微睡みの祝祭

夢か現か、微睡みの中を彷徨う。
観たもの、想ったことをただただ漠然と書きとめています。

恋におちたシェイクスピア

2017-06-18 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★恋におちたシェイクスピア
原題:Shakespeare in Love
監督:ジョン・マッデン
キャスト:ジョセフ・ファインズ、グウィネス・パルトロウ、スティーヴン・ベアード、ジェフリー・ラッシュ、コリン・ファース、ベン・アフレック、ジュディ・デンチ、他
1998/アメリカ=イギリス

想像するシェイクスピアとは違ったが、
《ロミオとジュリエット》の物語を土台に面白い展開だった。
なんといっても衣装が凄い。
エリザベス時代の服装と、シェイクスピア《ロミオとジュリエット》時代の服装が分けて演出され、これはこれはと眼が驚く。
登場人物の衣装を観るだけで充分な価値がある。

そうそうたる俳優が顔を見せているのにもびっくり。
みんなそれぞれに輝いている。
傑作ではないが面白く愉しい映画。

印象に残ったエリザベスの言葉
《男の仕事をする女もいる》
かなり効いています。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリザベス・ゴールデンエイジ | トップ | 英国王のスピーチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事