dscn7075

さらに重ねて、引っ掻いたり磨いたり

Dscn7077

Dscn7062

皆さん、集中力で描き上げていってます。盛り上がってきました!

Dscn7080

Dscn7057

Dscn7084 

Dscn7087

ほんとに見応えたっぷりです。

パワフルな画面が出来上がってきましたね!

この後、完成した作品を皆さん自分自身で額装していきました。

そして70名の額装された作品がズラッと並びます。

Dscn7089

壮観ですね。1日だけの展覧会です。

Dscn7091

弓手流のパワフルスケッチに囲まれ、先生もとてもいきいきとして見えます○

Dscn7096

合評では実は生徒さんに紛れて参加していた一水会の伊藤尚尋先生も登場。

伊藤先生は日曜アートセミナー「写実の本道」では弓手先生と一緒に講師をしていただきましたが、本日は弓手流スケッチを体験してみたかったとのこと。

体験してみた感想をお話しくださいました。

Dscn7098

そして本日は特別企画で、スタッフが気に入った作品を選ぶ『スタッフ賞』もあり、それぞれ作品を選び感想を言わしてもらいました。

終わったころには台風なんかあったのが嘘のような気持ち良い晴天になりました。

本日はスタッフもバタバタとしてご迷惑をおかけしたこともありましたが、、皆さんが少しでも満足して帰っていただけていれば幸いです。

生徒の皆さん、そして弓手先生お疲れ様でした!

(まりも)


本日の弓手風味コテコテパワフルスケッチ講座は開催いたします。

2013年09月16日 | 先生からのブログ
おはようございます。

講師の弓手です。

本日の弓手風味コテコテパワフルスケッチ講座ですが、開催いたします。

天候は荒れ模様ですが、一部を除いて公共交通機関は動いております。

足元にお気をつけてお越しください。


少し遅れてしまわれる方などご連絡いただいておりますが、その方々には随時説明させていただきます。


秋はイベント満載ですヨ?

2013年09月15日 | 一日教室

台風発生も多くなり、秋がようやく近づいておりますね、、

アートサロンでは秋にたくさんの催しを企画しておりますのでご紹介させていただきます

Photo

第①・③金曜日、午後からの一日教室「金曜アートの玉手箱」、10月、11月は現代美術作家・中川知美先生をお呼びして抽象画を学びます!

難しいと思われがちな「抽象画」ですが、どなたでも気軽に抽象画への入り口としてご参加いただきたいと思います


F3

※ 画像は中川先生による作品です


Sm

ご参加のお申し込みは随時受け付け致しますので、ぜひお早めにお申し込み下さい!

詳しい内容はコチラより

WEB申し込みはコチラから


2

春から初夏にかけては田伏勉先生にご指導いただき、大変好評をいただきました「画家の取材を体験する!」10月・11月は森井宏青先生に「水辺の取材」をテーマにご指導いただきます!

前回と同様、「現地取材」へ出かけたあとは後日、教室にて取材した素材をもとに「構図構成」のレクチャーをご指導いただきます!

2013

※画像は森井先生による水辺の作品です


2013_2

「取材」は絵を描く際に欠かせない作業です!

ぜひ、プロの作家に「取材」のポイントを学びましょう!

ご参加のお申し込みは随時受け付け致しますので、ぜひお早めにお申し込み下さい!

詳しい内容はコチラから

WEB申しこみはコチラより

Pic_0100

毎回キャンセル待ち続出の「日曜画材研究」!!

2013年度は透明水彩を中心に色の混色、重色のテクニックを徹底的にご指導いただいていおります

本日より夏休みを終え、再開しております!

まだ、空きのある講座もありますのでお申し込みはお急ぎください!

Dscn2177

カリスマ講師、渡辺先生の丁寧な指導は好評です☆


Pic_0091

「日曜画材研究」お申し込み状況はコチラより



Yunnde2

そして、いよいよ、この方も復活です!

「違いの分かる、嵐を呼ぶ男・弓手研平先生」!!

Yunnsw

6枚綴りのチケットでお好きな写生地へ、、ご予約、キャンセルのお申し出は不要です!

また、チケットはご家族様、ご友人様と別けて使用出来るところも人気の一つです☆

Yunnde

次回

9月20日(金) 大阪環状線「野田」界隈

テーマは都会に残る下町~長屋の町並を描く~

この秋より、写生地ごとに講師が推奨する画材、画材を使ってのレクチャーも実施していただきます・・

進化した「チケット制・野外スケッチ入門」、ぜひご期待下さいませ☆

アートサロン大阪講師、スタッフ一同、「芸術の秋」を皆様に楽しんでいただければ・・と思います♪

今秋もどうぞ、よろしくお願いいたします!!

