美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

オンライントークプログラム(高橋信也氏)のご案内 (5/29)

2021-05-02 12:30:13 | Weblog

日頃は当会の活動にご協力とご理解をいただき、ありがとうございます。
新型コロナウイルスの感染拡大によって緊急事態宣言が4都道府県に出され自粛の日々ですが、アートは動き続けております。
美術館にアートを贈る会では、美術館との関わりを深め、アートをより深く理解していくプログラムを企画開催いたします。

今回はオンライン(ZOOM形式)にて行います。これまで距離的に参加が叶わなかった方も、この機会にぜひご参加ください。

 

「都市とアートの新しい関係」
ゲスト:高橋信也氏(京都市京セラ美術館 事業企画推進室ゼネラルマネージャー)

 

今回の特別トークプログラムは、京都市京セラ美術館の高橋信也さんにお話を伺います。これまで東京の現代アートの最先端で活躍されてこられた高橋信也さんが、古巣の京都へ戻られ、私たちと距離が近くなり、身近になったこともあり、お話を聴く機会を設けました。
企業文化を担ってきた西武セゾングループの一員として、また六本木ヒルズ・森美術館ゼネラルマネージャーとして、また「六本木アートナイト」の事務局長として、長年にわたり、美術館経営や都市とアートなど多角的にアート・マネジメ ントに携わってこられました。
これまで関わってこられた首都圏での「都市とアート」にまつわるお話や京都市京セラ美術館での近未来ビジョンなど、とても興味深い講演会です。

ご参加申込をお待ちしております。


【オンライントークプログラム】

■日時:5月29日(土)14:00~16:00(講演90分+質疑応答)

■タイトル:「都市とアートの新しい関係」

■ゲスト:高橋信也氏(京都市京セラ美術館 事業企画推進室ゼネラルマネージャー)

■場所:オンライン@Zoom。事前申込いただいた方にアクセス用URLを前日までにお送りします。

■参加申込:メールでお申込みください。
info@art-okuru.org


■高橋信也氏プロフィール
1951年 京都生まれ。1974年 安部公房スタジオ入団。1975年 株式会社ニューアート西武入社、その後、同常務取締役。1997年、および2017年より株式会社 ニューアートディフュージョン(NADiff)専務取締役。この間、河原温、荒木経惟、大竹伸朗、村上隆、奈良美智、蜷川実花、会田誠、山口晃等のアーティストとともに、様々な展示企画を行う。
2003年 森ビル株式会社に転籍し、森アーツセンター開設にともない、六本木ヒルズ開業のシンボルキャラクター「ロクロク星人」(村上隆)のプロデュース や、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ等の直営ショップをプロデュース。
2004年 森美術館開館と共に同ジェネラルマネージャーに就任し、美術館の経 営・組織運営等のマネージメントを行う。その後、森ビル株式会社取締役、上海秀仕観光会務有限公司董事、森ビル/森美術館顧問、「六本木アートナイト」事務局長等歴任。その間、各美術関連団体の理事、評議員等を歴任。大学等での講義やアートプライズ等の審査員も多数。
現在、2017年よりニューアートディフュージョン専務取締役再任。2018年より京都市京セラ美術館事業企画推進室ゼネラルマネージャーとしてリニューアル準備、および事業推進に携わる。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第4回 関西の小さな美術館訪... | トップ | 高橋信也氏 講演「都市とアー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事