微睡みの祝祭

夢か現か、微睡みの中を彷徨う。
観たもの、想ったことをただただ漠然と書きとめています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若葉のころ

2016-06-16 | chinema(アジア系映画)

映画を観た。

★若葉のころ
原題:5月一号 First of May
監督:ジョウ・グータイ
キャスト:ルゥルゥ・チェン、アリッサ・チア、リッチー・レン、他
2015/台湾映画

時間の流れの中、運命的なドラマを綴る。
《30年前の過去と現在。どのように繋がるのか》
そこが見せどころでしょうと思いながらも、
最後まで美しい映像に気持よく惑わされつづけた。

コマーシャルフィルムのような一瞬の悩殺キラメキ映像に
メルヘンのような物語展開。
これって反則わざじゃないですか?

おかっぱ髪のルゥルゥ・チェンが
母親の17歳のころと現在の自分の二役。

オジサン(リッチー・レン)は
《棚からぼたもち》的な役どころです。
彼の心の中ずっと残っていたのが、
《The Bee Gees / First of May 若葉のころ》のレコードのこと
青春の一途な想いが、ひょっとしたことから、 再び思い出す。

ここら辺り、これは、これは、反則技じゃーとちょっと胸が騒ぐ。

台湾青春映画は、何故か素直に引き込まる。
ノスタルジーの世界に心地よく浸ってしまう。

コメント