           (クオモ)


「日曜画材研究」のご紹介

2013年09月14日 | 一日教室

週末は、雨模様の大阪です。
台風の接近が気になりますが、
皆さん今日も教室に通って
来て頂いています。

明日は、渡辺 聡先生の
「日曜画材研究」です。
Dscn6990
透明水彩 ミドリをつくるⅡとして
「様々な混色したミドリ」を作っていきます。
(対象は、基本講座・ミドリ、オレンジ・ムラサキ,陰と影Ⅰ受講者 &経験者)

渡辺先生の丁寧で解りやすいと評判!の「日曜画材研究」です。

詳しくはこちらもご覧ください

日曜画材研究◆開講スケジュール

日曜画材研究◆予約状況


(しましま&WA)


金曜アートの玉手箱、動画できました!

2013年09月13日 | 一日教室

大変長らくお待たせしました、7月から4回に渡って開講した金曜アートの玉手箱

『グラスの透明感を油彩で表現してみよう!』

こちらの動画をアップしました!

Dscn6833

下記よりご覧ください?

http://www.youtube.com/watch?v=4p0fYwOQCco

サクラアートサロン大阪にて第1.3金曜日に開催している1日教室「金曜アートの玉手箱」は、小人数制4~5回完結型講習会です。

若手気鋭講師による普段描くことのない内容を、実技体験することで自分自身の制作活動や表現に幅を持たせる絶好の機会でもあります。

記念すべき第1回目は若手リアリズム作家・池田誠史先生ご指導による「グラスの透明感を油彩で表現してみよう!」を開講いたしました!

7月から9月にかけての全4回分をまとめました。ぜひ、ご覧下さい。

ブログでも詳しく紹介しております?

1回目の様子

2回目の様子

3回目の様子

4回目の様子

Dscn5830_2

そして池田誠史先生の1日講座、【目からウロコシリーズ第2弾

こちらの開催も迫っております!

『水彩で!!リアルに描く!~グラスの透明感・液体を描いてみよう~』

第1弾の様子はこちらから

Photo

お申し込み受付中です!

講座詳細はこちらから

お申し込みはこちらから

皆さんのご参加、心よりお待ちしております!

(まりも)


◆油彩画 黒を使いこなす◆

2013年09月12日 | お知らせ

本日より募集開始いたしました、日曜アートセミナー

『油彩画 黒を使いこなす』

こちらの講座をご紹介します!

2_2

Dscn1660

指導講師は高橋雅史先生です。

2_3
高橋先生による油彩画参考作品

今回の講座は5種類の油彩絵具「黒」を用い、物質感【素材感】の差異を感じながら使い分けます。

実際に静物を描きながら『黒を使わない』という迷信を克服します。

実践で使える、とても為になる技術・知識が学べる講座になりそうですね!

講座詳細はこちらから

お申し込みはこちらから

Dscn0826_2

お申し込み、どしどしお待ちしております!

宜しくお願いいたします。

(まりも)


人物画スペシャリスト☆

2013年09月11日 | ブログ

本日は、弓手先生の講座

「人物画スペシャリスト」をご紹介致します

この講座は、毎回、先生が、趣向を凝らしたモチーフを組んで行われている教室です。

今回のキーワードは・・・

鏡と

Dscn6945

Dscn6943001

そして完成したのが・・・

こちらのモチーフ!!

Dscn6947001

Dscn6949

Dscn6950

ただ花を描くだけでなく、鏡の前に花を置くことで

面白い見え方になってきますね

モチーフを組まれる弓手先生・・・

Dscn6946

描く位置を相談して・・・いざ、スタート・・・

Dscn6951001

とても和やかな雰囲気の中、下地描きです。

Dscn6952001

Dscn6953

Dscn6956001

Dscn6957

パステル、水彩、木炭・・・各自好きな画材を使って描かれています。

下地も、皆さん、個性がとてもよく出ていらっしゃいますね

1時間もたたないうちに、どんどん形になっていきます

Dscn6958

Dscn6961001

Dscn6960

Dscn6964

Dscn6963

Dscn6965

Dscn6967

とてもそれぞれの個性が光る 素敵な作品ばかりですね

この教室は、二週に渡り、同じモチーフで描きますので、

ゆったりと作品を仕上げていく事ができます

「人物画スペシャリスト」 見学、体験も受け付けております♪

お気軽にお問い合わせください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人物画スペシャリスト」 

水曜日 第② ④週目 18:00~21:00 弓手研平先生

                     (歌姫)


?画家の取材 森井先生バージョン?

