美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

第4回トークディスカッション(2/10)のご案内

2018-01-06 11:49:00 | Weblog

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本年も美術館にアートを贈る会の活動をよろしくお願いいたします。

 

■第4回トークディスカッションのご案内

市民と美術館とアーティストをつなぐ「美術館にアートを贈る会」では、
新規寄贈プロジェクトを始めるにあたってのリサーチプログラムを実施しています。
特にいままさに活躍している同時代作家にスポットを当てて多方面からの考察を深めています。

タイトル「同時代作家を間近に見ながら」

開催日時:2018年2月10日(土)13:30~15:00(開場13:00)

ゲスト:潮江宏三氏(京都市美術館館長)
ナビゲーター:清澤暁子氏(コーディネーター・アートエリアB1事務局)

会場:ナレッジサロン プロジェクトルームGH
   大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館7F
   *北3エレベーターでお越しください。

参加費:無料
参加申込:美術館にアートを贈る会事務局までメールでお申込みください。
     info@art-okuru.org

第4回は京都市美術館の潮江宏三館長をゲストに迎えます。
潮江氏は西洋美術史がご専門で、京都市立芸術大学教員として多くの作家、研究者を育成され、同大学長も務められました。
長年にわたり、若い同時代作家と深く交流を続けられた潮江先生ならではのお話を伺います。
また2011年より館長を務めておられる京都市美術館では本館改修と新館建設に精力的に取り組まれ、同館には2019年に新たな展示室が加わる予定です。
歴史ある美術館がどのようにその時代時代の美術と取り組んで来られたか、そして新展示室ができることで、どのような可能性が広がっていくのかなどのお話を清澤暁子さんのナビゲートでお聞きします。
会場の皆さんからの活発なご発言や忌憚ないご質問もぜひどうぞ。

 

*これまでのトークディスカッション(ブログに講演録があります)
第1回 市民が支える美術館 
    蓑豊氏(兵庫県立美術館館長)
    おかけんた氏(芸人/アートプランナー)
   http://blog.goo.ne.jp/art-okuru/e/5a1a3ee1f1d288570fee0a206e09629e

第2回 美術館コレクションから考える、関西の同時代作家について
    菅谷富夫氏(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)  
    楠本 愛氏(国立国際美術館 研究補佐員)
   http://blog.goo.ne.jp/art-okuru/e/f6437934726e89e0643f0d2ec7809d6f

第3回 同時代作家との協働のカタチを探る
    加須屋明子氏(京都市立芸術大学 美術学部 教授)
    楠本 愛氏(国立国際美術館 研究補佐員)
   (講演録は現在作成中です。) 

 

美術館にアートを贈る会 事務局 
Mail: info@art-okuru.org
URL: http://www.art-okuru.org/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 総会・講演会・懇親会2017の... | トップ | 第3回トークディスカッショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事