2013年09月10日 | お知らせ

プロの視点で取材を体験する『画家の取材』、第2弾の詳細が決まりましたのでご案内いたします。

『森井先生流 水辺の取材へでかけよう!』

2

この講座ではプロの画家に現地取材のコツと、取材を元にした作品制作へのプロセス『構図・構成』を学びます。

今回の担当講師は森井宏青先生です。

Photo_7
森井先生による水辺の風景を描いた参考作品

2013_2
森井先生による水辺の風景を描いた参考作品

注目の取材ポイントはこちらです!?

【現地取材】

10月16日(水) -赤目四十八滝-(三重県)

Photo_2

Photo_3

11月6日(水) -京都水族館-(京都府)

Photo_5

Photo_6

取材の後は写真とスケッチを見ながら先生にレクチャーしてもらいます?

【構図構成レクチャー】

10月30日(水)

11月6日(水)

※サクラアートサロン大阪の教室にて行います。

森井先生の取材、是非とも体験下さい!

お申込み開始は2013年9月15日からになります。

詳しい内容、お申し込み用紙はコチラより、プリントアウトをしてご使用ください

皆様のお参加、心よりお待ちしております。

(まりも)


中田先生の絵画教室

2013年09月09日 | 本日のアトリエ

Dscn6928

本日は中田幸夫先生の「初めての油絵」教室をご紹介します。

Dscn6916

こちらの方は久々に復帰されて前の続きから描かれています。

油絵具は固まっておらず、今まで通り使えたようですね。

制作の続きが見れてスタッフとしても嬉しい限りです。

Dscn6919

こちらの方はご自身で撮られた写真をモチーフに描かれています。

ちょうど今の時期と同じ蒜山の風景でした。爽やかですね。

Dscn6921

こちらの方は作品の前段階、エスキースを描かれていました。

Dscn6920

作品はパネルにご自身で和紙を張り、下地を塗ったものにアクリルで描かれるそうです。

実験的にやってみるとのことです。楽しみですね。

Dscn6923

こちらの方は大作です。

一年かけて描かれてるそうで、仕上げの段階に入りとても丁寧な作業をしておられました。

Dscn6924

じっくり見させてもらうと、様々なマチエールが画面に厚みと表情を持たせていて、一年の積み重ねを感じました。

Dscn6925

完成が楽しみですね。

Dscn6931

こちらの教室では、本人の描きたい絵を描きたいように、自由に描いていただいてます。

中田先生は、最初から最後まで自分で考え描いてもらい、自分は少しアドバイスをするのが一番理想的だとおっしゃっておりました。

なので作品に手を入れることも最初のうちはあっても、徐々になくしていき、自分の力で最後までコントロールして描いていけるように教えているそうです。

Dscn6932

先生は自分は話すのがあまり上手くないともおっしゃってましたが、生徒さんの作品をとにかくじっくり見られて、的確なアドバイスを少ない言葉で伝える、という印象でした。

月曜の朝、じっくり自分の絵画と向き合う時間というのも素敵ですね。

油彩、アクリル、大きさも問いません。じっくり絵画を描いてみたい方、ご興味のある方はぜひぜひご連絡ください。

お待ちしております!

〇講座名: 「初めての油絵」
〇開講日時: 毎週月曜日10:00~12:00
〇講師: 中田幸夫 先生

(まりも)


日曜アートセミナー「目からウロコ!水彩でリアルに描く!!」レポート

2013年09月08日 | 一日教室

本当に9月は残暑が厳しいのかしら?
と疑問に思ってしまうほど
爽やかな日曜日です。

そんな中、本日の日曜アートセミナーは
リアリズム絵画の旗手、池田誠史先生による
「目からウロコ!水彩でリアルに描く!!」
の第一弾を開催しております。

Dscn6861
まずはプロジェクターを使って
本日の描き方のレクチャーです。
構図の取り方、色の入れ方の順番などなど
池田先生が実際の制作過程を写しながら
丁寧に説明されていきます。

Dscn6865
レクチャーがおわったらいよいよ制作開始です!
まずはモチーフの構成
今回は本物のフルーツを各自にお渡ししており、
ほんのりと良い香りが教室にただよっております。
Dscn6867
池田誠史先生 言
「画面の中心よりチョイ下気味に描いていきましょう。」

Dscn6868
ちなみに今回の教室セッティングは
間仕切りを設置して
一方向からの光源で
描けるようになっております。

Dscn6876
そうこうしているうちに下描きが出来ましたら
背景部分から地塗りしていきます。

Dscn6878
発色の良いターレンスポスターカラーを使用して
二色混合のグレイ地を塗っていきます。
絵の具の配分の微妙な違いによって
色々なグレイが出来ました!

Dscn6896
お皿→果実とそれぞれのモチーフの
固有色を乗せていきます。

Dscn6899
先生による混色の色指定
(実はココがポイントだったりします!)
を聞きつつ、大まかな明暗も
三段階ほど入れていきます。

Dscn6895
皆さんモチーフと対峙する事3時間あまり

Dscn6889
それぞれの「お皿と果物」が出来上がってきました。

Dscn6900
今回使用したのターレンスポスターカラーも
好評で、とても描き易いと言うご意見もいただきました。

Dscn6909_2
さらに細部への描きこみと

Dscn6910
池田先生こだわりの「モチーフに水滴」を
スポイトで乗せて、それも描きこみます!

Dscn6911
そして合評タイムと相成りました!
今回も力作が並びます。

Dscn6913
やはりここでも色の選択、混色の選択ということで
「もう少しココにこの色がグレージングされれば~」
といった感じで先生のプロとしての色の選択に
皆さん感心されていました。

混色の色選びと、「モノの見方」によって成立する
リアリズム。今回はそれをを経験できる
アートセミナーとなりました~。

池田先生のリアリズム描写が学べる
「目からウロコ」シリーズ
次回は9・22開講「グラスをを描く」です、
参加お申込み、絶賛受付中でーす!!

便利なWEBお申込みはコチラから★
(WA)


鮮やかなパステル画テクニック

2013年09月07日 | ブログ

今日の大阪は、夕方から小雨模様・・・。
少し蒸し暑いですが随分と過ごしやすくなって来ましたね。

本日、ご紹介します講座は、土野 進(はの すすむ)先生
の「パステル??」です。
この教室では、モチーフとして主に生花を使用していますが
土野先生の花&花瓶の選択、活け方は、とてもセンスが良く
て、何時も、見とれてしまいます。

Dscn6850

モチーフ①薔薇とガーベラ 縦の構図がきれいですね。

Dscn6859

モチーフ②リンドウと花瓶が素敵です。

この2つのモチーフを使って、今日は、どの様な作品を
描かれるのでしょうか?楽しみです。

Dscn6851

「パステル」と言っても、メーカーにより固さや発色に違いがあり
色も鮮やかで手軽に始めるには最適な画材です。
この方は、「レンブラント」 「カレーパステル」 「色鉛筆」を好まれて
いる様ですね。

Dscn6852

Fさんの作品に土野先生の指導が入ります。

Dscn6856

皆さん、先生のテクニックを熱心に見入っています。
メイン&バックの兼ね合いについて・・・
「バックは、メインよりも強くなってはいけません。」
と土野先生。

パステルを手で馴染ませたり、バックに縦・横・斜めの
線を入れ、所々、消しゴムで押さえる様に色を抜いたり
先生の技法に触れる機会もなかなか少ないので、とても
勉強になりますね。

Dscn6858

Q:「猫を飼っておられるのですか?」

Fさん:「2匹の内の1匹…ヒマラヤンのレオ君です。」

愛猫家のFさん!素敵な作品の完成を楽しみにしています。

Dscn6860

Mさんの作品は、薔薇&ガーベラがパステルの優しいタッチで
描かれていますね。

Dscn6854

Tさんの作品は、同じモチーフでも個性が光っている作品ですね。

〈アートサロンこぼれ話〉

愛猫家のFさんと土野先生の会話で拾ったお話。

Fさん:「猫の髭の部分が難しくて・・・。気になります。」

土野先生:「猫の髭で猫の髭を描く油絵の画家さんがいますよ。」

全員  : 「???」

答え:本物の猫ちゃんのお髭を使い髭に色を付けハンコの様に
   作品上に貼り付ける様に描くと繊細な猫の髭の出来上がり!

      猫の髭って便利ですね~。

こんな面白いお話も出てくる毎週土曜日の「パステル」教室。

ご見学&有料体験をお待ちしております。

★ 「パステル?? 」毎週土曜日 15:00~17:00 土野 進先生

                (しましま)